Pocket

1998年7月25日に起こった和歌山のカレー毒殺事件について、林真須美死刑囚の生い立ちや夫・健治との出会い、結婚生活、そして子供たちのことを綴ってきた。

上訴を繰り返したものの、2009年に死刑判決が下っている。 「動機なき死刑囚」と言われ、「林真須美さんを支援する会」は今でも活動を行っている。

死刑判決に至った経緯は?動機は?何だったのかを探ってみたい。


 

事件概要は飛ばして【林真須美死刑囚 死刑判決に至った状況証拠】から読みたい方はここからジャンプ


和歌山カレー事件 概要

1998年7月25日、和歌山県和歌山市の園部地区で行われた夏祭り。

その祭りで振舞われたカレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴え、小学4年の男子児童と高校1年の女子生徒、園部第十四自治会の会長と副会長の4人が亡くなった事件。

被害に合われた方々は、会場で食べた者、自宅に持ち帰って食べた者など様々だったが、当初保健所は食中毒によるものとしていた。

和歌山県警が吐瀉物を検査し、青酸の反応が出たことから青酸中毒によるものと判断されたが、症状が青酸中毒と合致しないということで、警察庁の科学警察研究所が改めて調査して亜ヒ酸の混入が判明。



林真須美死刑囚 死刑判決に至った状況証拠


本人の供述を含め、犯行と林真須美を直接結びつける証拠がないため、検察は祭り当日の住民の動きを詳細に再現するなど、状況証拠を積み重ね、 他に犯人がいないことを立証し、和歌山地裁は2002年12月「動機は認定できなかった」としても「亜ヒ酸を混入する機会のあったのは被告だけだ」と認定。

2009年に死刑が確定している。 原審判決は、以下の事実をもって被告人が犯人であると認定している。

  • カレー鍋に混入されていた亜ヒ酸と被告人の自宅等にあった亜ヒ酸が同一である
  • 被告人が午後0時20分から午後1時までの間、1人でカレーを見張っており、カレー鍋に亜ヒ酸を混入する機会があった
  • 他の時間帯において、他の者が亜ヒ酸を混入する機会がなかった
  • 被告人およびその家族がカレーを食べていない
  • くず湯事件をはじめとして、被告人が過去、飲食物に亜ヒ酸を混入して他人を殺害しようとしたという類似の犯罪を行っている

くず湯事件とは-真須美が健治殺害を狙ったとされる「くず湯事件」は、健治が真須美と共謀の上、自らヒ素を呑み、重度後遺障害の保険金を詐取しようとしたものだと健治が主張。

お祭りでカレーがふるまわれていた頃、林一家はカラオケに行っていた。子供たちに「祭りのカレーは食べるな」と言った。などの情報もある。

警察ではそのあたりのことも調べているに違いないが、カレーに混入された亜ヒ酸と、林宅から発見された亜ヒ酸は「同一ではない」ということが証明されたとも言われている。

林真須美しか、カレーにヒ素を混入する機会がなかったという結論には、警察が住民たちの証言をもとに1分刻みのタイムテーブルを作成し、消去法によって導き出したという説には、それを反論する説もあったりして、真相が非常に見えずらくなっているような気がする。

事件から20年、死刑判決からほぼ10年。

もし無実だとしたら、こんなに悔しいことはないだろうが、その結果を呼んでしまったのは、他ならぬ林真須美自身ではないだろうか?とも思う。



林真須美死刑囚の和歌山カレー事件の動機は何だったのか?


保険金詐欺については認めたものの、カレー事件の関与に関しては一審では黙秘を貫いた。

控訴審からは沈黙を破って無罪を主張。 最高裁でも自白がない中、状況証拠の積み上げで死刑判決が確定している。

動機については、カレーを調理していたガレージ内でほかの主婦らから疎外されて犯行に及んだことが最も自然となっていたが、「被告が事実を語ろうとしない状況では断定は困難」となっており、どこを調べても「主婦仲間からの疎外感」以外のことは出てこない。


怒りに任せた行動だったとしても、「疎外感」だけで無差別に人を殺す動機になるのだろうか。

それまでに蓄積してた疎外感に対する怒りを、祭りの場で復習に及んだということか?

でも、複数の保険金詐欺を重ねていれば、近所から白い目で見られるのは当たり前のことで、警察が近所へ聞き込みをした際いい話が出てくるはずもなく、カレー事件において例え無罪だったとしても、全ての状況が林真須美にとって不利であり、それは紛れもなく彼女自身が作ってきたことだということ。

一銭にもならない殺人を犯すはずはないと夫である健治も主張しているが、人は思いがけない行動に出る生き物でもある。

動機が不明であるにしろ、本人が無罪を主張しているにしろ、死刑が確定するまでの長い捜査と状況証拠の積み重ねがあることは間違いない。

ただ・・・他に犯人がいるとしたら、こんな恐ろしいことはない。


「和歌山カレー事件」再審の可能性


2009年に死刑確定後、再審請求をしているが棄却。再審の可能性は限りなく低いと言われている。現在、林真須美死刑囚は大阪拘置所に収監されている。

夫の健治が2017年に面会したときには、再審請求が棄却されたことに対して、林真須美死刑囚が「何を言うてもだめや」と弱音を漏らしたと伝えられている。

動機とされている「主婦仲間からの疎外感」ということから事件を起こしたのだとしたら、あまりに過酷な家族のその後、自身の残りの生涯を悔いてはいないだろうか?
ネットで調べてみても「冤罪」を疑う意見は多い。


事件が起こった当初、テレビで放映されていた林真須美が報道陣にホースで水をかけている映像を見て、この人は犯人に違いない、と何の根拠もなくその映像だけで信じていた。

だけど、調べてみると何が真実なのかは、結局わからないなりに、これで死刑確定でいいのか?という気持ちにもなった。

何より、4人の子供たちに思いをせると、このまま死刑になってしまうのは不憫な気がした。何を不憫に思うのか?

それは多分、林真須美本人にではなく、運動会にお弁当を持ってお母さんは見に来なかったけど、今でも面会に行っているという長男に対してだと思う。


和歌山カレー事件についてはいろいろな説がある

死刑判決は下っている。

そして、死刑執行が近いという意見もあれば、動機がはっきりせず冤罪の可能性も捨てきれない限り、死刑は執行されないだろうという説もある。

罪を犯し、亡くなった人がいる以上、死刑やむなしという意見もあれば、冤罪の可能性がある限り戦うべき、という意見もある。

これだけ調べても、もちろん私には真相はわからないし、これと言った動機も見えてこなかった。

ただ、疑われるようなことはしないに越したことはないし、日頃の行いが物事を決める方向性を導く可能性もある、ということを感じた。



まとめ

結局、和歌山カレー事件の犯人として死刑判決が下りた林真須美のはっきりとした動機は未だわかっていない

林真須美死刑囚が保険金詐欺については認めているものの、カレー事件について多くを語っていないと報道される中で「冤罪なのでは?」と噂されるようになったようだ。

が、死刑は確定してしまっている。

警察、検察の取り調べ姿勢を問う意見もあるが、真実が何であるにしろ、その結果になる行いをしてきたのは彼女自身。

2009年に死刑確定後、再審請求をしているが棄却。再審の可能性は限りなく低いと言われている。現在、林真須美死刑囚は大阪拘置所に収監されている。

報道されている動機としては「主婦仲間からの疎外感」

もし仮にこれが真実の動機であったとしたら、あまりに過酷な家族のその後、自身の残りの生涯を悔いてはいないだろうか?

20年経っても様々な意見がネットに上げられ、人それぞれの捉え方があると感じた。

世の中から事件は亡くならないだろうが、心の中に悪魔の声が聞こえたときに、罪を犯すと人生が台無しになることを思い出してほしい。

女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動をしている「田中ひかる氏」の著書に「林真須美」を題材にした本が今年出版されました。ご興味があれば、クリックして本の概要をご覧ください。

スポンサーリンク