アラフィフダイエット方法

ダイエットにハードな食事制限は必要なし!その理由と気を付けるポイント


ごきげんよう、みかねーです。

ダイエットをしよう!と考えたとき、まず思い浮かぶのは食事制限ではないでしょうか。

だけど、身体のことがわかってくると、キレイに痩せるためにはハードな食事制限なし!の方がいいということがわかります。

だからと言って、制限なしにいつでも何を食べてもいいということではなく、コンロトールできていれば必要以上の制限はしない方がいいということです。

もちろん、消費カロリーを摂取カロリーが上回れば太りますし、食材のバランスや摂取する食品を考えずに食べるのはNG。

何故、ダイエットにハードな食事制限なし!の方がいいのか?ということの理由と、その上で気を付けるべきポイントを書いてみたいと思います。


ダイエットにハードな食事制限は必要がない理由

やみくもに食事制限をしたり、単一の食品だけに絞った食事をしていると、栄養不足、エネルギー不足に陥ります。

三大栄養素

糖質 体内エネルギーの減量
脂質・たんぱく質 細胞や身体の組織、ホルモン等の減量

例えば、三大栄養素として定義されている上の3つの栄養素は、このような働きがあるため、健康な体を維持するために必要不可欠です。

だから、極端に脂質や糖質を制限してしまうと、エネルギー不足に陥ったり、ホルモンのバランスを崩す可能性があります。

アラフィフ女性には「更年期」という身体が変わる時期を控えていたり、真っ最中だったりするので、制限すると健康を損なうこともありうるということです。

たんぱく質は、消費エネルギーを稼いでくれる筋肉を作る大事な栄養素なので、これもまたきちんと取りたい栄養素です。

ビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養素も、それぞれに体にとって重要な働きをしているため、欠かすことはできません。

仮に、食事制限をして一瞬痩せたとしても、お肌がカサカサになったり、髪にツヤがなくなったり、免疫力が落ちてしまっては、全然嬉しくないですよね。

食事の量を抑えてしまうと、身体の仕組みは消費エネルギーも節約するようになっているため、逆効果にもなりかねません。

必要なのはハードな食事制限ではなくコントロール

ダイエットをしよう!と思いついたときに、食事制限をするより必要なことは、カロリーのバランスと糖質のコントロールです。

ここを叩き込み、身につけることができれば、一生使える知識になりますし、リバウンドしない体が手に入れられると言っても過言ではありません。

カロリーのバランス

ダイエット中でもカロリー摂取量を気にしなくてもいい!カロリー制限は必要なしという新常識「あれ?ちょっと太ったかしら?」と思ったら、意識して食べる量を調整し、1日の摂取カロリー量を調整するのはダイエットの常識でしたよね。ところが、今は摂取カロリー量は肥満と関係ないことが、医学的にも証明されています。...

摂取カロリーが消費カロリーを大幅に超えれば、ダイエットにはなりませんよね。

そのためには、必要摂取カロリーと基礎代謝による消費カロリーを知っていると対応しやすいと思うので、是非上の記事も参考になさってくださいね。

痩せるためにと摂取カロリーを抑えすぎ、消費カロリーより大幅に少なくしてしまうと、筋肉量が減って結果的に基礎代謝が低下するので、ここは気を付けなければならないポイントです。

糖質のコントロール

炭水化物の糖質量や1日の女性の摂取量は?何を選べばダイエットにつながる?炭水化物に含まれる糖質量と、女性が1日に摂取する量を知ることで、何を選べばダイエットにつながるのかがよくわかるし、コントロールしやすくなれば結果も出やすくなります。ご褒美のスイーツも楽しみのひとつとして取っておきたいですものね!...

女性の1日の炭水化物(糖質)摂取量については、こちらに詳しく書きましたが、必要摂取量は意外と少ないんです。

というより、あらゆる食べ物に糖質が含まれているため、それをコントロールできるようになれば、ダイエットを征することができる、とも言えます。

私は、とにかくスイーツやパンが大好きなので、そこをコントロールし始めたことで、長年いつも大幅にオーバーしていた中性脂肪の値が平均値になりました。

例えば、ジャガイモ・さつまいも・里芋等、同じ芋類でも糖質量が違いますし、ビタミンや女性に必要な栄養素を多く含むフルーツも、種類によって糖質量が大きく異なります。

何を選ぶか、というところからダイエットがスタートしているとも言えますよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tarzan特別編集 食べて、痩せる! [ マガジンハウス ]
価格:779円(税込、送料無料) (2019/6/7時点)

楽天で購入

 

実は、きょう本屋に行って見つけた1冊がこれ!

たくさんのレシピが掲載されていて、すごく役に立ちます。こうしたダイエットのレシピ本は、糖質やカロリーを考えたソースや調味料を使って料理を仕上げてあるので、食材を変えてもそうしたソースを参考にできます。

最近、私は低温調理器具を購入し、鶏むね肉と豚ヒレ肉を調理しているので、ソースを参考にしてみようと思って買ってみました。

低温調理器で柔らかく仕上がる鶏肉&豚ヒレ肉のレシピでたんぱく質摂取低温調理器具とそれにぴったりなサイズの鍋を購入し、さっそく鶏むね肉と豚ヒレ肉を仕込んでみました。日頃から、自宅ではあまり肉料理を食べないこと、ほぼひとりでの食事なので、面倒なことはしたくない私にとって、これは食生活の革命です。...

気を付けるべきポイント

いつも同じことを書いていますが、ダイエットに必要なのは、食事のコントロールだけでなく運動です。

運動をしていれば好きなだけ食べてもいいか、と言えばそれも違いますが、食事のコントロールをしていても、キレイなボディを作るためには、歳を取るごとに減っていく筋肉をつけることも非常に大切です。

運動が嫌いなら、少し余分に歩く、エレベーターを使わず階段を使う、掃除機だけでなく雑巾がけもして掃除を行う、この程度でもいいから運動量は増やすべきです。

プラス、日頃から気を付けるべきことは、正しい姿勢を保つこと!

姿勢をよくする方法の簡単な技とそれを維持するための筋トレをご紹介アラフィフ世代のダイエットは、決して痩せることではなく美しい姿勢を手に入れてきれいに歩くこと。そのためにはまず「姿勢をよくする方法」を知ることが大事。美しい姿勢で歩くためには、足裏と全身のバランスが整っていること、ここが肝になります。...

こちらにも書きましたが、真っすぐ立って以下の動作をしてみてください。

  • 両肩を上げる
  • 上げた肩を後ろ(背中方向)に持っていく
  • その状態で肩を下ろす

この姿勢を保つためには、お腹周りに力が必要なのがお判りいただけるかと思います。正しい姿勢を保つためには、かなり筋肉を使います。

それを意識しているだけでも違いが出てくるはず。

まとめ

ダイエットに付いては、知れば知るほど奥が深く、キレイなボディを維持しようとすればするほど、いろんな知識があった方がいいと感じるようになりました。

そうは言っても、何でもすぐに忘れちゃうので、こうして書くことが自分の健忘禄になっていたりもしています。

基本、苦しいことや厳しいこと、辛いことは嫌いなので、好きなスイーツも食べるし、毎日ハードなトレーニングをしているわけでもありません。

だけど、知っているとやらなきゃいけないことは理解できているので、それが強迫観念となって実行しているのかもしれません。

でもね、続けていれば必ず結果は出てくるので、それが嬉しかったり楽しかったりして、やめられなくもなります。

継続は力!です。参考にしていただけたら嬉しいです。

それではまた。ちゃおっ。