アラフィフファッション

アラフィフファッション「服を買わないチャレンジ」中の変化と達成の感想


ごきげんよう、みかねーです。

2018年は、服を買わないチャレンジをした1年でした。

アラフィフファッションの悩み|服を買わないことで「沢山あるのに着る服がない」を解決!お買い物のワクワク感は「幸せ物質セロトニン」をたくさん運んできてくれます。 でも、服が収納されているクローゼットの前で「着る物ない...

こちらに途中経過を書かせていただきましたが、結論から申し上げると私にとっては全く難しくないチャレンジでした。

「服に興味がない人」は、このチャレンジに向かないと言われていますが、服も買い物も大好き。どれだけの買い物をしてきたことか!

でも、ひとつ言えるのは、この年齢になったからこそできたチャレンジだったかもしれません。若かったら、欲しい服があり過ぎて無理だったかも。

しかも私は、会社員ではないので、毎日着る服を選ぶ必要がない、という環境も達成を手伝っていたと思います。

アラフィフはファッションで迷う方も多いと思うんですね。人によって生活スタイルは様々ですが、私が実行してる中で感じた変化と達成した感想が、もしチャレンジを考えている人の参考になれば嬉しいです。


服を買わない決心をした理由

以前から自分の買い物の仕方に疑問を持ち、大いに反省もしていました。

  • 買っても着ない服がある
  • クローゼットがパンパンになってくる
  • まだキレイな状態の服を捨てることに罪悪感がある

という3つの事柄が、心の中で罪悪感となって広がっていたんです。

そんなとき、親しい友人が服を買わない挑戦をしてみようかな、と言っていたことと

松尾たい子さんの「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと」という本に出会ったこと。

この2つがチャレンジをスタートするきっかけを作ってくれたってわけです。

実行している1年間の変化

チャレンジする前は、ファッションサイトのメルマガが届けば必ずチェックし、ジムで着るスポーツウエア、大好きな白Tシャツ、近所で着るカジュアルなニットなど、あまり高額でないものを定期的に買っていました。

チャレンジをスタートした当初は、メルマガを見ると欲しくなるだろうからと、開く前に削除。

そのうち、メルマガの存在すら気にならなくなり、たまに気づいてメルマガを開いてみても欲しいものが全くなくなっていたという驚きの変化が!

何故、欲しいものがなくなったのか?

メルマガを開く

買うという前提で商品をチェックする

購入する

ものすごく欲しいわけじゃないのに、このような一連の行動が習慣化してしまっていたために、必要ないモノを買っていたのだろうと思います。

だから、一連の行動習慣を断ち切ると、我慢することもなく買わなくなりました。

見れば欲しくなるだろうから、いつも服を買っていた店にも1年間行かない!と決めていました。

1年間達成した感想

買い物は趣味のようになっていたけど、服はたくさんなくても困らない!買い物の高揚感は他でいくらでも代用できる!これに付きます。

もしかすると運動をしていることが、買い物での高揚感が必要なくなったことと関係あるかも?とも思ってもいます。

その代わり、度々会う友人とは同じ服を着ているってことになるけど、若い頃ならそんなの絶対に嫌だったのに、全く気にならないんですねぇ。

ただ、買い物をしないからと言って、全くその分のお金は貯まりませんでした。服を買っていた分を他にやりたいこと、買いたいものに回すことができたってことです。

着ない服が増えることもなく、手持ちの服の出番が多くなるため、大いに着まわした結果、処分するときの罪悪感も薄くなります。

ここが私にとっては、一番嬉しい成果かもしれません。

やり切ったときの達成感もすがすがしいので、迷っていらっしゃる方がいらしたらおススメします。

それではまた。ちゃおっ