美ボディメイク~生活編~

最終更新日: 2021.09.23

高温反復浴を試して感じた効果と「効果なし」という意見への感想

ごきげんよう、みかねーです。

お風呂に入ったときのカロリー消費がダイエットに有効なのでは?と思いたち、熱めに設定したお風呂に出たり入ったりを繰り返す「高温反復浴」を試してみました。

「入る」⇒「上がる」を3回繰り返して実践してみた効果や感想を口コミします。

まずは、体の芯からしっかり温まりました。

いつもシャワーだけの方が実行すると「温まるってこういうことなのか!」と感じていただけると思います。

ダイエットに高温反復浴が「効果なし」と感じるのだとしたら、それはあまりに「お風呂」だけに頼り過ぎだからだと思います。

ただただお風呂に入り続けているだけでスッキリ痩せていくほど、ダイエットは甘くありません。

では。効果を上げるために必要なことは?効果なしという意見について思うことは?

高温反復浴を自分で試してみた

「高温反復浴」は、交感神経の働きを活性化させ、心拍数を上げて消費カロリーを増やすと言われています。

高温反復浴とは
・41℃から42℃の少し熱めの温度に設定
・全身をゆっくりお湯に沈め3分
・3分経過したらお湯から出る
・少し休んでまた3分お湯に浸かる

家でお風呂に入るときは、じっくりと雑誌を持ち込んで1回入り、出る間際にザブンともう1回入るだけでしたが、今回は3回きっちり試してみました。

お風呂の中にある時計で計って入りましたが、3分は意外とあっという間でした。1回目は、雑誌を読んでいて5分経過してしまい、慌てて上がったほど。

1回目では汗は出ません。2回目からじわじわと汗ばんできます。そして3回目は、しっかりと汗が出てきましたが、汗の出方については個人差が大きいと思います。

我が家のお風呂は寒いので、最初にバスルームを十分温めておいたら、もっと早く汗が出たかもしれません。

それと設定温度が40℃になっていたことが後からわかったので、温度をもう1℃から2℃上げたら汗の量や消費カロリーが違っていたかもしれません。

「高温反復浴」で消費するカロリー

通常、体重50キロの人が20分入浴することで消費するカロリーは、大体27キロカロリーほど。

それを少し熱めのお湯に出たり入ったりを繰り返すことで、3分3回を1セットとして、1セットの消費カロリーは約80キロカロリーほどになると言われています。

80キロカロリー消費する行動
・普通の速度で歩く 10分
・階段昇降 15分
・ゆっくりジョギング 10分

80キロカロリーを消費しようと思うと、こんな感じ。

どれを選ぶかはあなた次第ですが、どうせならどっちも取り入れて、1日の消費カロリーを増やし代謝を上げ、血流改善も目指しちゃいましょう。

自分で試して感じた効果

1回しか試していないので、ダイエット効果はわかりませんが、イチバン感じた効果は芯から体が温まったということ。暫く温かさが体から逃げていかない感じでした。

高温の湯は確かに心拍数が上がって血流がよくなるため、ダイエットの大敵な冷え性を抱えている方やむくみやすい人には最適だと思いました。

高温のお湯に浸かると「交感神経」が活発になり、体は臨戦態勢になるので寝る直前はNGです。

熱いお湯につかって大量の汗をかいたからビールが美味しいわ!なんてことをしちゃったら、効果は帳消しになるのでご注意です。

寝る前のお風呂の場合は、副交感神経が優位になるようぬるめのお風呂がおススメ。

高温反復浴は「効果なし」という意見への感想

高温のお風呂に入ったことで、体内の脂肪が溶ける、なんてことは絶対にあり得ません。それを期待しているのだとしたら、効果は全くありません。

高温反復浴では
・通常の入浴より消費カロリーが多くなる
・繰り返すことで代謝を活性化する

この2つの効果が狙えます。

「お風呂に入るだけで痩せる」ほど人の体は単純ではないので、そう考えている人がいたとしたら効果はありません。

食生活・日頃の運動等、併せて考える必要があります。

ただし、繰り返すことで血流がよくなり、その結果むくみが改善したり、老廃物がスムーズに運ばれるようになって体調がよくなるということは考えられると思います。

高温のお湯に入っても消費カロリーは微増ですが、入浴にはいろんなメリットがあるので、ダイエットをしたい人はシャワーだけで済ますのではなく、お湯につかることがとても大事。

高温反復浴ダイエット効果を狙うなら運動も併用しよう!

毎日、高温反復浴を実行するのも大変だし、夏は体のほてりがしばらくひかないだろうと思うので、ダイエット目的なら運動併用がおススメです。

ほんの少しでいいから、筋トレをするとか、少し多めに歩くなど、日常生活に支障がない程度の運動を行い、その後に「高温反復浴」をして、最後にストレッチで締める!この方法がダイエットには最強かな。

発汗はデトックスにならない

汗をかくことは「毒素を排出する」という意味での「デトックス」にはなりません。体の中にある毒素は「尿」または「便」でしか体外に排出できないそうです。

ただ、汗をかくと気持ちいいので、ストレス解消にはつながります。汗をかいたら、きちんと水分補給をしましょうね。

運動をしても、サウナに入っても汗をかくことはできますが、どちらも時間がないし好きじゃない、と言う方に、お風呂は手軽に汗をかける場でもあると思います。

何より、発汗するということは体が温まっている証拠ですものね。嬉しいです。

まとめ

お風呂でお湯に浸かることは、血流を促進するので、むくみや冷えにも効果があるため、全ての女性におススメです。

私はスポーツジムでお風呂に入ることが多いのですが、家に帰ってからもまだ体が温まっていることを実感しています。

寒いな・・と思ったらお風呂!疲れたな・・と思ったらお風呂!

足がむくんでいたら、湯船の中でふくらはぎのマッサージをすれば一石二鳥だし、炭酸風呂にしたら相乗効果が期待出来ちゃいます。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 美ボディメイク~生活編~

    女性の疲れやすい原因は姿勢かも?疲れにくい身体を作るためにすることは?

    ごきげんよう、みかねーです。誰でも歳と共に体力は落ちてきますが…

  2. 美ボディメイク~生活編~

    汗をかくことは美肌に効果的!汗をかくメリットを知れば必ず汗をかきたくなる

    ごきげんよう、みかねーです。みなさんもご存知かと思いますが、体…

  3. 美ボディメイク~生活編~

    「見た目維持に疲れた50代」から考えてみた若く見える女性6つの共通点

    ごきげんよう、みかねーです。今回は発言小町で見つけた「見た目維…

  4. 美ボディメイク~生活編~

    「いつの間にか骨折」とは?簡単チェック法と50代以上の女性に必要な予防法

    ごきげんよう、みかねーです。先日「たけしの家庭の医学」を観てい…

  5. 美ボディメイク~生活編~

    小食なのに太っている|参考例からわかる原因と3つの対処法

    ごきげんよう、みかねーです。時々のぞいてみるサイト「発言小町」…

最近の記事

  1. 口の中のお手入れにPOICウォーターとオーラループ4+を使っ…
  2. 歩幅が狭いと起こりうる不都合な真実!広くするために必要な4つ…
  3. 食欲の秋だけど今から正月太り予防のために心掛けておきたい3つ…
  4. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  5. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…

Pick up

  1. まだスタDiary

    人の振り見て我が振り直せを実感したジムでの出来事で学んだ5つのこと
  2. 50歳からのダイエット

    女性が筋肉をつけ脂肪を減らしてキープする方法はこれしかないと実感
  3. 50歳からのダイエット

    体脂肪率30%オーバーの50代女性が落とすためにすべきことパート2
  4. フィットネス&エクササイズ

    ラットプルダウンで効果的に背中の筋肉を鍛えるやり方!ジム女子必見
  5. 女性のための家トレヒント

    エクササイズバンドを使ったおすすめの二の腕を引き締めるトレーニング動画
PAGE TOP