美容と健康

種類によって意味が違う?呼吸方法を知ってリラックス効果&筋トレ効果アップ!


有酸素運動をしていると、必ずインストラクターさんから「息を止めないで」「呼吸をして」と言われますし、筋トレ時もどこで呼吸をするかがすごく大事

ヨガでは、まず「腹式呼吸」を実行することから始まりますし、ピラティスでは胸式呼吸。ろっ骨を左右片側だけを広げる呼吸法もあります。

では、呼吸方法にはどんな種類があって、どのような意味があるのでしょう。 呼吸方法に何故「リラックス効果」があるのか?、筋トレをしている時に何故、呼吸をするタイミングが大事なのか?を探ってみたいと思います。


呼吸方法の種類

大きく分けると呼吸方法の種類には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」があります。 ヨガでは他にも片鼻だけで呼吸する方法や、力加減による呼吸方法などもありますが、今回は一般的な方法だけを取り上げます。

胸式呼吸

胸式呼吸では自律神経の交感神経が優位になることで、適度な緊張感が生まれます。 肺で呼吸することにより、左右の肋骨が広がります。自然な呼吸のときは胸式呼吸になっています。

肩が上下する呼吸は胸式呼吸。 肋骨辺りに左右それぞれに手を当てて、肋骨が広がることを確かめながら行ってみましょう。

ピラティス教室でインストラクターさんに「はい!右側の肋骨だけを広げるように呼吸して!」と言われた時には、「そんなことできるのかいっ?!」とかなりびっくりしたけど、これが意識するとできるんですよ!

できることにもびっくりしました。何事も意識が大事ってことです。

複式呼吸

腹式呼吸では自律神経の副交感神経が優位になることで、筋肉を和らげてリラックスします。 横隔膜が、上下に収縮運動することで行われる呼吸法。

鼻で息を吸い、口から息を吐きながらみぞおち辺りを意識して呼吸をします。 この時、肋骨周辺に動きはなく、お腹の上部が上下します。複式呼吸の場合は、肩は上下しません。

これまたインストラクターさんに教えてもらったのですが、複式呼吸をする際、お腹に手を当てるのは一般的ですが、もう一方の手を腰に当ててみてください。

お腹と一緒に腰にも広がりを感じたらOK。腰に当てた手に何も感じなかったら、それは「なんちゃって腹式呼吸」 腰の手に動きが感じられるよう意識して行ってみてください。

ドローイン

お腹周りのトレーニングとして腹式呼吸を取り入れているのが「ドローイン」 息を吸いながらお腹を膨らませ、息を吐きながら最大限までお腹を凹ませ、その状態で30秒キープ。この時にインナーマッスルが鍛えられるというトレーニング方法です。

「ドローイン=痩せる」という認識を持っている方もいらっしゃると思いますが、そんなに甘くはありませんっ! 正しいやり方で、毎日きっちりと決められた回数をこなし、数カ月続けて始めて少しずつ効果が表れてくるものです。

しかも、年齢を重ねれば重ねるほど効果が表れるまでの日数もかかるってことを、しっかり認識しておいてくださいね。 残念だけど・・

呼吸のリラックス効果

人は、絶え間ない自律神経のバランスによって生活しています。これが乱れると、免疫力が低下したりと様々な不調が生じてきます。 呼吸を意識して行うことで、自律神経のバランスをとることが可能になってくるっつーわけです。

リラックス効果があるのは、副交感神経を優位にする「複式呼吸」

実は副交感神経は加齢の影響を受けちゃうんですって。加齢ってやーね。 女性は40歳以降から副交感神経の活動レベルが徐々に低下していくということが、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生の著書『なぜ、これは健康にいいのか?』に書いてあります。

横隔膜には自律神経が密集しているため、意識的なゆっくりとした呼吸で自律神経を刺激することによって副交感神経が優位になりリラックスしていくという仕組み。 睡眠中は自然な複式呼吸になっているため、副交感神経が優位のリラックス状態と言えるわけです。

筋トレ時の呼吸のタイミング

トレーニングの効果を引き出すのが呼吸。パフォーマンスを上げるためには、筋肉に最大の負荷がかかったときに息を吐きます。苦しくなっても息を止めずに規則正しく呼吸を繰り返します。

  • スクワット

ヒップを落とすときに息を吸い、上げるときにはお腹に力を入れて息を吐く

  • 腕立て伏せ

腕をまげて状態を落とすときに息を吸い、上げるときに息を吐く

息を吐くことで体幹に力が入るので、筋肉に最大限の力が加わります。

まだむ世代の筋トレは、息ができなくなるほどの負荷は必要ないので、必ず呼吸を意識してトレーニングしてくださいね。 筋肉は酸素を必要としているので、呼吸を止めてしまうと筋肉に酸素が行き渡らず、結果的にエネルギー消費も低くなってしまうので、せっかくやっても効果に差が出ちゃ残念ですもの。

有酸素運動時の呼吸の意味

有酸素運動というくらいですから、酸素を体内に取り込みつつ運動をするということですよね。 では酸素を取り込むことにどんな意味があるのか? それはエネルギー消費です。

酸素を体内にしっかり取り込むことで、代謝を上げ効率よく脂肪を燃焼させることにつながります。

心拍数が上がれば上がるほど、きちんと呼吸が出来ていないと苦しくなるばかりで効率が悪くなるので、インストラクターさんが「息をして!」「呼吸忘れずに!」と声を掛けるわけですね。

人間は吐いたら自然に吸うので、とにかく息を吐くことを意識しましょう。歯を食いしばると呼吸を忘れがちになるので、口は軽く開けておいた方が楽かも。

みかねー日記

先日、協栄ボクシングジムに所属しているプロボクサー「瀬藤幹人」さんのミット打ちを体験してきました。ミットも上手な人に受けてもらうと、自分が上手になった気になれて楽しいです!

ケースに入ったチャンピオンベルトも見せてもらって、許可をいただいて記念に触ってきました。生きているうちにチャンピオンベルトが触れるなんて思ってなかったので、かなり感激! 瀬藤さんもTheボクサーな感じでかっこよかったです!

呼吸方法のまとめ

息を吸って吐くという行為は、意識しなくても常にやっていることだけど、呼吸方法もトレーニングも知れば知るほど奥が深いと感じます。

この頃疲れてるなとか、眠れないなとか、リラックスできてないな、と感じたら、目を閉じて雑念を取り払いゆっくりと腹式呼吸を実行してみてください。

そう言えば、妹は目を閉じると雑念が余計心を支配する!と言っていましたので、必ずしも目を閉じる必要はないかも。自分が一番リラックスできる方法を編み出してみてください! それではまた。ちゃおっ