美容と健康

40代・50代は3か月に1回の保険適用歯科検診で歯周病を予防しよう!


歯医者さん好きですか?

歯は痛くなる前に行くのが基本。実は私も歯医者は嫌いでしたが、今は3カ月に1度必ず歯科検診に通っています。

治療が痛いのは、虫歯になって行くからであって、定期的に検診をしておけば全く痛くないし時間もかかりません。

ということで、歯医者通いは面倒臭いと思っているあなたに!きょうは歯科検診は大事だよ!というお話し。
[br num=”1″]

[br num=”1″]


歯科検診の頻度

病院へ検診には行かないけど、歯科検診は3カ月に1度必ず行きます。

とても面倒だから、マメに行くんです。歯周病が怖いお年頃ですし、虫歯になってから通うとなると、時間もお金もかかりますからね。

歯が命の芸能人「郷ひろみさん」は毎月検診に行っていると、何かの番組でおっしゃっていました。

歯医者によって検診の頻度に付いては多少提案に違いがあるかもしれませんが、概ね3か月に1回でいいようです。3か月に1回だと、特に治療箇所が見つからなければ、1回のクリーニングだけで終了。保険適用です。

ずーーーっと昔、口の中から細菌が入ったことが原因で、入院治療を余儀なくされ、何本か歯を失い顔の形まで変わった女性から直接話を聞いたことがあり、それ以来「歯科検診」はマメに行くこと!を肝に命じました。
[br num=”1″]

[br num=”1″]

歯周病とは?

50歳を超えると、5割以上の人が歯周病だと言われています。「歯槽膿漏」と「歯周病」はほぼ同じと捉えていいようです。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症。

*朝起きたとき、口の中がネバネバする。
*ブラッシング時に出血する。
*口臭が気になる。
*歯肉がむずがゆい、痛い。
*歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
*かたい物が噛みにくい。
*歯が長くなったような気がする。
*前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

[br num=”1″]
「歯周病のセルフチェック」を見つけました。6つあれば歯周病が進んでいる、3つあれば要注意だそうですでの、ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。

口の中には約400種類の常在菌がいて、その中の歯周病菌が歯磨きをきちんとしないと付着したままになり増殖。歯と歯茎の間に入り込み、炎症をおこしてしまいます。歯周病の怖いところは、痛みがないこと。
[br num=”1″]

歯周病の予防法は?

*正しい歯磨き
*歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使って仕上げる
*定期的に検診に行く

[br num=”1″]
1年に1回は歯茎もチェックしてメンテナンスをしてもらっています。これは私が行っている歯医者では何回かに分けて掃除を行うため数回通うのですが、1回でも終了可能な治療と感じるので、希望を出せばやってくれる歯医者があると思います。

口の中にいる菌は、全身を巡るリスクもあり、それが心疾患や脳疾患、循環器系の病気とも関連付けられるそうなので、とっても怖いんです!!!

歯医者を予約する ⇒ 時間を取って治療に通う ここ!面倒ですよねぇ

検診だけなら3か月に1回で済みます。痛くなって歯医者に行ったときは手遅れで抜歯・・なんてことになったり、歯周病が進行していて歯が抜けた・・なんてことになったら入れ歯またはインプラントです。

やっぱり自分の歯でおいしく食事を楽しみたいじゃないですか!
[br num=”1″]

毎日の歯磨き

私は基本、無精者なので毎食後歯磨きはしません。起床後はうがい、朝食後に普通の歯磨き粉で歯磨き、寝る前に歯周病予防の歯磨き粉で歯磨き、そして時々歯間ブラシかデンタルフロス。

いろいろな歯周病予防の歯磨き粉を使ってみたのですが、今ひとつ違いがわからないので、ちょっと調べてみました。
[br num=”1″]

市販の歯周病予防歯磨き粉比べ

引用元:下記各メーカーのHPより.com

*グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン「シュミテクト」
知覚過敏で歯が沁みるのを防ぎ、ムシ歯・歯周病を予防。グリチルリチン酸モノアンモニウムが歯グキの炎症を抑え、歯グキを健康に保ちます。

*小林製薬株式会社「生葉」
生葉シリーズはいくつかあって、「歯茎の引き締め」「知覚過敏」「出血・ハレに」と効果が異なるようですが、数種類の天然植物由来の成分を使用。抗炎症作用:β-グリチルレチン酸、殺菌作用:ヒノキチオール配合。

*ライオン「システマEX」
歯周ポケットの奥に潜む歯周病菌を浸透殺菌し、さらに菌の付着をブロックすることで歯周ポケットをケア。

*ライオン「生薬の恵み」
歯槽膿漏の予防、歯肉炎の予防、出血を防ぐ。カンゾウやキハダなどの6種類の天然植物由来成分を配合。今、私はこれを使っています。磨いた後の清涼感は低いですが、すっきり感はあります。
[br num=”1″]

まとめ

どの歯磨き粉を使ってもそう大きくは違わないように感じますが、歯槽膿漏の予防として使うなら、抗炎症・殺菌作用のあるモノがベターなように思います。味の好き嫌いもありますしね。

そんな自己メンテをしつつ3か月に1回検診に行っていて、ここ何年も虫歯になっていませんし、特に歯茎にも今のところ問題はありません。病院嫌いなので、内科的検診は行ったことがないけど、歯科検診はマメです!!

自分でいいと思ったことはおススメしたくなっちゃうもので、みなさんも「歯科検診」マメに行って虫歯も歯周病もしっかりと予防してくださいね。

芸能人じゃなくても「歯は命」って・・・古いかっ!!

それではまた。ちゃおっ
[br num=”1″]

[br num=”1″]
[br num=”1″]

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。