アラフィフファッション

最終更新日: 2021.10.7

ハイヒールの歩き方がダサい原因は?キレイに歩くコツの前にすべきこと

ごきげんよう、みかねーです。

年々「面倒臭い」が先に立ち、どうもオシャレ心が退化してきているように感じるこの頃ですが、そんな気持ちに喝を入れてくれるアイテムがハイヒール。

ハイヒールは、フラットな靴に比べて不安定なので、ガクガクしたり膝が前に出たりと、なんかダサい姿になってしまいがち。そのため、歩き方のコツを知りたいと思うわけですよね。

だけど、ハイヒールを履いて歩くためのコツより前に、身につけるべき必要なことがあります。

それさえ身につけてしまえば、いくつになろうと無敵だし、より幅広いファッションを楽しむために「身につけるべきこと」とは?

ハイヒールでの歩き方がダサい原因は?

久しぶりにハイヒールを履いて歩いてみたら、なんか不自然?歩き方がダサいかも?と感じた経験がある方もいらっしゃると思います。

これ!かつて私も経験したことがあります。

子育て期はローヒールばかり履いていたので、結婚式に出席するにあたり、ものすごく久しぶりにパンプスを履いたら、見ていた親族に「どうしたの?歩き方変だけど?」と言われたほど、足の運びが明らかに異常。

自分でもどう歩いていいいのか、わからなくなったほど混乱しました。

*膝が曲がっている
*膝から前に出ている
*腰が落ちている
*やたらカツカツ音がする

イチバンありがちなのは、腰が落ちて膝から前に出ちゃう歩き方だと思います。

これは全くキレイに見えないので、せっかく美しいハイヒールを履いていても残念な印象になっちゃいますよね。

腰が落ちて膝から前に出てしまう大きな原因は、歩き方ではなく身体にあるんです。

ハイヒールで歩くコツを知る前にすべきこと

便利な世の中になったので、ハイヒールでの歩き方のコツを伝授してくれる動画もあって、以下のような注意点が解説されています。

・地面につける足裏の順番
・脚の運び方
・つま先の位置など

でも、ちょっと待って!

ハイヒールで歩ける体を手に入れなければ、歩き方のコツを学んでもキレイに歩くこともできなければ、せっかくのコツを生かすこともできません。

ハイヒールで美しく歩ける体とは、体幹と内腿の筋肉がしっかりしていることこれに尽きます。

いくら歩き方を学んだところで、筋肉が付いていないとキレイに歩けません。

先日、「林先生の初耳学」というテレビ番組で、パリコレモデルを目指しているモデル候補生たちに、現役モデルである冨永愛さんが、ウォーキングのアドバイスをしていたんですね。

その時「体幹と腿に筋肉がないと、安定したウォーキングができない」とおっしゃっていました。

ま、私たちはパリコレモデルになるわけじゃないけど、ハイヒールでの歩き方のコツ以前に、体幹と腿の筋肉がしっかりあることが最初の一歩です。

ハイヒールを履くためにすべきこと

それは体幹と内腿を鍛えること!

ゴリゴリの筋トレをしなくても、猫背気味な人はお腹に力が入っていないことが多いし、内股気味な人は内腿の筋肉が緩んでいる可能性があります。

その状態だと、どうしてもハイヒールを履いてキレイに歩くことは無理。

まずは体幹と内腿の筋肉をちょっと鍛えてあげましょう。

その1 プランク

手っ取り早く、体幹を鍛えられる簡単な体幹トレーニングです。

・肩の下に肘を直角に曲げて腕を置く
・腕を置く広さは肩幅
・肩甲骨を締める
・背中がフラットになるようキープ

最初は10秒でも15秒でもいいので、続けることで徐々に体幹が鍛えられます。

腰が落ちたり、上がったりしているときちんと効かないだけじゃなく、腰痛の原因にもなるし、肩甲骨が落ちていると肩回りに負荷がかかってしまうので、正しい姿勢で行うことがポイントです。

上のページに簡単な体幹トレーニングをまとめていますので、参考にしてみてね。

その2 ドローイン

ドローインとは、複式呼吸法のこと。運動が苦手な方は、ドローイングを繰り返すことで体幹を鍛えることができます。

・息を吸いながらお腹を膨らませ
・息を吐きながら最大限までお腹を凹ませ
・その状態を少しキープ

仰向けに寝た状態で行うのがスタンダードですが、上記の3点を守れば、座っていても、立っていてもできるので、ちょっとした空き時間で行うことができる手軽な方法です。

その3 バードドッグ

プランクがどうしても無理!という方におすすめなのが、バードバッグ。

・手は肩の下、膝は腰の下において四つ這い
・右足と左手を体と並行に上げる
・腰が落ちたり傾いたりしないようお腹に力を入れる
・左右交互に繰り返す

体幹に筋肉がついていないと、上げた手の方に骨盤が傾きやすくなりますので、身体は平行に保ちます。

その4 ワイドスクワット

一番簡単でどこででもできる内腿トレーニングはスクワット。スクワットの基本は、足幅が肩幅ですが、足幅を広くとることで、内腿に効かせます。

スクワットは筋トレの王道ですが、やればやるほど奥が深いトレーニングだと感じます。

動画では太ももが床と平行になるまで腰を落とすと言っていますが、かなりきついので、最初のうちはもう少し浅くても大丈夫。

でも、しっかりと内腿の筋肉に効いていることを意識しながら行ってください。

内腿を鍛える方法とストレッチについて、下の記事にも書いていますので併せて参考にしてくださいね。

内腿が鍛えられると、足のラインもキレイになるので是非続けて下さい。

経験から学んだこと

洋服も好きですが、それ以上に好きなのが靴。

生涯ハイヒール宣言をしていましたが、歳を取るにつれて「何よりもラクチンであること」を選びがちになっている私。

夏はビーサンかトングサンダルばかりだし、涼しくなればスニーカーです。

でも、先日友人との買い物のときに久しぶりに、ヒールの高さ約11センチのミュールを履いて出かけました。

足が痛くなったらイヤだなぁ、歩けなかったらどうしようと思ったものの、ミュールを履いた瞬間は足の甲が伸びていつもとは違う感覚があったものの、全くトラブルなく買い物を楽しんで帰ってきました。

子育て中、久しぶりに結婚式に出席するためにハイヒールを履いたときは、出産後ということもあり、全く体幹が鍛えられていなかったために、「変な歩き方」になってしまっていたんですね。

でも、今は体幹を鍛えているので、久しぶりにハイヒールを履いても全く問題なく歩けた、ということなんです。

そう、「ハイヒールの歩き方」で大事なのは、年齢関係なく、体幹を鍛えること!これに尽きます。

まとめ

私のように、楽なのがイチバン!面倒臭いことは避ける、なんて言っていると、どんどん「おばさん化」に拍車がかかってしまいますよね。

ハイ!反省します。

時々は、ハイヒールを引っ張り出して、靴にあうオシャレを楽しむことも、若々しくいられる秘訣かもしれません。

ローヒールに比べて、ハイヒールは正面から足の甲が見えるため、足長効果もありますし、ハイヒールだからこそ映えるファッションもありますものね。

50を過ぎるともうハイヒールは卒業という友人も少なくありませんが、靴が違えばファッションも違ってくるし、履ける靴の種類が増えるとファッションの幅も広がります。

体幹を鍛えることは、全然難しいことではないので、是非揺るぎのない姿勢を保てる体幹を手に入れて、ハイヒールライフを楽しみましょうね。

それではまた。ちゃおっ

関連記事

  1. アラフィフファッション

    バストポイントとは?位置の作り方次第で印象が変わる

    ごきげんよう、みかねーです。少し前、TVを見ていて、連続ドラマ…

  2. アラフィフファッション

    海外通販「Shop Bop」の関税・送料・返品は?購入体験を口コミ

    ごきげんよう、みかねーです。以前、ヨガウエアの海外通販サイト「…

  3. アラフィフファッション

    ファッションにこだわるアラフィフ女性は下腹ポッコリ解消が先決の明確な理由

    ごきげんよう、みかねーです。年中「ダイエット」と言っている女性…

  4. アラフィフファッション

    アラフィフはブラ選びに迷うお年頃?着用感の好み別「ブラ選び」のポイント

    ごきげんよう、みかねーです。ヒジョーに残念ですが、年齢と共に体…

  5. アラフィフファッション

    パールは日常使いしなきゃもったいない!プロに聞いたネックレスのお手入れ方法!

    ごきげんよう、みかねーです。アラフィフともなれば、パールを所有…

  6. アラフィフファッション

    サステナブルシューズ「ジ・オニツカ」はアラフィフファッションにもぴったり!

    ごきげんよう、みかねーです。またですかっ?!と思われてしまいそ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 食欲の秋だけど今から正月太り予防のために心掛けておきたい3つ…
  2. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  3. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…
  4. 筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」…
  5. アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない…

Pick up

  1. まだスタDiary

    世田谷温泉宿「由縁」は食事が美味しかった!1泊してみた感想を口コミ
  2. 50歳からのダイエット

    お腹の脂肪を減らしたくて実践したプランクで体脂肪率が落ちた!私が実践した方法
  3. 50歳からのダイエット

    ダイエットは「我慢!」じゃなくて継続できる生活習慣の改善
  4. 50歳からのダイエット

    50代女性のダイエット方法成功例のヒントがここにある!必要なことが見えてくる
  5. 50歳からのダイエット

    ハンドクラップダンスは効果あるの?2週間に10キロ痩せるほどの消費カロリーはない…
PAGE TOP