美容と健康

冷え性改善に必要なのは適度な運動と筋肉を付けること!その理由は?


ある日の食事会で、きっかけは忘れましたが、自分の身体のウィークポイントの話題になりました。

A子「私はむくみやすい」 
B子「私は冷えるとすぐ具合悪くなる」
「私は食べ過ぎるとお腹こわす」

と言うと、A子とB子から同時に「それはみんなそーでしょっ!」とツッコミ入りました。

えっ?!そうなんですか?今の今まで自分だけだと思っていましたので、なんか、安心しました。食い意地はっているので、食べ過ぎないように気を付けます。

今回は食べ過ぎの話しではなくて、冷えると具合が悪くなってしまうB子にフォーカス。本人にも自覚はあるようですが、冷え性の方こそ運動が必要です。
[br num=”1″]

[br num=”1″]


冷え性改善に筋肉が必要な理由

ほっそり体形で冷え性のB子「筋肉付けた方がいいんだよねぇ」と言っていましたが、「冷え症」については、筋肉を育てるとある程度は改善します。運動をしている時点で血行がよくなるため、それだけで体は温まります。

筋肉は、身体が冷えたときに体温を上げるための熱を放出する役割があるので、筋肉量が多いほど冷えにくい体質であると言えるわけです。

有酸素運動をして汗が出てくるまでの時間より、筋トレをして汗が出てくるまでの時間の方が比べ物にならないほど早いんです。

これは筋肉が熱を生み出す性質によるもので、筋肉に負荷を与えて動かすことで熱を作り出し体温が上昇し、発汗が早くなると考えられます。

筋肉が熱を生み出し血液によって運ばれることで体温調節が行われているため、筋肉量が少なく血流が悪いと平均体温は低くなるという仕組み。

実際、運動をする以前は冬場、靴下を履いて寝ていましたが、今は全く足先が冷えなくなったので、真冬でも靴下なしで快眠です。
[br num=”1″][br num=”1″]

冷え性は血管老化が原因?!

NHKの「ガッテン」ホームページに「つら~い冷え症が改善!血管若返り術」という特集がありました。

多くの人が悩んでいる冷え症。実は、冷え症の10人に1人が危険な状態にあることが判明しました。冷え症だと血管が硬くなって老化が進み、血圧に異常が起きることがあるのです。

そこで医学と運動科学が結集して新しい改善ワザを開発しました。なんと冷えだけでなく、血管まで若返らせてしまう驚きの新ワザです!

そのワザが「血管のばし」。これを3週間ためした皆さんは、手足がポカポカになり、冷えが軒並み改善。

さらに血管も柔らかくなって血管年齢が若返ったのです!1日たった10分であなたの体が変わりますよ!

ということで、「血管のばしのストレッチ」が掲載されていましたので、冷え性の方は是非参考になさってくださいね。
[br num=”1″][br num=”1″]

アラフィフ女性の筋トレ

アラフィフ女性にとって、筋トレってバキバキのボディを作るためにあるわけじゃあないんです。日々を快適に過ごすために、筋肉量を増やすことが目的。

私は好きだから、あれこれ筋トレをやってみたりしていますが、特別厳しいトレーニングをする必要はありません。

全く何もしていなかった人なら、少し早く歩く、階段を使う、15回ワンセットのスクワットを3セット実施する、これだけでも筋肉はちゃんと応えてくれます。

若い頃と大きく違うのは、同じことをやっても筋肉量が増えるのが遅い、しっかり食べないと筋肉が増えない、ということでしょうか。

せっかく運動しても筋肉を作るたんぱく質が不足していると筋肉量は増えませんので、たんぱく質もしっかり摂取してください。

50代女性にこそ必要なたんぱく質!1日に必要な量は?不足するとどうなる?

ここにアラフィフ女性にとっていかにたんぱく質が大切か、たんぱく質の働き、必要な量等をまとめましたので、こちらも是非ご参考ください。
[br num=”1″]

みかねーのおまけ話し

何を隠そう、私は大の風呂好きです。家のお風呂じゃなくて、スーパー銭湯とかスパが大好物。

最近のトレンドは「炭酸の湯」日本に天然の炭酸泉は少ないですが、人工的に作られた「炭酸の湯」であっても血行促進の効果があります。

ということを「血流を良くする簡単な方法は「炭酸風呂」入浴と運動で心拍数を上げること」に書いていますが、これまた冷えの改善に有効です。

併せてご参考くださいませね。

それではまた。ちゃおっ

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。