美容と健康

女性の尿もれの原因は?骨盤底筋を鍛える簡単体操で改善し子宮脱も防ぐ


CMで時々見かける女性の尿もれグッズ。

「やだー、みかねーったら。そんな話題、まだ早いわよっ」と、背中を叩いて笑っていられるときからコツコツと地道な努力をしている人こそが、尿もれトラブルに見舞われることなく、快適な毎日が送れるってもんです。

やだー、早いわよぉ。と言って対策を講じることなく歳を重ね、ある日突然トラブルに見舞われてからじゃ辛いじゃないですかっ。今から骨盤底筋群を鍛えて、尿もれ対策をしましょう!

何事も備えあれば患いなし。わかっちゃいるけど、実行に移せない。ま、そんな人が大多数だとは思いますけどね。

幸せなことに、長年鍛えておりますんで、みかねーはその手のトラブルとは今のところ無縁でございますとも!


尿もれの原因は?

これは女性に多い症状であることからもわかるように、出産時におけるダメージ、女性ホルモン減少による筋肉の衰えが関係しています。経産婦の方が、症状が出やすい傾向にあるようです。

膀胱に尿が溜まって重くなっていくのを支えているのが骨盤底筋や尿道括約筋などの骨盤底筋群。読んで字のごとし「骨盤」の底にあり、ハンモックのように内臓を支えています。

それが出産や更年期によって衰え、満タンになった膀胱を支えきれず、それが尿もれの原因になっているというわけです。

尿もれだけじゃない!子宮脱に?!

骨盤底筋が緩んでくると、尿もれだけではなく子宮が外に出てきてしまう「子宮脱」という症状が出ることもあります。

特に病気というわけではないようですし、横になれば自然に収まるそうですが、度々子宮が外に出てくればとても不快ですよね。

これもまた骨盤底筋を鍛えると改善されます。

尿もれは骨盤底筋を鍛える簡単体操で改善

予防策にピン!と来た方もいらっしゃると思いますが、そうです!骨盤底筋を鍛えればいいだけのことです。

ユニ・チャームが名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長 加藤久美子先生、社会福祉法人三井記念病院 産婦人科医長 中田真木先生 [監修] の元、サイトに動画を掲載しているので、ご興味のある方はご参考ください。

「尿もれ防止体操」として、とても簡単なのが、ヒップの筋肉を鍛えるトレーニングでもある「ヒップリフト」と言われるこの方法。膝を立てて横になり、ヒップを上下させる運動です。

ヒップを上げたときに、肛門付近にぐっと力を入れて締め上げます。そうすることでヒップ全体の筋肉への効果がアップ。

骨盤底筋の強化と共にヒップアップも期待できるので、これは即実践!ですよね。息を吐くときにお腹をへこます複式呼吸法で行うと、より効果があります。

もっと簡単なのは、肛門に力を入れてぐっと締める方法。骨盤底筋が緩んでいると、上手に力が入れられなかったり、すぐに力が抜けたりしますが、これも地道に続けていれば長く力を入れられるようになります。

尿もれの症状があっても必ず改善

骨盤底筋と共に、体幹を鍛えること。これもすごく大事!体幹は身体の中心にある筋肉軍のことですが、その中でもお腹をぐるりと守っている「腹横筋」を鍛えることで、骨盤底筋を引き上げてくれることにもつながります。

結局、体幹を鍛えておけば、いいこといっぱいあるよ!ってことです。

姿勢もよくなるし、歩く姿もキレイに見えるし、ぷよぷよお腹対策にもなるし、加えて尿モレ対策にもなっちゃうんですもの。

筋肉は裏切りません。鍛えれば必ず応えてくれます。筋肉が強化されたら、尿もれも必ず改善されます。

尿もれの改善にはヨガも有効

先日「たけしの家庭の医学」でも尿モレ特集をやっておりまして、そこではカリフォルニア大学の先生が頻尿に悩む女性に、ヨガのポーズを取り入れたトレーニングを週に3回ほど実施してもらったところ、75%もの人が改善したという結果になったそうです。

みかねーまとめ

こういう事実を知ると、筋トレが習慣になっていてよかったぁー!と思います。

自宅でコツコツトレーニングをするのは、意外と大変ですが、予防しておく方が症状が出てからや病気になってからより楽ですしね。

何もやらないことを選択するのも自分、将来のために少しずつでも何かやっとかなくちゃ、という決意をするのも自分。

今までやっていなかったことをスタートさせる、そしてそれを続ける、って結構しんどいけど、コツコツと積み上げていけば必ず結果は伴いますので、何事もレッツトライ!です。

それではまた。ちゃおっ