50歳からのボディメイク

最終更新日: 2022.05.25

運動不足も筋肉疲労の原因になる!おすすめの対処法は?

ごきげんよう、みかねーです。

実はね、つい最近「またぎっくり腰かっ?!」と思うような痛みに襲われました。

でも、よぉーく体を観察してみると、腰というより臀部が痛い。これは筋肉疲労による痛みかしら?とも思ったわけです。

多少の痛みならストレッチで緩和できることを知っているから、とりあえず痛みが出た日は徹底的にストレッチ。

その後、パーソナルトレーナーにストレッチとマッサージをお願いしました。

筋肉疲労は、運動をしたことで起こるだけでなく、運動不足も原因のひとつなんです。それを踏まえた上で私がおススメする筋肉疲労を回避するお伝えしたいと思います。

筋肉疲労

筋肉疲労とは、筋肉に生じる痛みや倦怠感、パフォーマンス低下のこと。筋肉痛とも言います。

でね、ぎっくり腰も筋肉疲労の一種なんですよ。

ぎっくり腰は突然起こりますが、その原因となるものはゆっくりと進行しており、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が許容量を超えると、腰痛として発症してしまうのです。

江藤病院 公式サイトより

私の場合は、運動のし過ぎ。

以前にも整体の先生から「やり過ぎ注意!」と言われていました。

今回も「やり過ぎ」な自覚はあったし、激しい運動をしたにも関わらずストレッチが十分ではなかったので、それが原因だと思われます。

筋肉疲労

イメージとしては、こんな感じ。筋肉の緊張により、血中の酸素や栄養素がスムーズに流れず、疲労物質は排出されにくくなっている状態です。

運動女子なら筋肉痛や筋肉疲労を体験したことがあると思いますが、運動不足でも起こり得ます。

体を動かさないでいると、血行が悪くなり、筋肉が緊張しっぱなしになって疲れがたまります。また、疲労物質が流れにくくなるため、慢性的な疲労へとつながります。

オムロン ヘルスケア株式会社「痛みwith」 より

運動不足や姿勢が悪いことで生じている筋肉疲労は、根本を対処しないと疲労が慢性化しちゃうかもしれないから気を付けて。

マッサージとストレッチの効果は?

痛みがひどかったり、激しい痛みが出た直後はまず冷します。

その後、様子を見てマッサージに行こうかな?ストレッチするかな?という判断に迫られると思うんですね。

いやいや、お風呂に入って美味しいものを食べればOK!という方もいらっしゃるでしょうけどね。

痛みがひどいときは、無理をせず1日は安静にしていましょう!

マッサージ効果

マッサージは、人にしてもらう施術なので、横になっていればいいというラクチンな点がメリット。

でも、贔屓にしている施術者がいない場合は、個人の技術に頼るわけだから、受けてみなくちゃわからないのは不安ですよね。

大失敗!ということもあり得る。

今は整体院や整骨院でも、症状によっては保険適用で治療が受けられる場合もあるので、まずは相談してみるといいかと思います。

ただ、保険適用範囲だとこれで終わり??というほど時間は短いので、過度な期待は禁物。

上の記事でご紹介したパーソナルトレーナー中野ジェームズ修一氏の著書「体幹を鍛えると、おなかが出ない、腰痛にならない」にもこのように書いてあります。

マッサージを受けて筋肉の緊張がほぐれても、時間が経てば筋肉は再び緊張します。

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 (だいわ文庫) [ 中野ジェームズ修一 ]より

ストレッチ

そもそも、筋肉疲労を蓄積させないためにストレッチは、すっごく重要。

ということを、私は常々まだスタブログで書いているにも関わらず・・・やっちまうんですね。

筋肉疲労で激しい痛みを生じた経緯は、6日間比較的激しいエクササイズを盛りだくさんにしていたのに、十分なストレッチをしていなかった。

という結果です。

ジム女子、運動不足女子、座りっぱなし女子、肩こり女子、ウォーキング女子、全ての女性に言いたい!ストレッチしましょう。

ストレッチ

それが体調不良や筋肉疲労を招かない、イチバン簡単な方法です。

ただ、筋肉疲労を起こしている部位に有効なストレッチは何か?ということを理解できている必要があるわけです。

ここに不安がある場合は、やっぱりプロの手を借りるのが手っ取り早い。

パーソナルトレーナーの手を借りる

痛みが出て3日目に信頼しているトレーナーさんの予約が取れたので、パーソナルストレッチとマッサージを60分お願いしました。

痛みのある部分のトリガーポイントへのアプローチ、硬くなっている筋肉をほぐして血流を促す、ストレッチで伸ばして柔軟性を向上させる、などをやっていただいた次第です。

階段を上がるのも痛かったし、椅子から立ち上がるとき、腰をかがめるときにも痛みが生じていましたが、今はほぼ治っています。

痛いのに動かしていいの?

ストレッチは、自分で体を動かして行いますよね。

そもそも痛みがあるのにストレッチする意味あるの?と思うかもしれないけど、筋肉疲労の場合、無理のない範囲でのストレッチは有効です。

ストレッチによって血流を促し、筋肉に溜まっている疲労物質を流してあげます。

でね、私が3日目にパーソナルトレーナーにやってもらったのは、マッサージをしながら様子を見つつパーソナルストレッチをかけてもらうという方法。

これがすごくよかった。

パーソナルトレーナーもいろんな専門の人がいらっしゃいます。

そのあたりを見極めてパーソナルトレーニングに通うと、運動だけでなく身体にとって大いにプラス面があると感じています。


中臀筋の悲鳴

どうやら今回の私の痛みは、中臀筋の悲鳴だったようです。

しかも右側が酷かった。大体、右半身トラブルが多いので、そこも気を付けておかなければならないポイントです。

効き足や利き手があるから、体を常に均等に使っているわけではないので、筋肉疲労も左右対称に起こるわけではありません。

当たり前ですけど・・・。

自分は何をしたとき、どんなふうになりやすいか、どういう症状が出やすいか、ということは把握しておいた方が対処もしやすくなります。

おススメの対処法

運動はやり過ぎたときだけでなく、やらなすぎでも筋肉が硬くなって疲労が起こります。姿勢が悪いことも原因のひとつ。

そこでおススメしたいのが、パーソナルトレーニングとストレッチ等のケアがセットになっているジム。

プロの元で適切な運動をして筋肉を使い、その後のメンテナンスもしっかり指導してもらう、これが理想の形なんじゃないか?と思うんですね。

不調を作らない、あれ?と感じたときにすぐ対処できる、こうした体を作るためにはプロの手を借りることがイチバンの近道です。

おススメジム「base BODY CONDITIONING」

「base BODY CONDITIONING」
代表の熊田さんは、病院で脳梗塞や整形疾患の方のリハビリをする理学療法士として働いていた方。

そんな経験を活かし、こちらのジムでは以下のような改善を得意としています。
・機能的な身体づくり
・痛みのない身体づくり
・猫背改善
・肩こり、腰痛、股関節痛などの痛み改善


base BODY CONDITIONING
のメソッドは「バランスの良い正しい筋肉を付け、機能的で痛みのない身体を手に入れること」

まさに私たち世代に必要なことだと思います。

・赤坂駅3b出口徒歩5分
・スタッフ料金:全8回132,000円 (税込)/1回75分
・代表料金:全8回176,000円 (税込)/1回75分
・入会金 なし
・体験:10,000円
・休業日:不定休
・営業時間:​9:00~22:00

おススメジム「MIOSTILE」

【MIO STILE】
フリーウエイトトレーニングだけでなく、yogaやファンクショナルトレーニングも取り入れ、日常生活での機能性の向上も目指していきます。

ひとりひとりのその時の状態に合わせ、完全オリジナルメニューで「歪みを正し」「可動域を広げ」「効率よく筋肉に効かせる」体作りを目指します。

毎回、必ずカラダの歪みなどのバランスを整えてからトレーニングに入るので、自分でその時の体の調子がわかるのもありがたいと思います。

店内に施術ルームがあり、毎回30分以上のコンディショニングが受けらるのも女性にとって嬉しいポイントですよね。

・東銀座5番出口徒歩3分
・ファンクショナルプラン:全8回198,000円(税込)/1回120分
・入会金:55,000円(税込)
・体験:9,900円(税込)
・休業日:不定休
・営業時間:7:00~23:30

まとめ

プロの手を借りれば、その分の支払いが生じますが、自分でやろうと思っても知識が不足していたり、そもそもわからなかったりしますよね。

マッサージは気持ちいいけど、根本的な解決にはなりません。

お客様が継続して通うことが前提のジムでは、提供する内容の質が悪ければ、ジムの存続にかかわる問題なわけです。

だからこそ、継続して営業しているジムには価値があると思っています。

私はある程度、知識があるので、多少のことは自分で対処できるようになっていますが、早くよくなりたいときは信頼のおけるパーソナルトレーナーにお願いするのが近道だと感じています。

筋肉疲労を侮っていると、階段すら辛くなっちゃうから、早めの対処が大事!と今回も痛感しました。

助けてくれたパーソナルトレーナーにも感謝です。

あなたも疲労を溜めない生活とは、体を動かす、適切なメンテナンスをする、これに尽きるのではないでしょうか。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのボディメイク

    金スマ「ゼロトレ」のやり方と効果/1週間やってみた感想を口コミ

    「金スマ」で、ずれている姿勢を正しい位置に戻し、「ぽっこりお腹」を解消…

  2. 50歳からのボディメイク

    女性筋トレ初心者は基本が大事!目指す姿によって負荷や回数が違ってくる

    ごきげんよう、みかねーです。最近の筋トレブームはとても好ましい…

  3. 50歳からのボディメイク

    足瘦せの方法を探している女性はこれをチェック!あなたの脚に効果的なのは何?

    ごきげんよう、みかねーです。足痩せしたいからと一生懸命筋トレを…

  4. 50歳からのボディメイク

    筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」

    ごきげんよう、みかねーです。年齢とともに筋肉量が減少し、筋肉が減少…

  5. 50歳からのボディメイク

    映画「ターミネーターニューフェイト」の60代になったサラ・コナーから学ぶこと

    ごきげんよう、みかねーです。アーノルド・シュワルツェネッガーと…

  6. 50歳からのボディメイク

    薄着になって慌てても遅い!背中ストレッチでスッキリバックラインを目指す

    ごきげんよう、みかねーです。冬の間はたっぷり着込んでいて露出し…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. スクワットが苦手な女性には「相撲スクワット」がおすすめ!その…
  2. ビーチヨガは脳みそ洗ったようなすがすがしい体験だった!202…
  3. 美容番長の体脂肪率減少に刺激を受けて新たな挑戦をしてみること…
  4. ホットヨガだけじゃない「LAVA」の魅力的なプログラムを体験…
  5. シューイチ「日本のダイエット史」&これからのダイエットは?

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    私がダイエット中に食べない決意をした5つメニュー
  2. 効果的に楽しくジムを利用する方法

    女性のスポーツジムでの人間関係はこんなこともある!という実話
  3. ダイエット&ボディメイクおすすめ本

    「ボディメイクストレッチ」を読めばダイエットにストレッチが必要な理由がよくわかる…
  4. フィットネス&エクササイズ

    ボクササイズやキックボクシングの効果は?女性のタイプ別におすすめを解説
  5. ジム&スタジオ情報

    ホットヨガだけじゃない「LAVA」の魅力的なプログラムを体験してみて!
PAGE TOP