美容と健康

「活性酸素とは?」を簡単に説明します!増える原因と対処法を知っておこう


「エクササイズしてるトレーナーとか、みんな年より老けて見えるじゃない?」 というある美容整形外科の先生の発言を目にして、これは問題!と調べてみることにしました。

理解しにくい難しい話はイヤなので、理解しやすい簡単な説明をあれこれ探してみました。

ハードなトレーニングを続けていると「活性酸素」が増えると言いますし、ランニングは紫外線も浴びるので、どの程度の「活性酸素」が身体によろしくないのか?を運動女子は知っておく必要があります。

活性酸素の体への影響や増える原因、対処法をまとめてみたいと思います。


簡単に説明すると「活性酸素」って何?

化学反応が起こりやすくなった酸素。一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキサイドアニオン、ヒドロキシルラジカルなど。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化促進などの原因になるといわれる。また、その強い酸化力を、消毒、除菌、浄水、脱臭、大気浄化などに利用する。

む・・難しすぎます。 簡単に説明すると「活発な酸素のことで、酸化力が非常に強いため、体内で増えすぎると老化の原因のひとつになる」ってことです。 酸化力が強いからこそ、殺菌消毒にもなるわけで、これは体内に必要な物質でもあるわけです。

生きていく上で絶対必要な呼吸によって、体内に取り込まれた酸素の数パーセントは活性酸素になるそうなので、ここを完全にシャットアウトすることはできません。

スポンサーリンク

活性酸素が増えると考えられる要素

  • 紫外線
  • 排気ガス
  • 電磁波
  • 喫煙
  • 過激なスポーツ
  • ストレス 等

「過激なスポーツ」も入っているので、活性酸素を増やし過ぎない運動量を調べてみましたが、「息切れがしない程度の適度な運動量」と。あちゃー、無理だわっ!

そんなの運動とは言えませんっ!

活性酸素を増やさないためにはいいかもしれないけど、運動そのものが好きな人にとっては全く運動した気にならないレベルです。

こうなると「活性酸素を増やしたくないから適度な運動量にしておく」か、 「活性酸素が増えても後から減らすことを考えるからとにかく動きたいだけ動く」か、という選択になってしまいますよね。

では発想の転換をしましょう!増えてしまった活性酸素を無力化するにはどうしたらいいかを考えたいと思います。

「活性酸素」体への影響は?

酸化力が強いため、体内で増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうってことですね。 それにより、疲れやすくなったり、お肌の調子が悪くなったりと、老化を促進させる原因になってしまうということですっ! そりゃ、やだーっ!

でも、絶対に活性酸素とは無縁では生きていけないので、活性酸素を怖がるより、正しい対処法を知って実践する方が賢いと思うので、それを探ってみましょう。

「活性酸素」の対処法は?

活性酸素と同じように耳にしたことがある言葉「抗酸化」これがキーポイントです。きっと。「酸化に抗う」という書きますもん。抗酸化力のある食材

  • ビタミンC レモン・ゴーヤ・緑茶など
  • ビタミンA にんじん・きゃべつ・ヨーグルトなど
  • ビタミンE かぼちゃ・ピーナツ・トマトなど
  • リコピン トマト
  • その他カテキン・亜鉛など

抗酸化力のある食材を取ると共に大事なのは、質の良い睡眠を取ること、ストレスを溜めないこと。

みかねーの結論

激しい運動こそがストレス解消!と思って励んでいるので、活性酸素が増えると知ってもやめる意思は全くございません!ストレスも活性酸素を増やす要因ですしね。

ただ、活性酸素を増やして老化が早まるのはイヤなので、ゆっくりとお風呂に入りリラックスして、質のいい睡眠をとるようにしたいと思いました。

しかも、抗酸化力のある食材は種類も多くどれも身近なモノばかりなので、日々の食生活に取り入れやすいのが嬉しい! 何事も、善悪だけで判断するより、自分の個性や好みや生活スタイルに合わせて取り入れるのが、楽しく長続きする秘訣ではないでしょうかしらん。

だから、みかねーは「激しい運動」は体力が続く限りやっていくけど、ビタミンCやA・Eを意識して摂取するようにしよっかなぁーと思っております。 それではまた。ちゃおっ

スポンサーリンク

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。