美容と健康

健康マスター検定に合格しました!問題を解くカギはテキストを熟読!


この度、「健康マスター検定」を受験し、無事合格いたしましたことをここにご報告させていただきます!よかったぁ

なんとかなるだろ!と高をくくっておりましたが、テスト用紙を開いて読み進めるうちに「もっとまじめに勉強しとけばよかった・・」と多少悔やんだものの時遅し。

それでも何とか合格できたのは、このブログの更新をし続けることで、勉強になっていたことも多々あったな!と思う次第でございます。

というわけで、きょうは何故「健康マスター」検定を受験しようと思ったのか? 受験問題を解くカギは「テキスト」を熟読することにあり!と感じたので、それらのことについて書いてみたいと思います。


健康マスター検定を目指した理由

20年下着屋をやってきて、加齢とともに考え方や価値観が変わる中、更年期を境に徐々に体重が増え、体形が変化したことで自分の体にフォーカスし、スポーツジムに通いだしたことが大きな転機になってきました。

独学で身につけた知識、スポーツジムに通う中で感じたこと、体についての講座に通って得たことを書かせていただいておりますが、バックボーンが何もなかったので、説得力に欠けるかも・・と思っていた時 スポーツジムの受付に置いてあったチラシで「健康マスター」のことを知りました。

そこで、これに受かれば書いていることに説得力が出るのでは?と思ったのが受験動機です。

健康マスター検定とは

ところで「健康マスター」って一体何なのか?


”健康リテラシー”を身につけよう”
医療技術は日々進歩していますが、健康に問題や不安を抱える人は少なくありません。介護などを必要とせず、自立して日常生活を送れる期間のことを健康寿命といいますが、日本の平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約12年の差があります(平成25 年厚生労働省調べ)。

今後ますます進む超高齢社会のなかで、若々しく、いきいきと暮らしていくための必要な知識とスキル= 健康リテラシーが多くの人にとって重要となってきています。 これを学び、日々の生活を充実したものにしていくことを目的とし、「日本健康マスター検定」が生まれました。

ということです。 「日本健康マスター検定」にはベーシックコースとエキスパートコースがあり、一般社団法人「日本健康生活推進協会」が運営し、日本医師会が監修協力をしています。

受験目的として推奨されているのは、「自らの健康づくり、健康寿命を伸ばすために必要な、生活習慣改善のための正しい健康知識・ノウハウを習得し、基本的な健康リテラシーを身につける。」ということ。 受験内容は、健康リテラシーの重要性ということから、食事、口腔内衛生、心の問題、感染症予防と多岐にわたっています。

日本健康マスター検定 オフィシャルホームページ

問題はテキストを熟読でクリア

受験者数も年々増えているので、これから受験を考える方は日本健康マスター検定が出している「日本健康マスター検定 公式テキスト」を熟読することが大事。 受験を経験して、このテキストをきっちり抑えておけば必ず合格できると感じました。

日本健康マスター検定 公式テキストはこちら

Amazonや楽天でも購入できます。 高齢者に考慮したのか、文字が大き目で図やイラストも入っているとても読みやすいテキストです。特に難解なことは書いてないし、読めば誰でもが理解できる内容になっています。 このテキストをしっかり読み込んでおけば、必ず合格できると思います。

今後「まだスタ」が目指す道

というわけで、こうして合格してみると、受けてよかった!と思うし、そこそこの知識は身についていたんだという自信にもなりました。 今までは、自分の趣味的なことも含めて「まだスタ」ブログにつらつらと書いてきましたが、よりアラフィフ女性の健康と美に役立つことを書いていきたいと志も新たに決意した次第でございます。

長く生きればいいってもんじゃなくて、毎日元気に過ごすことが最も大事。 そのためには、環境も体質も経済面も人によって大きく違いはあっても、できる範囲で体も心も自己メンテナンスをしていくことが必要です。 一緒に頑張りましょうね♪ ほいじゃ、きょうはこれから大好きなインストラクターさんが企画したイベントがあるので、ちょっくら行ってきまぁーす。

それではまた。ちゃおっ