アラフィフダイエット方法

食べ過ぎで太った!痩せたいなら1キロ増も見過ごさず即対策が必要な3つの理由


あら?太ったかしら?と自分が感じたときには、大体3キロくらい増量しているものです。

だから、太りたくなかったら、マメに体重計に乗って、自分の標準体重を知っておくことが大事。

基本、女性のダイエットは体重管理ではなく体脂肪率での管理をおススメしますが、宴会や食事会が続いたり、年末年始を挟むと数日で体重が増加してて焦ることありますよね。

食べ過ぎによる体重増加は、確実に体脂肪も増加するため、標準体重が目安になります。

食べ過ぎで短期間に体重が増加した場合、痩せたいなら例え1キロの増加であっても、すぐに対策を講じることが、その増量を定着させない秘訣です。


食べ過ぎで太った!

先日、友人が「泊りで2日続けて宴会で飲み食いしてたら1キロ増えた」と言ってたんですね。「いーじゃん、1キロくらい」と無責任に答えましたが、友人曰く「その1キロがどうしても落ちない」と。

そうなんですよね。

年齢を重ねると少し増えた体重が落ちなくて、食べ過ぎたことを後悔したり、焦ったりします。

だからこそ、1キロくらいならいっか!と放置していると、更に増量したとき、もっと痩せることが難しくなります。

食べ過ぎ、飲み過ぎが続いて体重が増えた場合、ほぼ全てが皮下脂肪になると考えられます。怖いですねー。

「お正月太り」という言葉があるように、お正月もご馳走がたくさん並び、毎日が宴会みたいなもの。そして、通常の生活と大きく異なるのが、身体を動かさずに食べていると言うこと。

それで太らないはずがありません。それをわかっていても、食べる快楽に負けてしまうのが人間だけど、快楽も享受し、その後の努力も惜しまなければ「食べ過ぎで太った!」が怖くなくなります。

痩せたいなら1キロ増も見過ごさず即対策が必要な理由

たった1キロならいーじゃん!と思いがちです。その気の緩みが、次の1キロ増量を招いてしまうんです。それが中年太りの原因でもあります。

ただ、夜と朝、食前と食後では1キロくらいの誤差はあるので、自分の標準体重と許容範囲を決めておくといいかと思います。

私の場合は、ほぼ51キロくらいなので、前後500gが許容範囲。51.5キロを超えたら、何某かの手を打ちます。

理由その1 1キロなら落としやすい

1キロの増量なら、比較的簡単に落とせるんです。それが3キロになると、ぐっと難しくなります。

だからこそ、たった1キロでもそこで頑張った方が楽ですよ、と言うことなんですね。

理由その2 定着する前に落としてしまいたい

1キロだけなら・・という気の緩みは、脂肪が定着してしまう危険な発想です。

そんなに焦らなくても、と思うかもしれませんが、何事も早め早めの対策が大事にならない解決法だと思いませんか?

理由その3 自己管理の姿勢が大事

1キロ増量したことを気づけるか否か?ここは、日頃の体重管理ができているかどうかにかかっています。

ぽっちゃり女性ほど、体重計に乗って現実を知るのが怖い、とかなんとか言って管理を怠りがちな傾向があるように思います。

多分、1キロ増えたことで焦る女性なら、体重管理もできているだろうと思いますが、1キロくらいじゃ全く気付かず3キロ、5キロと太ってからあら?と思うようでは痩せるのが大変になります。

太りたくなかったら、定期的に体重と体脂肪率を計測し、必ず自分の標準体重を知っておくこと。食べ過ぎたな、と思ったら、体重を計ってみること、ここは基本です。

食べ過ぎで太ったのを元に戻す方法

食べない

アホかっ!ですかね?あまりに当たり前すぎますか?

でも、意外と「食べない」って難しいんです。だけど、食べ過ぎて太ったなら「食べない、飲まない」ことがイチバンです。

空腹を感じることで、体内の成長ホルモンが分泌します。成長ホルモンは、脂肪分解に一役買ってくれるんですね。

成長ホルモンはアラフィフ女性のキレイやダイエットに効果あり!筋トレや質のいい睡眠で促進を成長ホルモンと聞くと、子どもが成長するために必要なホルモンだと思いがちですが、いえいえ!女性の「キレイ」や「ダイエット」とも密接な関係があります。聞き捨てならないですよねぇ。ということで、成長ホルモンについて考えてみたいと思います。...

食べ過ぎが続いたなら、胃腸を休めるという意味も含め、その後は数日、粗食で我慢し、アルコールも控えてみましょう。もちろん、夜遅くに食べるのは厳禁です。

お腹が空いていたとしてもそのまま就寝し、朝食を充実させた方がいいんだけど、どうしても空腹で寝られないならホットミルクやゆで卵程度で空腹をごまかしましょう。

食べ過ぎて1キロ増量した友人の体重が基に戻らないのは、かなりの酒豪だし、運動習慣がないからかな。

ダイエット中の食事方法10か条|コツコツ継続して習慣にしてしまえば怖いものなし!食べたい!でも食べちゃいけない!の葛藤が毎日続くなんて辛いです。そこで、ダイエット中に気をつけたい食事方法を10か条にまとめてみました。そのうち当たり前の習慣になったら、あら?痩せたかも!という日が必ず来るはずです。...

身体を動かす

いつもより歩く距離を増やす、エレベーターを使っていたところも階段にする、就寝前に5分でいいからストレッチや筋トレを実行してみてはいかがでしょうか。

日頃から運動習慣がない人は、例え1キロでも痩せるのが難しくなるのが中年の悲しいところ。

痩せない、と言っている人は、絶対的な運動量が少ないです。身体を動かさずに痩せる方法はないかしら?なんて虫のいいことは考えずに、1キロ増える原因になった自分の食べ過ぎを反省し、身体を動かしましょう。

ウォーキングの効果は侮れない!消費カロリーは?効果が出るのはいつから?先日、同じファイティングジムに通っている従妹と妹と3人で食事をした際、ダイエットに「ウォーキングは侮れない!」という結論に達しましたので、消費カロリーや効果が出るのはいつからか?ということを掘り下げてみたいと思います。...
50代女性の体重増加の原因を知ると生活習慣の見直しチャンスだとわかる50代というより、そこに至るまでにじわじわと体重が増加していると感じている女性は多いのでは?何も考えずに食べていると自然に太ってしまう50代ですが、体重増加の原因を知ると、それまでの生活習慣を見直すいいチャンスだということがよぉーくわかります。...

私が実践していること

私は、51キロ前後500gが許容範囲で、51.5キロを超えたら調整します。まず一番最初に控えるのが、毎朝必ず食べるパン。

そして、1日のメニューをなるべく糖質の少ない材料と調味料で考えます。

スポーツジムでは、通常マシンでの筋トレはしませんが、上記の食事調整だけで落ちない場合は、マシンでの筋トレを加えます。

大体、食事の調整だけで済んでいますが、それは少しの増量で調整しているから。大幅に増えちゃうと、落ちにくくなりますからね。

食パンの糖質量が気になり低糖工房の低糖質大豆食パンを通販購入!感想を口コミ最近「低糖質パン」を買ってみました。ものすごくパンが好きだけど、概ねパンは糖質量が多い。それでも食べたいから、じゃあ「低糖質パン」ならどうだろう?と試してみることにしたわけです。...

まとめ

食べ過ぎれば太るんです。そんなことはわかっていても、美味しいものを目の前にすれば、食べたくなるのは当たり前。

バイキング大好きですし、食べる快楽は、何にも代えがたい幸せですもん。

だからこそ、食べたら調整するクセをつけると、少しの食べ過ぎや体重増加が怖くなくなります。そのためにも、日頃からの体重管理がとっても大事。

是非、習慣づけてくださいね。

それではまた。ちゃおっ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です