アラフィフダイエット方法

テレビで見た「牛肉ミートファーストダイエット」を1週間実践した効果と感想を口コミ


ごきげんよう、みかねーです。

ほれ、何でもやってみたくなる私。先日テレビで見た「牛肉ミートファーストダイエット」っつーやつは、どうなんだろう?と、番組を見ている最中から非常に気になっていました。

べジファーストがいいと言われていたかと思ったら、次はミートファーストかっ!世の中の移り変わりは早いもんだと感じたりしつつ、やる気満々で、次の日には牛肉を買ってきましたさ。

ということで、きっちり1週間、時間はたっぷりあるので1日も欠かすことなく実践してみました。

その結果と感想を口コミしたいと思います。


テレビ放送で見た「牛肉ミートファーストダイエット」とは

名医の太鼓判/工藤孝文医師のミートファーストダイエット|簡単なやり方と注意点「名医の太鼓判」で医師の工藤隆文先生が紹介していたのが「ミートファースト」ダイエット。なるほど!と思える点が多々あったのと、誰でも取り組みやすい簡単な方法だったので、ご紹介したいと思います。ただ簡単とは言っても、継続が大事ですからね。...

こちらに書いたように

  • 朝食・昼食に制限なし!
  • 夕食のときだけ約150gの牛の赤身を8割ほど先に食べる

これだけです。

これなら、簡単なんじゃない?と思いまして、そう思ったらやってみたくなりまして、どんな結果が出るか数字で確認したくなりまして、早速スポーツジムへ行って体重と体脂肪率を量っておきました。

「牛肉ミートファーストダイエット」を1週間実践

体重と体脂肪率を量った翌日から、1週間は真面目に牛肉の赤身を買って、料理は嫌いだけど、ちゃんと料理しましたよ。

ただし、私の1日の食事は、一番昼食にボリュームがあるので、朝食はいつもと変わらず、昼食に「牛肉ミートファーストダイエット」を実行

夜はスポーツジムに行っていることが多いため、プロテインシェイクか軽い食事になっています。

というメニューできっちり1週間実行しました。

ミートファーストの肉は何故「牛肉」なのか?


牛肉には、アミノ酸の一種である「L-カルニチン」が豊富に含まれ、体内で脂肪が燃焼されるときになくてはならない栄養素です。ちなみに、牛肉より「L-カルニチン」が豊富なのは羊。

私は、基本あまり肉が好きな方ではないので、羊を食べてまで「L-カルニチン」を増やそうという意識は、今のところ全くないけど、羊大好き!という方なら羊も有効と言えます。

ちなみに、100gに含まれる「L-カルニチン」

  • 牛肉 130 ㎎
  • 豚肉 70 ㎎
  • とり肉 30 ㎎

えーーーー、筋肉作るためにとり肉ばかり食べてたのにぃ~、という声も聞こえてきそうですが、鶏肉の方が牛肉より同じ重さだと含まれるたんぱく質量が多いため、筋肉を増やすことが目的ならとり肉に軍配が上がるということです。

ちなみに、100gに含まれる「たんぱく質量」

  • 牛もも肉 20.7g
  • 豚もも肉 22.1g
  • 皮なし鶏むね肉 24.4g

こんな感じ。

というわけで、ミートファーストダイエットを実行するなら牛肉!ということになるわけです。

ミートダイエットについて書いている他のサイトを見ると、牛肉の摂取量を体重×1gとしているところがありますが、1日の推奨たんぱく質摂取量が体重×1gです。

40代、50代の女性なら50gが適量とされています。

「ミートファーストダイエット」で目安にしている1回の牛肉は、150gとなっていました。テレビで実践していた対象者は女性だったので、男性ならもう少し多くてもいいと思います。

牛肉150gに含まれるたんぱく質量は約30gほど。1日の摂取量が50gだとしても、それを全て肉で摂取するのではなく、大豆・魚・卵・乳製品にもたんぱく質は含まれるので、他の食材からもバランスよく摂取する方が健康にいいですね。

さてさて「牛肉ミートファーストダイエット」を1週間実践した効果はいかに?

ほらっ!見てください。字が少し小さいけど、わかりますか?向かって左がBeforeで体脂肪率24.5%、右が1週間実践した体脂肪率で23.4%。

じゃーんっ!1.1%減です。結果出ました!

ということは、ミートファーストダイエット成功!と言えると思いませんこと?体重は100gしか変わりませんでしたが、太っているわけではないので、これは大成功だと思います。

色々やってみて感じることですが、少しの努力で意外と体脂肪率はすぐに落ちます。油断するとすぐに増えるけど、比較的減らすのは簡単、ということが実感できると増えることが怖くなくなります。

あ!でも、しばらくほっておいて、べらぼうに増えてから減らすのは大変ですよ。だからこそ、マメにチェックは必要です。

体脂肪率は知りたくないから量らない、なんて言わないでくださいね。正直な自分を知ること!ここ、大事です。

「牛肉ミートファーストダイエット」を実践した正直な感想

その1 肉があまり好きじゃないから困った

先にも触れましたが、それほど肉が好きなわけではないので、毎日牛肉を食べなくちゃいけない、となると私は1週間が限界でした。

ミートファーストダイエットを考案なさった工藤孝文医師によると、飽きてきたら1週間に2-3回でOKということでしたので、それなら続けられるかなぁとは思います。

多分、私は1食で150gは食べられていなかったと思うので、肉をちゃんと150g食べ、その結果ご飯の量が減っていれば、もう少し結果が出たかもしれません。

その2 肉と一緒にご飯が食べたい誘惑

あと、一番辛いと思ったのは、肉とご飯が一緒に食べられないこと。

やっぱり肉を口に入れたら、一緒に白飯かっ込みたくなりますよね。だけど、肉だけ咀嚼しなければならない。ああああ、ご飯が食べたい・・と感じました。

醤油やタレで味付けしちゃうと、ご飯の誘惑に負けちゃうかもしれないので、肉料理は薄味の方がいいと思います。

その3 毎日牛肉だと食費がかかる

肉の中では一番値が張るので、買い物に工夫をしないと、毎日の牛肉は生活費を圧迫する可能性もあるだろうと思いました。

「牛肉ミートファーストダイエット」を実践してみたまとめ

何でもやってみなくちゃわかりませんからね。これからも、新しいことには可能な限り挑戦してみたいと思っています。

時間はたっぷりあるので、忙しい方に代わって実践し、偽りのない感想を述べ、それがお役に立てたら嬉しいです!

あ!でも、体質や環境が違えば、結果は違ってくるかもしれませんので、そこはご理解くださいませね。

やってみて、わずかながらでも結果が出ると嬉しいです。ただねぇ、基本自分に甘いので、少し結果が出ると、じゃあイチゴパフェ食べよう!ってなっちゃうんだけどね。

それもまた楽しいかな。

それではまた。ちゃおっ

名医の太鼓判/工藤孝文医師のミートファーストダイエット|簡単なやり方と注意点「名医の太鼓判」で医師の工藤隆文先生が紹介していたのが「ミートファースト」ダイエット。なるほど!と思える点が多々あったのと、誰でも取り組みやすい簡単な方法だったので、ご紹介したいと思います。ただ簡単とは言っても、継続が大事ですからね。...