スポーツジム&フィットネス

2019年新作「ミズノウエーブダイバース」がスポーツジムシューズにおすすめな理由を口コミ


ごきげんよう。みかねーです。

スポーツジム生活が長くなると、ウエアやらシューズやら小物やらに凝りたくなってきます。

多分、普通の外出服を着ている時間より、ジムウエアを着ている時間の方が長いかも?な毎日。

そんな中、私にはお気に入りのジムシューズがありまして、これはもう他のジムシューズに浮気する気になれないほどのご執心ぶりでございます。

NIKEにもadidasにもかっこいいシューズはたっくさんあるけど、とにかく私のおススメは「ミズノウエーブダイバース」

履いてわかったスポーツジム用シューズ!運動との相性を考慮して選ぶと快適7年間で数種類の靴を履いて失敗も含め気づいたことがあります。履いて動いてみて初めてジム用のトレーニングシューズにも「運動との相性」があることに気づいたので、そこを考慮して選ぶと快適です。...

こちらにも「ミズノウエーブダイバース」がおすすめな理由を書いたのですが、最近、ちっとデザインが変わった新作を購入して試してみたので、その口コミをします。


スポーツジムシューズは「ミズノウエーブダイバース」がおすすめ

スポーツジムに通う中で、数足のシューズを履き、今でも不動のお気に入り第一位を維持しているのが「MIZUNOウェーブダイバース」シリーズ

ミズノ ウエーブダイバースLG3 エアロビクスシューズ レディース メンズ ホワイト K1GF157101

楽天で購入

 

軽さ、動きやすさ、ストレスのなさ、足を保護してくれているような感覚、全てにおいて満足していました。

しかも、激しい動きでも滑ることなく、快適に動ける点も履き続けている大きな理由のひとつ。

白と黒を使っていましたが、ゴールドやシルバーなど色のバリエーションも豊富です。その「ウェーブダイバース」シリーズの新しいデザインのシューズが、地元のスポーツジムに展示してあったので、なんとなく試しに履いてみたところ、なんと!もっと軽い。

しかも、紐ではなくマジックテープなので、脱いだり履いたりが実にラクチン。無精者の私には、ここ!大事。

デザイン一新2019年2月の新作

それがこれ!試しに履いてみた感覚がいっぱつで気に入って、帰宅後すぐに楽天で購入。スポーツジムで購入するより、送料をプラスしても楽天での購入の方が安かったです。

試しに履いてみたのに、ジムで買わなくてごめんなさい・・・。現金を持っていなかったので、って言い訳かっ。

最近、黒系のスポーツウエアが多いので、少し朱色っぽい赤とオレンジの中間くらいのカラーが、とても映えて気に入りました。

この色意外にブルー系もあります。

MIZUNO ミズノ ウェーブダイバースLG ライトモデル フィットネスシューズ WAVE DIVERSE LG LITE K1GF1902 2019年春夏モデル 2E相当

楽天で購入

 

2019年3月の限定新作

私が購入した新作は2019年2月に発売のモノ、3月発売のウェーブダイバースは限定品なので、なくなり次第終了かな。

【最大500円クーポン有】【P10倍/今だけタオルプレゼント】ミズノ【MIZUNO】フィットネスシューズウエーブダイバース LG3 リミテッド 2019年春夏限定MODEL【K1GF1975 ウェーブダイバース Limited】【あす楽対応】【メール便不可】[物流倉庫]

楽天で購入

 

「ミズノウエーブダイバース」がおすすめな理由を口コミ

とにかく履きやすい!足が疲れない!

ニューウェーブダイバースをデビューさせたのは、大好きなインストラクターさんの「協栄ジムシェイプボクシングクラス」

はっきり申しまして、激しいです。疲れている時は、最後まで全力でやり遂げることはできませんっ。途中で密かに手を抜きつつ頑張る次第でございますが・・・

そんな激しい動きでも、初めて履いたにもかかわらず、マメもできなかったし、どこも痛くならなかったし、クッションが柔らかく、足を包み込んでくれているかのような安心感がありました。

今まで履いていたウェーブダイバースに比べると、足首の辺りがややローカットなので、安定感や保護されている感が薄くなるかな、と思っていましたが、それは杞憂でしたね。

むしろ今までのウェーブダイバースより軽くフィット感もいいような気がします。

靴の裏側はこんな感じ。

空気を逃がす穴が開いているので、全く蒸れません。細かいよねぇ。でも大事!足も汗をかきますからね。

とにかく、長いスポーツジム生活の中で、もう他の靴の選択肢は、今のところ考えていないほど履き心地が気に入っています。

脚は大事だからね。

スポーツジムで履いていると、ジム仲間から履き心地を何度も聞かれました。今までのモノと少しデザインが変わったことで、みんな気になっていたみたい。

2019年2月新作の特徴

  • 靴底の溝

屈曲性が上がり、あらゆる動きをサポートするため、靴底には縦横に溝が入っています。指先での動きをコントロールしやすいよう、つま先にも細かく溝が入っています。

  • インソール

柔らかい着地、しなやかな動きにつながるよう、インソールや中底にもこだわっているらしいのですが、とにかく柔らかくフィット感も抜群で全く疲れません。

  • 通気システム

靴底のメッシュ部分から靴の中の湯気を排出して、温度や湿度の上昇を抑制してくれるので、長時間履いていても激しい運動をしても快適なままです。

  • マジックテープ

とにかく脱いだり履いたりがラクチン。運動の種類によって靴を履き分けてはいないので、足の甲の部分の締め付けをマジックテープで簡単に強弱が付けられて便利です。

まとめ

デザインの好き嫌いや予算の範囲などは個人差があると思いますが、履き心地については誰が履いても多分、「ミズノウエーブダイバース」は快適と思えるレベルだと思います。

足に合わない靴を履いていると、外反母趾になったり、バランスが悪くなったり、足裏をきちんと使って歩けなくなったりとトラブルの原因になることもあります。

そうだ、初代ウェーブダイバースは確か5年ほど履いたと思います。快適なだけじゃなく、コストパフォーマンスもいい靴と言えると思います。

まだまだ飽きるまで「ミズノウエーブダイバース」を履き続けるかな。

それではまた。ちゃおっ