美ボディメイク~生活編~

最終更新日: 2021.10.22

歩幅が狭いと起こりうる不都合な真実!広くするために必要な4つのこと

ごきげんよう、みかねーです。

健康のために、ウォーキングをしている方もいらっしゃると思いますが、自分の歩幅を意識しているかしらん。

実はね、歩くときの歩幅が狭いと将来の健康に影響しちゃう、というエビデンスのある真実を見つけました。

今回は、それをご紹介するとともに、歩幅を広くして歩くために必要な4つのことをご紹介したいと思います。

歩幅が狭いと起こりうる不都合な真実!

歩幅が狭いと起こりうる不都合な真実とは、認知症のリスクなんです。

谷口主任研究員らの研究では、歩幅が狭い人は広い人に比べ、認知機能低下のリスクが3倍以上であり、また、歩幅が狭い状態のまま年齢を重ねると認知症発症のリスクが2倍以上になることが明らかになった。

時事メディカルより

国立環境研究所:谷口優主任研究員の研究によって、上記のような事実が明らかになったんですって。怖いでしょー。

歩幅が狭いまま年齢を重ねるとリスクが2倍になるなら、今のうちから歩幅を広くして歩けるようにしたら、リスクが減るってことだから頑張らなくちゃね。

谷口先生によると

「歩幅の調整は、脳の中で多くの部位が関係しています。そのため、歩幅が狭くなっている場合は、脳のどこかで異変が起こっている可能性が考えられます」

時事メディカルより

と言うことだそうです。

ただ、歩いているだけにしても、脳が多くの情報を処理して適切な指示を出しているってことなんです。脳ってすごいんです!

逆を言えば、明らかに今までより歩幅が狭くなってとぼとぼしか歩けなくなっていたとしたら、脳の障害を疑ってみるべきかもしれませんね。

広くするために必要な3つのこと

で、そうならないために、今から歩幅を広く取って歩けるような体作りをしておきましょうよ!ってことです。

谷口先生が推奨するのは、男女とも広げた歩幅の目安は65センチ。

実際に測って歩いてみたんだけど、65センチってかなり広いです。身長差は考慮されていないので、小柄な女性だと大股歩きになるかも。

無理!と諦めちゃったらダメですよ。

何事も為せば成る!いきなり65センチを目標にせず、少しずつ歩幅広く歩けるよう体を整えていけばいいんですから。

そのためにチェックすること、必要なことをご紹介しますね。

1.足チェック

上の記事にも書いていますが、自分の足がどんな状態かを知ることはすごく大事。

マメができていれば歩きにくいし、ハンマートゥと言って足指が曲がっていると足裏全体で地面を捉えることができないし、足裏のアーチがなくなっている人は姿勢が崩れがちになります。

マメは手入れをし、足指が曲がっていたら普段履いている靴を見直し、足の指を伸ばして動かせるよう足指じゃんけんがおすすめです。

足裏アーチのチェックや偏平足の人は、是非下の記事も参考にしてください。

正しく広い歩幅で歩くためには、足の指も含め、足裏でしっかり地面を捉えられることが重要になるので、是非チェックしてみてね。

余談ですが、筋トレも然り!なんです。

足裏の安定が筋トレの正しい姿勢キープには不可欠なので、これを機会に自分の足をじっくり観察してみて下さい。

2.姿勢チェック

猫背だったり骨盤に歪みがあると、正しい姿勢で歩くことができないため、歩幅を広く取ることが難しくなるだけでなく、余計なところに力が入って脚が太くなる原因にもなってしまいます。

姿勢チェックとそれをキープする方法は、下の記事を参考にしてくださいね。

加齢とともに筋肉が減少するし、使わなくなる。それによって背筋をキープできなくなったり、体幹で上体を支えられなくなる。

内腿の筋肉が弱ってきたり、足裏のアーチが崩れているとガニ股になる傾向があり、そうすると更に歩く姿勢が崩れてきます。

足を上げる腸腰筋群は、背骨と骨盤や股関節について上半身と下半身をつないでいますが、それが衰えてくると足が上がりずらくなるため、これまた歩幅を広く取ることが難しくなっちゃうわけです。

これらを防ぐためには、筋肉を鍛えるしかありません。

是非是非、いくつになっても美しく歩ける体作りを目指して、今から頑張りましょう。

3.骨盤から歩く意識

歩くとき、どこから動かしていると感じていますか?

歩幅を広く歩くには、骨盤から脚を運ぶ意識が必要です。そのためにも骨盤が前を向いている必要があるし、前後左右に傾いていないことも大事。

鼠径部から脚なのではなく、骨盤から脚と思って歩いてみましょう。

あ!でもでも、骨盤を揺らしちゃNGですからね。

・まず伸びをしてお腹を引っ張り上げる
・グッとお腹に力を入れる

これをやってから歩き始めて下さい。そして

・踵から着地して小指側に少し体重が移動
・母指球でしっかりと地面を蹴って脚を運ぶ

足裏が整っていないと、こうした体重移動が正しくできなかったりしちゃうんです。

「歩き方」の講座に参加したときも、まず学んだのが足裏で、その時は何故?と思ったけど、今ならその重要性がよぉーくわかります。

そうそう、最後に大事なことをひとつ「目線は前ね。

スマホを見ながら歩いている人がものすごく多いけど、あれをやっていたら絶対に美しい歩き方もできないし、歩幅も広く取れるはずがないですもん。

今、スマホを見ることより、自分の姿勢や将来の健康の方がずっと大事ですからね。

4.太り過ぎない

加齢に伴って脂肪が増えてしまうと、いいことは一つもありません。

太れば行動範囲が狭くなるし、階段を使いたくなくなるし、距離を歩きたくなくなるし、疲れやすくなるし、歩幅以前の問題が山積みになっちゃいますからね。

同級生の幼馴染は、少し痩せただけで歩いても疲れにくくなったし、ちょこちょこ歩きが改善したと言っていました。

太って太ももがすれるようであれば、そこをかばった歩き方になるだろうし、重い体重を支えるために関節にも負荷がかかってきます。

太ったなぁと感じていたら、是非ダイエットを!

まとめ

歩幅を広くして歩けるようになると、より筋肉を使う、消費カロリーがアップ、しっかり呼吸するなど、たくさんのメリットがあります。

体は使わなければ衰えていきます。

脳と体は常に連動しているので、体を動かすことで脳も活性化するってことですね。

そうそう、話しは逸れますが、ダンスフィットネスやボクササイズのハイピッチなパンチコンビネーションなどは、大いに脳トレになってるなぁと感じるんですよ。

昔に比べて自分の反応が遅くなっていると、ちょっと悔しかったりしてね。

歩かないで生活する人はいないと思うので、ただ歩くだけで工夫をすれば健康にも認知機能にもいい影響を与えるとしたら、こんな簡単で素敵なことはないじゃないですかっ!

と、私は思うけど、どうかな?

ジムには歩いて通っているので、今後はその時の歩幅に注意しながら通ってみようと思いました。

あなたも是非!

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 美ボディメイク~生活編~

    更年期女性におすすめの簡単快眠寝る前ヨガ&ストレッチ

    ごきげんよう、みかねーです。眠れないと辛いですよね。寝ようと思…

  2. 美ボディメイク~生活編~

    何故、肩は前に入っちゃうのか?前に入った肩を瞬時に解消する方法!

    ごきげんよう、みかねーです。前に入りがちな肩を「あらよっと!」…

  3. 美ボディメイク~生活編~

    高温反復浴を試して感じた効果と「効果なし」という意見への感想

    ごきげんよう、みかねーです。お風呂に入ったときのカロリー消費が…

  4. 美ボディメイク~生活編~

    ジム女子にありがちな膝のちょっとした痛みを解決するマッサージ&ストレッチ

    ごきげんよう、みかねーです。ジム通いが日課になっていると、時々…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 用途によって使い分けるヨガマット|マンドゥカのグリップ力はす…
  2. 痩せたい女性はストレッチ!より効果的なDr.Stretchと…
  3. 「最高の体調」を読めば不安やストレスの回避法・運動の役割に理…
  4. 運動しても痩せない?!運動継続のメリットはダイエットに繋がる…
  5. サステナブルシューズ「VEJA」のサイズ感と履き心地を口コミ…

Pick up

  1. 50・60代のボディメイク

    座っていると自然に足が開いてしまう原因とその対処法
  2. 50歳からのダイエット

    安村アナのダイエット方法はアラフィフ女性にも参考になるポイントがあった!
  3. 美ボディメイク~食事編~

    卵は簡単にたんぱく質が摂取できる優秀食材!カロリーや糖質はどうだろう?
  4. 女性のための家トレヒント

    ダイエット効果を上げるためにストレッチが必須な理由とおすすめストレッチ
  5. ジムウエア&シューズ

    ジムシューズはデザインで選ぶと危険!目的別選びのポイントと取り換え時
PAGE TOP