50歳からのダイエット

最終更新日: 2021.05.25

ダイエットしたいのについ言い訳をしちゃう人に挑戦してほしい3つのこと

ごきげんよう、みかねーです。

本気で痩せたいですか?

食べ過ぎたこと、飲み過ぎたこと、体を動かさずにいることに言い訳をしていませんか?

言い訳をしているうちは本気じゃないんです。

ダイエットをしようと思っていないのなら、好きなように食べたり飲んだりしていればいいんだけど、痩せたいと思っているなら言い訳は封印しましょうよ。

周りも「また言ってる」という目でしか見ていません。

そうは言っても意思が弱いとなかなか続かないのも事実。そんな人がダイエットを成功させるために挑戦してほしい3つのことを書いてみました。

参考にしていただけたら嬉しいです。

痩せられない人の言い訳

・更年期だから
・飲み会が続いたから
・家族が太ってるから
・ストレスで食べちゃう
・食べ物を残すと勿体ない
・運動は苦手
・忙しい
・来月から頑張る

結局、こういうことを言っているうちは、本気になっていないんです。食べることや飲むことの楽しみは手放したくないし、嫌いな運動もしたくない。

それで痩せたいと思っているとしたら、頑張って痩せた人に失礼です。

ダイエットを成功させた人は、人には言わなくてもどこかで必ず頑張っているし、好きなモノを諦めたり、我慢していますから。

「あの人痩せてキレイになったけど、特に何もしてないって言ってた。」そんな言葉を信じちゃダメ。

体形が変わらない観月ありささんも「年相応になってくるから運動はしている。何もしないで体形キープできるなんて絶対無理」と言っています。

人は、自分にとって都合のいいことを信じようとする傾向があります。でも、キレイな人、太っていたけど痩せた人、若々しく見える人、みんな陰ながら100%努力しています。

更年期になれば多くの女性が太りやすくなるけど、そのまま太っていってしまう人と、更年期を過ぎてもすらっとしている人がいます。

その違いは、努力です。

ストレスは確かに太る原因のひとつではあるし、食べることである程度は解消もされますが、ストレスを抱えている人がみんな太っているわけでもなく、ストレスの解消法は食べることだけでもありません。

言い訳は誰も真剣に聞かない!

久しぶりに会った人から「太った?」と言われたり、そう思われていたらイヤだなと先制攻撃で上に書いたような言い訳を口にしてしまう。

でも、相手は全く真剣には聞いていません。言い訳している、と思うだけです。それって悔しくないですか?

痩せたいと思っているなら、友人との会食にビュッフェを選んじゃいけないし、飲み放題の集いは遠慮した方がいい。

「今日だけ」とか「明日から」と思っているうちは痩せません。そして、周りは「どうせ痩せる気ないし」と言う目で見ています。

悔しいじゃないですかっ。

友達と会食するな、と言っているわけじゃなくて、本当の友達なら、あなたがダイエット中と知っていれば、ヘルシーランチにも快く付き合ってくれるはずです。

まず挑戦してほしいこと

痩せる気がないなら、言い訳は潔く捨てて飲み食いしていた方がよっぽど気持ちいい。

でもね、太っていたら着るものも限られてくるし、身のこなしがスマートじゃなくなるし、自信が持てなくなるし、マイナス要素がテンコ盛りだと思うんですね。

それでいいですか??

私は友人と並んで撮った写真を見て、愕然とした経験があります。太ってきた自覚はあったものの、見ないふりをしていたし、もしかしたらそのうち痩せるんじゃない?というあり得ない希望を抱いていました。

その時は、奈落の底まで自信喪失しました。でも、奈落の底に落ちたからこそ、上がる覚悟が決まったとも言えます。

結果が出ないとすぐ諦めちゃう、どうせ私は痩せられないとネガティブな発想になる、その結果いつまでも自分に自信が持てない。そんな自分とはおさらばしましょうよ!

そのためにまずやってほしい3つのことについて解説します。

家の片づけ

太っているのは、体に贅肉が付いている状態。部屋やキッチンが散らかっている、モノであふれているのは家の贅肉です。

・冷蔵庫に飲みかけのジュースが入っていませんか?
・キッチンに買い置きのお菓子がたくさん詰まっていませんか?
・いつか使うかもしれない、と何年も放置しているがらくたがありませんか?

ダイエットの前にこうしたものは処分し家の中をスッキリさせてみましょう。そして、その状態をずっとキープします。いつの間にかまた散らかっちゃった、というのはダメです。

家の贅肉が無くなったら、あなたの贅肉が無くなる日も遠くありません。

ついつい買ってしまう無駄な出費や衝動買いをやめればモノも増えないし、その分を食費に回してカラダにいい食材にトライしてみましょうよ。

小さな成功体験を積み重ねる

家の中が片付いたら、次に挑戦してほしいのが小さな成功体験を積み重ねること。

ダイエットのために大きく食生活を変えようとか、毎日運動をしようとか、大層な計画を立てると早々に息切れして挫折しがち。

挫折するとネガティブな気持ちになってしまうので、まずは本当に小さな小さな決まりをひとつだけ自分に課します。

・朝コップ1杯の水を飲む
・夜は12時前に寝る
・夜は炭水化物を食べない
・1日平均の歩数の1.5倍を目指す
・寝る前に5分だけストレッチをする
・自炊を増やしてみる

少しの努力でできそうな小さい習慣を確実に身につけてみましょう。

あなたにダイエットには絶対NGな悪癖があれば、それをひとつだけやめてみる決意をしてみてはどうかしら?

活動量を増やすためには、スマホについている歩数計を利用するのもおススメです。自分が日々、どのくらい歩いているかわかります。

iPhoneのアプリについては、上の記事に書いていますので参考にしてみてね。

自炊だと糖質や脂質の量を加減できるため、外食よりカロリーも控えめになります。可能な限り自炊を増やしてみましょう。

小さな決まり事でも継続できたら自信につながるし、喜びも感じるので、じゃあ次は何をしてみようかな、とその上の行動につながっていきます。

大きな目標、期限は決めない

例えば2か月で10キロ痩せる!みたいな大きな目標と期限を設けないこと!これも大事です。

急激に痩せると老けた印象になりがちだし、必ずリバウンドします。

目標体重と期限を設けると、達成できなかったとき一気にやる気を失ってしまうので、ダイエットという概念は少し置いといて、まずは小さな成功体験を積み重ねることだけに集中してください。

コツコツ積み重ねて目標に向かうことを習慣付けるとともに、成功体験を積み重ねることで「自分にもできる!」という自信、ポジティブなマインドを作っていってほしいと思います。

それが痩せるための生活習慣の改善につながっていきます。

まとめ

ここまで読んでくださってありがとうございます。少々、辛口が過ぎましたかしらね。ごめんなさい。

でもね「楽して痩せる方法」はありません。食生活と運動、これに尽きます。

加齢とともに脂肪が付きやすくなり、運動量も減ってきます。それは不調の原因にもなるので、この辛口記事が背中を押すきっかけになったらなぁと思って書いてみました。

私は甘いものが大好きで毎日食べていたし、運動は嫌いでした。

でも、姪っ子には「大きくなった」と言われ、久しぶりに会った知人からは「逞しくなった」と言われ、ショックでしたからねー。

本気スイッチが入った私は、毎日食べていたスイーツ断ちををしたし、嫌いだった運動にも挑戦した結果、今ではほぼ毎日ジムに通うようになっています。

嫌いが好きに変わることもあるし、運動と言っても様々な種類があるので、何かに挑戦してみたら思いがけず趣味になっちゃうことだってあるんです。

食わず嫌いは損だなぁと、今なら思えます。

自律神経の乱れも肥満につながるので、こちらも参考にしてくださいね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのダイエット

    痩せている人と太っている人の特徴の違いからわかった8つのダイエット法則

    ごきげんよう、みかねーです。ランチに行ってもお茶を飲みながらス…

  2. 50歳からのダイエット

    ダイエットで食事制限という発想じゃなく運動が当たり前になると食事が楽しくなる

    ごきげんよう、みかねーです。ダイエットと食事、そして運動は切り…

  3. 50歳からのダイエット

    ドキュメンタリー「Let’s 太って痩せるダイエット」はダイエットの意義が詰まっている

    ごきげんよう、みかねーです。時間があると動画配信サイトで映画や…

  4. 50歳からのダイエット

    金スマ「内臓脂肪がストンと落ちる食事術」の糖質制限半日断食ダイエット方法

    ごきげんよう、みかねーです。金スマでは度々、ダイエット特集が組…

  5. 50歳からのダイエット

    1年の体脂肪率変動から増える原因と減らし方が見えてくる【50代女性編】

    ごきげんよう、みかねーです。今回は、私が新しいジムに移ってから…

  6. 50歳からのダイエット

    ダイエットにカロリー制限は必要なしという新常識!カロリー計算は止めちゃおう

    ごきげんよう、みかねーです。「あれ?ちょっと太ったかしら?」と…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 食欲の秋だけど今から正月太り予防のために心掛けておきたい3つ…
  2. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  3. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…
  4. 筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」…
  5. アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない…

Pick up

  1. 50・60代のボディメイク

    アメイジングな筋トレマダムは74歳|筋トレに年齢は関係ないという証明
  2. まだスタ映画館

    U-NEXTでファイナルまで観られるおすすめ海外クライムサスペンスドラマ
  3. ジム&スタジオ情報

    女性がフィットネス感覚&ダイエット目的で通えるボクシングジム東京編15選
  4. 50・60代のボディメイク

    背中の浮き輪肉が気づいたらなくなっていた!効果的だったと思う3つの習慣
  5. 50・60代のボディメイク

    座っていると自然に足が開いてしまう原因とその対処法
PAGE TOP