Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

昨晩の「たけしの家庭の医学」をご覧になりました?? もっと自分が若かったころ、母が健康番組を見ていると「ふん、そんなもん見たところで大して役に立たないし」なーんて思っておりましたが、自分も見ちゃうんですねぇ。

いくつかのテーマに分かれて検証⇒解説をしておりました。私が見たのは、最初の「肩こり新原因」というテーマだけでしたが、肩がこちっこちに固く凝ってしまうのは、肩の他にも原因がある!!ということで、それが「体幹」


まっすぐに立った時、両手の甲が前から見えてしまう人は、要注意!!だそうです。

手の甲が前から見えるということは、肩が前に入っているということで、それはお腹周りの筋力が弱いため、身体を真っすぐに支えることができず骨盤が後傾していて起こる現象。

確かに骨盤が後ろに傾いているとお腹が落ちて、背中が丸くなり、背中が丸くなると必然的に肩が前に入ります。すると、頭が前に出て、その姿勢を矯正しようと首や肩回りに負荷がかかるってことですね。

「たけしの家庭の医学」⇒4/24放送分の内容はこちら


肩こりが酷いな・・と思っていらっしゃる方は、是非鏡の前でチェックしてみてください。それで、手の甲が見えたらコアマッスルが弱い証拠なので、改善した方がいいということです。

何でもそうだけど、問題意識はあるものの実践しない。それで辛いと弱音を吐いても、それって自己責任だと思うんですね。

マッサージをしたり、湿布を貼ったり、医者に行ったりすることも時には必要だと思うけど、運動をすることで大きく改善する症状ってかなりたくさんあるはず。


自分のことで恐縮ですが、仕事はPC相手なので、以前は肩も首も激しく凝っていました。そんなもんだろう、と諦めていましたが、日常的に運動をするようになって、症状はかなり改善されていると感じています。

全く肩こりがなくなるとは思っていないけど、美容院に行った時も「前より硬くないですね」と言われる程度には改善しているし、毎月行くリンパマッサージのフェイシャルエステでも改善していると言われています。


私の場合は、肩こりの改善を目的として運動を始めたわけではないですが、身体を動かすということは、結果的に様々な効果をもたらすと実感しています。

日常生活の中で、腕を肩より上に上げることは少ないし、腕を後ろに回すことも少ないですよね。一定方向だけの動きでは、固まってしまって当然なんです。


合わせて読んでいただきたい記事
*50代女性のぽっこりお腹には腹筋ではなく体幹トレーニング
*その姿勢、老けて見えます

正しい姿勢を保つためには体幹が大事。背筋を伸ばして耳と肩がまっすぐになるよう立ってみるとわかるように、その姿勢はお腹に力を入れないと保てない。

いくつになっても筋肉は鍛えられるし、姿勢だって整います。まずは、絶対にやってやる!!という強い意識が大事かな。

それではまた。ちゃおっ