Pocket

ごきげんよう。「まだスタ」みかねーでございます。

実は、数年前まで「ハイヒール履いてなきゃ女じゃない!」と公言していた失礼な女でした。スニーカーは1足も持っていなかったし、雪の日に履く靴がなくてとても困った記憶もありますが、今はほとんどハイヒールを履はかなくなりました。

髪をバッサリ切って服装がかなりカジュアル傾向になっていったことと、白スエードのウイングチップの素敵な靴と出会った事がきっかけとなり、その後、友人から「足にいいスニーカー」というのを教えてもらって購入したことでスニーカーの魅力に目覚めました。

ニューバランス1400

友人からすすめられたのが、ニューバランスのM1400シリーズ。


M1400は1300をさらに進化させた新商品だったそうですが、当時の技術では量産が難しいということで一度立ち消えになり、その後、量産化の目処がついたことで、1994年にようやく市場への登場を果たした製品。

85年に発売されたメイドインUSAの、M1300の後継品として開発されたもので、EVAとポリウレタンというふたつの素材をそれぞれ包む込む形状にした当時としては画期的な構造だったそうです。

あのラルフ・ローレンに「雲の上を歩いているようだ」と、そのはき心地を評されたほど。

実はうんちくや職人の技に弱いので、量産ができなかったということは、当時としてはテクニックを駆使した上等な品物だったに違いない!と思うっちゃうんです。

ニューバランス1400は、ブランドの歴史とストーリー性、メイドインUSAの価値を背景に長年愛され続けているスニーカーというわけです。

ということで、ハイレベルな走行安定性と上質なクッションを表現する一体型ミッドソールを採用しているため、実に快適な履き心地。

靴は体のバランスを崩したりも整えたりもする大事なアイテム。このニューバランス1400は、足のため、歩くための理にかなった構造になっているらしいです。包まれている安定感と、しっかり歩ける安心感があります。

ニューバランスの価格帯

ニューバランスのスニーカーは値段に幅があり、通常1万円以下で購入できますが、そんな中M1400は高価なモデルに分類されると思います。

一般的に安いモデルは中国やベトナムなどで大量生産されており、高いモデルはアメリカかイギリスで職人によりハンドメイドで生産されていることにより価格に差が出てきます。

1400にはアジア製のものはなく、アメリカ製の高品質のモデルだけになります。まさに職人技が詰まった1足。そして、その名に恥じない履き心地を提供してくれます。

実は合わせやすい1400

他のニューバランスは履いたことがないけど、1400を履いたことで、他のモデルを履こうと思うわないほどに満足しています。

まず、スニーカーであるにも関わらず、服と組み合わせるときのバランスが非常にいい!

マキシ丈のスカートやワンピースに合わせると、適度なカジュアル感と抜け感、健康的な雰囲気が出て、パンツで合わせるより相性がいいと感じるほど最強の組み合わせと自負しています。

スーツでもばっちりですし、ジムに行くときのジムウエアにもばっちりですし、素材に革を使っているため高級感もありソフトな着こなしもハードな着こなしも全て受け入れてくれる包容力があります。

私のM1400がライトグレーで主張しすぎない色味だから、どんな服とも合わせやすいということもあると思います。次はベージュもいいなぁーと。


何故、合わせやすいのか

靴の幅が細すぎず、広すぎず絶妙な幅であること。色使いがシンプルなこと。素材に安っぽさがないこと。などが挙げられると思います。

スニーカーがこんなにファッションアイテムとして、万能だとは思っていなかったので、1400を購入したときは、靴に合わせたコーディネイトに夢中になりました。

サイズ感

私は友人から聞いてすぐにネットで探して購入。その時に買った写真のライトグレーを今でも履いていますが、通常のサイズより若干大きいように感じました。

パンプスだと37サイズなので、同じサイズを購入してみましたが、長さも幅もやや大きかったので、次はワンサイズ小さくてもOKのようです。

これから購入する方は、パンプスのサイズよりワンサイズ小さくていいと思います。

モノの価格にはきちんと訳がある

インポートの下着を扱っていても値段の差が質の違いにきっちり表れていることを感じますが、まさにスニーカーも同じことだろうと思います。

足を入れたときの質感、歩いた時のストレスのなさ、耐久性、ある程度の年齢になったら「安い方と高い方」で迷ったら、懐事情が許す範囲で高い方を購入した方が、長い目でお得!と私は思っています。

今でもきれいなままで履けるM1400は、これからも私の長い友達。ローヒールばかり履いていても、体幹鍛えていると突然のハイヒール登場の時も慌てませんしね。

オシャレにスニーカーを履きたい!と思っていらっしゃる方にも、歩くときにストレスのない靴を!と思っていらっしゃる方にも激しくおススメの1足です。

それではまた。ちゃおっ