アラフィフファッション

【50代が輝くブログ】アラフィフファッションが素敵に見える3つのポイント!


「アラフィフ」で検索すると複合ワードとして一番に出てくるのが「ファッション」

アラフィフ女性にとって、ファッションは大きな関心事であることがわかります。

大体、20-30代女性に比べると情報量も圧倒的に少ないですしね。若者向けのファッション誌はたくさん出版されていますが、アラフィフ女性向けになるとぐっと減りますし。

だからこそ、ネットで検索して情報収集をするのだろうと私の分析。

若い頃に比べて、似合う色が変わってきたな、と感じたこともあるし、体形の変化によって選ぶデザインも変わってくるだろうし、派手な色を着ることに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。

ファッションは、その人の個性を表現する大切なアイテムです。だから、正解はないんだけど「イタイおばさん」「老け込んだ印象」にはなりたくないですしねぇ

難しいお年頃とも言えるかしらん。

そうそう、思い出しました。少し前に地元の百貨店の下りエスカレーターで、前に並んでいたご婦人たちがみんな「日よけの帽子をかぶり」「リュックを背負い」「ベージュやグレー、カーキ色の服を着て」ずらりと並んでいたんですね。

帽子やリュック、アースカラーがいけないわけじゃないけど、どんよりとした印象と共に「お年寄り感」が濃厚に漂っていて、「オシャレ」とは無縁なイメージ。

自分もやがてその年齢になるんだ・・・という若干寂しい気持ちと共に、気を付けようと激しく思いました。

夫には買い物マシーンと言われ、息子にはクローゼットをブティックと言われ、今までさんざん買い物をしてきたことを1回リセットしようと、今年は服を買わない宣言をした私ですが、だからこそ冷静に現実を見つめるきっかけにもなり、老けて見えないアラフィフファッションのポイントを考えてみました。


アラフィフファッションが素敵に見えるポイントその1~姿勢~

ものすごくしつこいですが、一番最初に思った事は「姿勢」何を着ても素敵に見える一番の要素は、やっぱり「姿勢」です。

どんな素敵なハイブランドの服を着ても、猫背だったら一瞬でくすんでしまいますもの。

加齢によって筋肉量が減少することで、びしっと背筋が整った姿勢を保持することが難しくなってきます。自分で気づかないうちに猫背になっていたら、何を着ても「素敵」には見えないですもん。

ここは服を選ぶ前に修正したい部分です。

アラフィフファッションが素敵に見えるポイントその2~清潔感~

もうひとつが、当たり前のことですが「清潔感」 加齢によって顔色がくすんできたり、唇の色が悪くなったりしますよね。

だからこそ、全身からにじみ出る清潔感がとっても大切と思うわけです。

私が崇拝している美容ジャーナリストの「齋藤薫さん」もおっしゃっていました。「白は真っ白に、黒は真っ黒に着る」と。

若い子なら若干ヨレっとしていようが、しわくちゃであろうが、肌の張りがごまかしてくれる部分もありますけど、アラフィフになったらそんなごまかしは効きません。

白いシャツは輝くばかりに白く、黒いニットはゴミひとつ付いていない漆黒の状態で着るのが「素敵」に見えるコツだと思うんですね。

アラフィフファッションが素敵に見えるポイントその3~シルエット~

3つ目が全体のシルエット。概ね、体形に変化が出てくると、身体のラインを隠したいという思いからゆったり目のデザインを選びがちですが、逆効果だと思います。

ゆったりシルエットは、中にあるボディラインの想像が付きにくいけど、実際より大きく見られがちに。

ファッション誌からスナップ写真を集めてみました。ウエストマークしていても全体は優しいとろみのある素材をセレクト!とか、トップスは少々ゆったりしたニットでもボトムはすっきり!とか、ジャケットとシャツはメンズライクなサイズ感で、ボトムの太もも周りはすっきり!とか、いかがでしょうか?

オペラ歌手の森公美子さんは、ボリューミーな体形をなさっているけど、声楽家なだけあってとても姿勢がいいですよね。決して体形を隠すだけのデザインを選んでいませんが、全体がとても華やかな仕上がり。

まあ、芸能人ですから、あれだけ個性的な服が着られるとも言えるでしょうが、私は森さんの「着たいものを着ている」感じの個性がとても好きです。

体形を隠そうとするより、体形を整える方がオシャレの幅も広がって楽しいと思いませんか?

二の腕は太くなる、腰の上に肉が付く、背中にも脂肪が乗る・・・

だけど全部隠してしまうより、いっそのこと一部分だけ潔くばーーーんっ!と出してしまう。そして、それを恥ずかしいと思わずに堂々と姿勢よくたたずんでいれば、経験を重ねた女性の貫禄にもなるってもんです。

アラフィフファッションのまとめ

どんなものを着るか悩む前に姿勢を整え、清潔感を常に忘れず、脂肪の付いた体形を必要以上に隠そうとしないこと。

加齢によって脂肪が忍び寄るのは、誰でも同じ。そこを放置するか、対処するかでスタイルは違ってきます。

という結論に至るまで、私も紆余曲折がありましたが、今は何を着るか?ではなく、どんな肉体に着せるか?が大事!と思って日々のトレーニングに精を出しています。

プラス、今まではハイヒールを履かなきゃ女じゃない!ぐらいに思っていましたが、意外にスニーカーはコーディネイトの幅が広いことを知り、今はほとんどハイヒールを履かなくなりました。

夏に愛用のサンダルたちですが、トングサンダルは指が開放的で大好きです。足指が開放的なのは身体にもいいので、こちらも是非!

ということで、3つの「姿勢・清潔感・シルエット」を踏まえた上で服選びがやっとスタートするのでは?と、今年は服を買わない宣言をした私がたどり着いた結論です。

もしかしたら、また考え方は変わるかもしれないけど、姿勢と清潔感に付いては不動のワンツーだと思っています。

いかがでしょうか?

それではまた。ちゃおっ