Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

イタリアのメーカーから商品がいっぺんにごっそり入ってきたため、様々な処理に追われておりまして、ネットにアップするため画像処理を黙々と続けていると必ず起こる症状が右指先から肘までの凝り。

マウスで細かい処理を繰り返すために起こるのだと思われます。

こうなったら、凝り固まった腕を楽にするため、もっと激しく動かします。マウスを握って小さく同じ動きしかしていない腕を、大きな動きによって血流をよくするため、忙しくてもスポーツジムに行ってバーベルを使ったスタジオプログラムに参加します。

ルネサンスなら「グループパワー」 ティップネスなら「パワーラッシュ」 セントラルスポーツなら「シェイプパンプ」 「ボディパンプ」と呼んでいるところもありますが、全てバーベルを使って負荷をかけて運動するプログラムです。

ま、簡単に言うと筋トレです。以前はこのプログラム、全然面白くないと思っていたんですけど、最近楽しいんですよっ。人って、簡単に変わっちゃうもんです。

ただ、私はヘタレなんで、あまり重いと辛いから余裕で持てるくらいの軽さでやっています。45分から60分、バーベルを駆使して頭の中を無にして運動をした後は、身体も頭も腕もすっきりします。

このすっきり感を味わっちゃうと、やらずにいられなくなります。是非、トライしてみてください!!




さて、話は変わりますが、昨日は銀座で中国雲南料理の専門店「御膳房」できのこ鍋を初体験。





キノコてんこ盛り。中国人の青年が全て説明してくれましたが・・・ほぼ、覚えていません。





ただひとつ、記憶に残ったのが、右下の茶色い萎れたようなヤツがアガリクス。キノコはカロリーも低く、それぞれ薬膳にも使われるほど栄養価が高いので、これだけのキノコを食べられたら体にいいに決まってます。

鍋には丸ごとのニンニクやスライスした生姜、鶏肉も入っていて、食べているうちに体の内側からじんわり温まってくるのがわかりました。

家でも簡単に作れそうなので、これから暑くなってくるし、夏バテ防止にいいメニューかもしれません。試しに「きのこ鍋レシピ」で検索してみたら、たっくさんありましたのでご参考くださいね。


半年に1度ほど集まる3人組の食事会だったのですが、そこで話題になったのがインターナショナルなハイブランドの今後。例えばシャネルはカールラガーフェルドがチーフデザイナーですが、もう84歳。

ジョルジオ・アルマーニも83歳。お二人ともまだバリバリ現役でいらっしゃるし、ブランドを背負って活躍していらっしゃる。でも、いや、だからこそ亡くなった後にブランドはどうなるのか??

GUCCIは、トム・フォードがクリエイティブディレクターだった頃、彼が天才!と絶賛してスカウトしたと言われているアレッサンドロ・ミケーレが現在のクリエイティブディレクターですが、テイストがものすごく変わりましたよね。

天才デザイナーなのかもしれないけど、ものすごくありきたりな感性しか持ち合わせていない私には、アレッサンドロ・ミケーレさんの世界観は理解できない。

バブルを生きてきた私たち世代にとって、海外のハイブランド製品は憧れの存在でもあったけど、なんとなくそれらがステイタスになる時代は終わったんじゃないだろうか・・・とも思うんです。

それは私が仕事にしている「ランジェリー」でも同じことが言えるわけで、いつか「ラペルラ」を!!と思って働いてきた時代は過去のこと、と感じるこの頃でもあります。

憧れを手に入れることが働く原動力にもなっていたので、ちょっと寂しい気もするけど、新しい時代が担う事柄に興味もあるし、未来には何がやってくるのだろうという期待感もありますね。

きょうは話題が飛びまくりましたが、最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

それではまた。ちゃおっ