美容と健康

高温反復浴を自分で試してみて感じた効果と「効果なし」という意見への感想


ごきげんよう、みかねーです。

「お風呂ダイエット方法はこれ!短時間でカロリーを消費する高温反復浴がおススメ」に書いた「高温反復浴」を実際自分でもやってみました

この記事を書くきっかけになったのは、自分がお風呂好きということ、お風呂に入ったときのカロリー消費がダイエットに有効なのでは?と思ったからですが、実際きっちりと「入る」⇒「上がる」を3回繰り返してみました

体の芯からしっかり温まりましたね私はお風呂好きなので、スパにもよく行くし、そうなると出たり入ったりを何回も繰り返すので、芯から温まる感覚は知っていますが、いつもシャワーだけの方が実行すると「温まるってこういうことなのか!」と感じていただけると思います。

ダイエットに高温反復浴が「効果なし」と感じるのだとしたら、それはあまりに「お風呂」だけに頼り過ぎだからだと思います。ということについても書いてみました。


高温反復浴を自分で試してみた

高温反復浴とは

  • 41℃から42℃の少し熱めの温度に設定
  • 全身をゆっくりお湯に沈め3分
  • 3分経過したらお湯から出る
  • 少し休んでまた3分お湯に浸かる

家でお風呂に入るときは、じっくりと雑誌を持ち込んで1回入り、出る間際にザブンともう1回入るだけでしたが、今回は3回きっちり試してみました。

お風呂の中にある時計で計って入りましたが、3分はあっという間です。1回目は、雑誌を読んでいて5分経過してしまい、慌てて上がったほどですから。

1回目では汗は出ません。2回目からじわじわと汗ばんできます。そして3回目は、しっかりと汗が出てきました。

ただ、我が家のお風呂は寒いので、最初にバスルームを十分温めておいたら、もっと早く汗が出たかもしれません。

それと設定温度が40℃になっていたことが後からわかったので、温度をもう1℃から2℃上げて再挑戦してみたいと思います。

自分で試して感じた効果

まだ1回しか試していないので、ダイエット効果はわかりませんが、イチバン感じた効果は、芯から体が温まったということ。暫く温かさが体から逃げていかない感じでした。

ただ、高温のお湯に浸かると「交感神経」が活発になり、体は臨戦態勢になっているので、寝る直前の実行はNGです。

早めにお風呂に入れる時間がある場合のみにしましょうね。寝る前のお風呂は副交感神経が優位になるよう、ぬるめのお風呂がおススメです。

高温反復浴は「効果なし」という意見への感想

高温のお風呂に入ったことで、体内の脂肪が溶ける、なんてことは絶対にあり得ません。それを期待しているのだとしたら、効果はありません。

高温反復浴で効果が狙えるのは、通常の入浴より消費カロリーが多くなること、繰り返すことで代謝を上げることが狙いです。

ただ、心臓への負担は大きくなるので、健康体の方のみが実行できる方法です。

「お風呂に入るだけで絶対に痩せる」ほど人の体は単純ではないので、食生活・日頃の運動等、併せて考える必要があります。

ダイエットとは自分にあった食事と運動を合わせた方法を見つける科学だ!友人と筋トレや食事、断食等の話題で盛り上がったとき、友人が「ダイエットは科学だ!」と言い出し、それに私も激しく同感だったということ。食事だけでなく運動も取り入れた、自分に合う継続できる方法を見つけることが、ダイエットの科学です。...

是非、こちらも参考にしてください。

高温反復浴ダイエット効果を狙うなら運動も併用しよう!

毎日、高温反復浴を実行するのも大変だし、夏は暑さがしばらくひかないだろうと思うので、ダイエット目的なら、運動も併用することをおススメします。

ほんの少しでいいから、筋トレをするとか、少し多めに歩くなど、日常生活に支障がない程度の運動を併せて行うと、必ず結果が出るだろうと思います。

背中の肉をとるエクササイズはこれ!僧帽筋を鍛えて美しい姿勢にチェンジ地元ジムでボクシングプログラムに参加した後、背中・二の腕・お腹を鍛えるマシーンを少々。最近、背中のぜい肉が気になるので、そこにフォーカス...
アラフィフダイエットに必要なのは下半身を鍛える筋トレと体幹トレーニングアラフィフは、体脂肪も体重も減りにくくなってきますし、フォーカスすべきは体重より健康で快適な生活が送れる体を作ること。その上で、美しい姿勢でキレイに歩けるボディを手に入れることが大事。そのために有効なのが、下半身を鍛える筋トレと体幹トレーニング。...

発汗はデトックスにならない

汗をかくことは「毒素を排出する」という意味での「デトックス」にはなりません。体の中にある毒素は「尿」または「便」でしか体外に排出できないそうです。

ただ、汗をかくと気持ちいいので、ストレス解消にはつながると思います。汗をかいたら、きちんと水分補給をしましょうね。

運動をしても、サウナに入っても汗をかくことはできますが、どちらも時間がないし好きじゃない、と言う方に、お風呂は手軽に汗がかける場でもあると思います。

何より、発汗するということは体が温まっている証拠ですものね。嬉しいです。

みかねーお風呂日記

ゆるい糖質制限の効果が出たのは1か月半たったときの体脂肪量だったごきげんよう、みかねーです。 糖質制限というほどのことでもないけど *料理に砂糖を使わない *毎日スイーツを食べない ...

ゆるい「糖質コントロール」を実施しているにも関わらず、ちょっと結果が出たからと自分に甘い私。元々スイーツが大好物なので、先日はみなとみらい万葉倶楽部で食べちゃった。

「和風いちごパフェ」

若干の罪悪感は、あまりの満足感の前に胡散無償。これもまたひとつのストレス解消法!と自分に言い訳をしたりしてね。

今は、スーパー銭湯もあちこちにあるし、様々な施設を備えたスパもあるし、おうちではゆっくりお風呂に入れない・・という方にはおススメです。

今週は2日続けて万葉倶楽部に行ってきたみかねー。

横浜みなとみらい万葉倶楽部の料金からお風呂,駐車場情報まで徹底解説横浜の観光地となっている「みなとみらい地区」の海沿いに、1棟のビル全部が宿泊も含む温泉施設になっている「万葉倶楽部」は、寒い季節は月に2-3回通うほどお気に入りの場所。ヘビーユーザーだからこその視点で、混雑状況なども含めてご紹介したいと思います。...

以前は平日なら空いていたのに、この頃の寒さのせいか、平日でも人が多いんですね。でも、21時過ぎると空いてきます。

横浜方面のお風呂事情しか知りませんが、宮前平と綱島にある「湯けむりの庄」もおススメです。入館料もお手ごろだし、食事も美味しいし、館内着もタオルも完備しています。

スパは誰かと一緒に行くと、ひとりより長く入っていられる利点はありますが、ひとりでも十分楽しめます。

寒い日が続いているので、時にはスーパー銭湯やスパでゆっくりと体を温めてあげてください。

お風呂でのダイエット方法は短時間でカロリーを消費する「高温反復浴」がおススメ忙しいからのんびりお風呂に浸かっている暇なんてないわ!とおっしゃる方も多いかと思いますが、「痩せたい!」と思っているなら、毎日の全身浴がおススメ!その理由と、ダイエットに効果的なお風呂の入り方についてご紹介しますね。...