美容と健康

体幹を鍛えて姿勢を矯正すれば肩こりも改善して若々しい印象に


肩がこちっこちに固く凝ってしまうのは、肩だけじゃなく「体幹」も原因があるとご存知でした? まっすぐに立った時、両手の甲が前から見えてしまう人は、要注意!!です。

手の甲が前から見えるということは、肩が前に入っているということで、それはお腹周りの筋力が弱いため、身体を真っすぐに支えることができず骨盤が後傾していて起こる現象。

確かに骨盤が後ろに傾いているとお腹が落ちて、背中が丸くなり、背中が丸くなると必然的に肩が前に入ります。すると、頭が前に出て、その姿勢を矯正しようと首や肩回りに負荷がかかるってことですね。

だから、体幹を鍛えてお腹周りの筋力をアップすれば、姿勢が矯正され、尚且つ肩こり解消につながるということです。


体幹を鍛えて姿勢を矯正

肩こりが酷いな、と思っていらっしゃる方は、是非鏡を見てチェックしてみてください。それで、手の甲が見えたらコアマッスルが弱い証拠なので、改善した方がいいということです。

前からだけでなく、横向きの姿勢もチェックしてみてくださいね。姿勢が悪いと顔が前に出るので、背中が丸くなり、老けた印象を与えてしまいます。 何でもそうだけど、問題意識はあるものの実践しない。

それで辛いと弱音を吐いても、それって自己責任だと思うんですね。 まずは体幹を鍛えましょう!そうすると、キレイな姿勢で立つことができるようになり、ハイヒールを履いても美しく歩けるようになります。 

体幹を鍛える簡単トレーニング

私がおススメする体幹トレーニングはいつでも簡単にできる「プランク」とは言っても、会社や外じゃ無理ですけど。

  • 肩の下に肘を直角に曲げて置きます
  • 頭から足まで一直線にします
  • お腹に力を入れてこの姿勢をキープします

最初は15秒ほどしかできなくても、毎日実行していればどんどん長くできるようになりますので、続けることが大事。 続けているとお腹周りの筋力がアップするので、正しい姿勢をキープできるようになるので是非! 

 

体幹を鍛えて肩こり改善

マッサージをしたり、湿布を貼ったり、医者に行ったりすることも時には必要だと思うけど、運動をすることで大きく改善する症状ってかなりたくさんあるはず。

自分のことで恐縮ですが、仕事がPC相手なので、以前は肩も首も激しく凝っていました。そんなもんだろう、と諦めていましたが、日常的に運動をするようになって、症状はかなり改善されていると感じています。

全く肩こりがなくなるとは思っていないけど、美容院に行った時も「前より硬くないですね」と言われる程度には改善しているし、毎月行くリンパマッサージのフェイシャルエステでも改善していると言われています。

私の場合は、肩こりの改善を目的として運動を始めたわけではないですが、身体を動かすということは、結果的に様々な効果をもたらすと実感しています。

日常生活の中で、腕を肩より上に上げることは少ないし、腕を後ろに回すことも少ないですよね。一定方向だけの動きでは、固まってしまって当然なんです。


関連記事

正しい姿勢を保つためには体幹が大事。背筋を伸ばして耳と肩がまっすぐになるよう立ってみるとわかるように、その姿勢はお腹に力を入れないと保てない。

いくつになっても筋肉は鍛えられるし、姿勢だって整います。まずは、絶対にやってやる!!という強い意識が大事かな。

体幹おススメ本「正しい体幹」

コンディショニングトレーナー有吉与志恵さんの著書。この本によると「体幹とは、体幹部を構成する全ての骨、それを支える全ての筋肉、さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称」とあります。

有吉先生が主催する講座にも出たことがあり、有吉メソッドには目から鱗なことがたくさんありました。 「正しい体幹」には、体幹とは?から始まり、呼吸や細かいトレーニング方法までびっしりと図入りでわかりやすく解説してあり、体幹について知りたい方、今の不調を正しいやり方で改善したいと思っている方におススメです。

それではまた。ちゃおっ

 

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。