身体は「食べる」で出来ている

発酵食品ぬか漬けのおすすめ素材は「木綿豆腐」ひとりで一丁ぺろり!


元々、それほど豆腐が好きなわけでななく、あれば少々いただくぐらいの感じでしたが、今回実家で食べた豆腐が絶品!

それが「木綿豆腐」のぬか漬け。

母が大事にしているぬか床があって、実家に行く楽しみのひとつがぬか漬けだったりもしておりま。

長芋の時もびっくりするほど美味しいと思ったけど、それを超えるほどの美味しさで、ぺろりとひとりで一丁食べられちゃいますから。
[br num=”1″]

[br num=”1″]


発酵食品「ぬか漬け」

熟成したぬか床には、乳酸菌や酵母菌が豊富に存在しています。

ぬか床の材料になる米ぬかは、乳酸菌やビタミン、ミネラルが豊富で、乳酸菌には整腸作用や免疫力アップが期待出来ます。

植物由来の乳酸菌は、アレルギー症状を和らげてくれるとも言われています。
[br num=”1″][br num=”1″]

ぬか漬けのおすすめ素材は「木綿豆腐」

とにかく、ひと口食べたとたん、夢中になって炊き立てご飯と一緒に口に放り込んでいたので、最後になって写真を撮ったため、たった2個しか写せませんでした。

ぬか漬けが大好きなので、以前は仕上がっているぬか床を購入して自分でも漬けていました。届いたら糠を容器に移して、その日から漬けられるようすでに糠の具合が調整してあります。
[br num=”1″]

[br num=”1″]
最初は味もよくおいしくいただいていましたが、夏の管理が難しく、今は実家で食べるだけになってしまいましたけど、こんなに豆腐のぬか漬けがおいしいなら、もう1度チャレンジしてみようかなとじんわり心が動いたほど。

母からレシピを聞いてきたので、私も忘れないようにここに書いておくことにします。
[br num=”1″]

木綿豆腐のぬか漬けレシピ

木綿豆腐のぬか漬けレシピ

  • 豆腐をキッチンペーパーに包んで4-5時間しっかりと水切り
  • 糠に漬ける前、更に手で水けを絞る
  • 新しい乾いたキッチンペーパーに包んでぬかの中へ入れ冬なら3日、夏なら半日

[br num=”1″]
書いてみると、レシピというほどのクオリティではなかったかしらん。

乾いたキッチンペーパーに包みなおすのは、豆腐の周りに糠がつくと洗い流さなくちゃならなくなるため、少しでも糠の栄養素を取り入れたいからだと母は言ってました。

なので、乾いたキッチンペーパーに包むのは「母流」となるため、その辺はご自由に、出した後豆腐を洗いってもいい、またはむしろ洗いたい方はそのまま糠床へ。

私が食べたのは、冬に3日漬けておいたモノ。かなりしっかり漬かっていたので、鰹節だけをふりかけ醤油は必要ありませんでした。これに醤油をかけちゃうと、塩味が強くなり過ぎちゃいますね。
[br num=”1″]

ぬか漬けの栄養素

  • ビタミンB群、A、E
  • ナイアシン、食物繊維
  • カルシウム、リン、鉄分

とにかくぬか漬けは発酵食品として豊富な栄養素を含んだ食品になりますが、ここに女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをするイソフラボンを含んだ豆腐を漬けるのですから、女性にとっては非常に嬉しい食品に出来上がるわけです。

私はしっかり漬けた深漬けが好きですが、これはちょいと塩分が強め。塩分が気になる方は、浅漬けの方がいいですね。
[br num=”1″]

関連記事

米麹を使った甘酒の作り方!飲み方で効果が違う!あさイチ派?寝る前派?

甘酒も母レシピで自家製を作っています。甘酒もまた発酵食品なので、ご興味のある方はこちらも是非!

それではまた。ちゃおっ

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。