50・60代のボディメイク

最終更新日: 2021.07.27

股関節の働きと柔らかさのメリット|毎日できるおすすめ簡単ストレッチ

ごきげんよう、みかねーです。

股関節!しっかり動いていますか。上半身と下半身をつなぐ大きくて大事な関節なので、きちんとメンテナンスしてあげましょうね。

股関節の働きや柔らかさのメリットを知ることで、じゃあちょいとストレッチでもやってみるかな、と思っていただけたら嬉しいです。

どの関節も筋肉のサポートがあって動いているので、動かさずにいると錆びついちゃうし、筋肉が硬くなると関節の可動域も狭くなり不具合が生じてきます。

毎日できる簡単なストレッチをご紹介していますので、是非是非トライして、快適なカラダと生活を手に入れて下さいね。

股関節の働き

股関節は上半身と下半身をつなぐ重要な関節です。

骨盤の外側のくぼみに、太ももの大腿骨上部の球体をした「大腿骨頭」という部分がはまる形で関節を形成しています。

股関節は、上半身と下半身をつなぐ腸腰筋、お尻や太ももの筋肉によって動き、立ったり座ったり、足を上げたり、ジャンプしたりできるわけです。

球体の「大腿骨頭」が骨盤のくぼみにハマっているため、それがズレていると痛みが生じたり、可動域が狭くなったり、動きが悪くなってしまいます。

日常生活をスムーズに送るためにも、股関節が正しく動くってすごく大事。

股関節が柔らかいメリット

股関節が硬くなってしまう大きな原因は、動かさないことによります。

座っている時間が長いとか、あまり歩かない、階段は使わないなど、現代人は脚を動かす時間が少なくなっていますよね。

ほら!使っていないネジは、固まっちゃって緩めにくくなるじゃないですか。それと同じです。

クルクル回る股関節は、周囲の筋肉の柔軟性を保ちつつ、なるべくクルクル回してあげてほしいんです。

股関節が柔らかいとどんなメリットがあるのか?ってことを知ると、「じゃあ、ちょっとストレッチしてみるかな」という気持ちになるかもよぉ。

・階段が楽になる
・歩幅が広くなる
・ケガの予防になる
・正しい姿勢が作れる
・腰痛の予防
・血流アップ

股関節周辺の筋肉が硬いと、可動域が狭くなってしまうため、それを解消してあげると、足の上げ下げや運びがスムーズになり、ケガの予防にもなるし、ウォーキングの際の消費カロリーもアップします。

更に、股関節が正しくハマっていることが正しい姿勢を作ることや腰痛予防にもつながり、柔軟な筋肉をが腰痛予防になり、血流の改善にもなってメリットはテンコ盛りです。

筋トレ王道のスクワットも股関節を折り曲げて腰を落としていくので、股関節が柔軟な方が正しい姿勢で行うことができ、結果的に効果が出やすくなります。

股関節が柔らかいイコール周辺の筋肉の柔軟性でもあるため、毎日少しずつストレッチをしてちゃんとハマっている使いやすい股関節を作り、動きやすい身体を作っていきましょうね。

毎日できるおすすめ簡単ストレッチ

カラダは急には変わらないので、無理のない範囲でストレッチを行うことが大事。

コツコツと地道に繰り返していけば、少しずつ柔らかくなってきます。

がっ!個人差はありますからね。私はものすごく体が硬く今でもまだまだ硬いけど、それでも以前よりは少しマシになってきています。

呼吸を止めないことも大事なポイント!

夢中になっていると、何故か呼吸を忘れちゃうんですよ。自然な呼吸を繰り返しながら実行してくださいね。

使いやすい股関節を作る―1

立った姿勢で片方の足を左の画像のように内側に向けてセットしてキープ、次は外側にセットしてキープ。左右どちらも各30秒ずつ。

*ポイント*
痛くない角度でOKなので、膝はなるべく曲げず股関節から動かすイメージで。

これだと家事の合間などの隙間時間にもできるので、思い出したときにちょいとやってみて下さいね。

使いやすい股関節を作る―2

座って両手を後方に付き、片足ずつ交互に内側に倒します。全部で1分ほど繰り返してみて下さい。

*ポイント*
倒す角度は浅くてもいいので、お尻が床から浮かないよう行うこと。

両脚を倒すやり方もあるけど、個人的には片足ずつゆっくりとお尻が浮かないよう意識しながら行った方が、効き目があるように感じています。

私もまだまだ硬くて脚が倒れていませんが、これでも少しマシになってきています。

地道に続けてみてね。

使いやすい股関節を作る―3

*ポイント*
脚の付け根から動かすこと。

脚全体を内側、外側に倒します。寝る前に、ベッドの上で是非!

ただし、なんとなく足を左右にゆらゆらと降るのではなく、脚の付け根からしっかりと倒すようにして、1分ほど続けてみてください。

どんなストレッチでもフォーカスすべきところを意識して行うことで、より効果が上がりますからね。

股関節ストレッチ

元体操選手の田中理恵さんの初心者向け股関節ストレッチ動画です。

誰にでも無理なくできるすごく簡単なストレッチばかりなので、毎日やってほしいかな。

もうちょっとできそうな人は、こちらも参考にしてみてね。

まとめ

体操の選手でもバレリーナでもない私たちは、日常生活に支障がなく、サクサクと快適に送れる身体が欲しいわけで、脚が180℃開く必要はないと思うんですね。

じわーっと太ってしまい、動かない生活を続けていると、必ずどこかに不具合が生じてきますが、しっかり動く股関節があればケガの予防にもなるし、快適に日々の生活が送れるようになりますからね。

ものすごく面倒な動きはなく隙間時間で十分できるストレッチを選んでご紹介してみたので、是非毎日のルーティンにしてみて下さい。

地道にコツコツ!これに勝ることはありません。

原因はよくわからないんだけど、以前股関節がコツコツと鳴っていたんですね。痛いわけじゃなかったから放置していましたが、いつの間にか鳴らなくなりました。

多分、少しずれていた股関節がしっかりハマったのかなぁと感じています。

続けた人だけが手に入れることができる快適さ!ってのを是非感じてみてね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50・60代のボディメイク

    筋肉の柔軟性が必要なのは顔や頭も同じ!ほうれい線対策に側頭筋ほぐし

    ごきげんよう、みかねーです。いつもいつも筋肉使おう、体動かそう…

  2. 50・60代のボディメイク

    忙しい50代女性は「プラス10」運動習慣で筋肉量減少と体脂肪増を予防しよう

    ごきげんよう、みかねーです。50代女性なら、まだまだ「歩けない…

  3. 50・60代のボディメイク

    意外と目立つ肘のたるみやシワ・黒ずみを改善する方法

    ごきげんよう、みかねーです。自分で鏡を見たときに映るのは、正面…

  4. 50・60代のボディメイク

    60歳から始める誰でもできる筋トレ女性編「毎日3分5種目」で溌溂快適生活

    ごきげんよう、みかねーです。太っていることより、運動不足の方が…

  5. 50・60代のボディメイク

    お尻が大きくなっちゃう原因は?小尻になるにはどうしたらいい?

    ごきげんよう、みかねーです。顔に個性があるように、体型も人それ…

  6. 50・60代のボディメイク

    身体をほぐすマッサージに最適な道具とそれを使ったおすすめのほぐし箇所&方法

    ごきげんよう、みかねーです。少し前に座りっぱなしだとヒップが硬…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ウォーキングより毎日の習慣にしてほしい60代女性におすすめの…
  2. オイコスヨーグルトでの低糖質レアチーズケーキはダイエットおや…
  3. タオルを使った優しい背中筋トレのメリットと2ヶ月続けた結果は…
  4. ダイエット中でも炭水化物は抜かない!その理由と上手に利用する…
  5. たんぱく質強化ヨーグルトは運動女性やダイエッターの間食におス…

Pick up

  1. パーソナルトレーニング&ジム

    食事指導はいらない!トレーニングだけしたい女性が安く通えるパーソナルトレーニング…
  2. 50・60代のボディメイク

    身体をほぐすマッサージに最適な道具とそれを使ったおすすめのほぐし箇所&方法
  3. 50歳からのダイエット

    体が重いと書いて「たいじゅう」を実感した1.5キロで家トレを決意!
  4. 50歳からのダイエット

    ダイエットで心が折れそうになった時にモチベーションを保つ名言と方法
  5. 50・60代のボディメイク

    ウォーキング効果を更に上げるお腹周りに効かせるちょい足しトレーニング
PAGE TOP