美ボディメイク~生活編~

最終更新日: 2021.06.6

何故、肩は前に入っちゃうのか?前に入った肩を瞬時に解消する方法!

ごきげんよう、みかねーです。

前に入りがちな肩を「あらよっと!」と、瞬時に解消する方法を伝授しちゃいます。

毎日激しくスマホやPCを使う現代の生活スタイルだと、肩が前に入りがちな姿勢になってしまうのも仕方ないかな、とは思うけど、放置しておけばどんどん肩が凝り固まって、肩まわりの可動域が小さくなってしまいます。

そうするとトラブルも大きくなるし、肩こりもひどくなってしまうので、気づいたときに「あらよっと!」とリセットしてあげる癖をつけてあげたい。

その上で、肩周りのストレッチを習慣づければ、肩の位置や肩凝りが解消します。

何故、肩は前に入るのか?

真っすぐ立った姿勢を横向きで鏡に映すと、肩が若干前に入っていませんか?

机に向かっていても、料理をしていても、日常生活の中では肩がやや前に入った姿勢をとっていることが多いですよね。

前かがみの生活スタイルが多いこと、下を向いて手元にスマホを持っている姿勢を取る時間が長くなっていることなどが、私たちの「肩が前に入る」原因になっています。

リセットせずに、そのままの姿勢で次の動作に入る、次の動作も前かがみの姿勢、それを繰り返していたら、肩が正しい位置に戻る暇がありません。

美しく正しい姿勢とは、まっ直ぐ立った時、横から見て足首・膝・手首・肘・首が一直線状にある状態。

肩が前に入っていると、手首と肘も前に寄ってしまうため、一直線上にはなりません。

では、前に入ってしまった肩をどうすれば正しい位置に戻せるのでしょうか?

前に入った肩を瞬時に解消する方法!

下の方法で瞬時に解消できますが、持続性はないので正しい肩の位置を記憶し、何度も繰り返して身体に叩き込む必要があります。

・両肩を上げる
・上げた肩を後ろに持っていく
・その状態で肩を下ろす

これだけです。この3つの動作を鏡を見ながら実行すると、違いが一目瞭然。

この方法は「RPBコントロール」でも毎回実施しますし、筋トレプログラムの中でも「ショルダーロール」といってよく行います。

簡単なのに正しい肩の位置がわかりやすくておススメです。

肩をリセットするだけで、胸がやや前に出て、お腹の辺りがピン!となる感覚を感じていただけると思うんですね。

この姿勢を維持するためには、体幹部の筋肉がしっかりしていることも必要となります。

要は、肩だけの問題ではない!ということですが、リセットして「あなたがあるべき場所はここよ!」と正しい位置を肩や体に教え込むことも大事。

前肩は肩凝りの原因にも

首から両肩にかけて広がっている筋肉が「僧帽筋」。

頭を支え、肩甲骨を動かすための筋肉なので、背中が丸くなって肩が前に入っている状態が続くと硬くなり、血液循環も悪くなるため肩が重く凝り固まってしまいます。

肩こりが酷くなると、マッサージにでも行くか!という習慣になっていませんか?

私も以前はマッサージが大好きでしたが、マッサージはあくまでもその場しのぎの対処方法。根本の解決にはなっていません。

運動が習慣になってからは、肩回りの凝りや痛みの症状はなくなり、今では肩こりのためのマッサージは利用しなくなりました。

40肩、50肩の原因は、全てが明らかにはなっていませんが、加齢に伴い肩周辺の筋肉や関節が硬くなったり縮んだりすること、猫背なども原因のひとつと言われています。

猫背は自分で直さなくちゃ!それがイチバン安上がりだし、将来のことを考えても非常に有効です。

肩リセットと同時に体幹も鍛える

肩のリセットを習慣にし、その姿勢を維持できるように体幹も鍛えましょう!

自分で運動をしていて強く感じるのは、体幹を鍛えると日常生活のいろいろなことが快適になる!ということ。

姿勢よく立つことが苦しくないし、キープできる。ハイヒールを履いてもさっさと歩けるし、しっかりと体を支えることができるので全ての動作がラクチンになります。

はっきり申しまして、いいことだらけ!

肩だけにフォーカスしてもいい結果は得られないので、正しいキレイな姿勢を目指すなら、体幹を鍛えるのはマストです。

上の記事に体幹トレーニングをまとめているので、是非できることから始めて、キレイな姿勢と肩こりとは無縁の体作りをしてくださいね。

まとめ

最近思うのは、何でも自分次第ってこと。肩こりもマッサージに頼らず、自分で何とかする。

日々衰えていく肉体、容姿、体力・加齢による悩みは尽きませんが、これも自分で何とかする。

刹那の対処法を繰り返すのではなく、「食べること」「動くこと」「日常生活全般」全て自分でトライ&エラーを繰り返しながら修正していく。

これ以外に、ないんじゃないだろうか?と思うようになったんだけど、どうかしら? 人の体って、知れば知るほど深い!と思うこの頃でございます。

肩をリセットし、体幹を鍛えて、いつまでもカッコよく歩けるオンナでいたいものですよねっ。

それではまた。ちゃおっ

関連記事

  1. 美ボディメイク~生活編~

    汗かきだから代謝がいいとは限らない!汗かきでも冷え性なら痩せにくい

    ごきげんよう、みかねーです。太っている人は、概ね汗かきですよね…

  2. 美ボディメイク~生活編~

    「見た目維持に疲れた50代」から考えてみた若く見える女性6つの共通点

    ごきげんよう、みかねーです。今回は発言小町で見つけた「見た目維…

  3. 美ボディメイク~生活編~

    睡眠不足が太る原因になるのは何故?睡眠の質を上げるための工夫

    ごきげんよう、みかねーです。ドクターが監修したというぐっすり寝…

  4. 美ボディメイク~生活編~

    基礎代謝を上げるメリット!筋トレで基礎代謝が上がる?他の方法は?

    ごきげんよう、みかねーです。よく耳にする基礎代謝って簡単に言う…

  5. 美ボディメイク~生活編~

    高尾美穂先生のヨガと女性の悩みを解き明かす「リアルボイス」がおすすめ

    ごきげんよう、みかねーです。ひとりのインストラクターさんとの出…

最近の記事

  1. 口の中のお手入れにPOICウォーターとオーラループ4+を使っ…
  2. 歩幅が狭いと起こりうる不都合な真実!広くするために必要な4つ…
  3. 食欲の秋だけど今から正月太り予防のために心掛けておきたい3つ…
  4. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  5. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    ゆりやんが体験したロカボダイエット方法とは?「1/5のゆる糖質制限」
  2. フィットネス&エクササイズ

    レズミルズ「グリットストレングス」は一番キツかった!その感想を口コミ
  3. 50歳からのダイエット

    痩せるために運動は必要ないけど体重を目標にする3つの落とし穴
  4. 50歳からのダイエット

    ハードな食事制限ダイエットはアラフィフ女性にNG!その理由と気を付けるポイント
  5. 美ボディメイク~生活編~

    高尾美穂先生のヨガと女性の悩みを解き明かす「リアルボイス」がおすすめ
PAGE TOP