まだスタ映画館

最終更新日: 2021.06.29

凹んだときに気持ちが切り替わるおススメ映画「ドリーム」

ごきげんよう、みかねーです

そりゃあね、人間浮き沈みってもんがありますよ。凹んだときの対処法はそれぞれだと思うけど、あなたはどうしますか?

私はジムで汗をかくか、思いっきり上がる映画を観るかの2択。

汗をかくと、今までウジウジしていたことがばかばかしく思えてきて効果的だし、気持ちが上がる映画を観ることも然り。

先日U-NEXTで鑑賞した、実話を基にした映画「ドリーム」が素晴らしかったので、是非ご紹介したい!

凹んだときに見たい映画に是非、入れてほしい作品です。

凹んだときに気持ちが切り替わるおススメ映画「ドリーム」

2016年にアメリカで製作され、2017年に日本で公開された作品。

日本でのタイトルは「ドリーム」。これはこれで作品そのものを端的に表現していると思うけど、原題は「Hidden Figures」で、これもいいよねぇ

正に主人公である3人の黒人女性たちは、表舞台に立ってはいないものの才能も勇気も行動力もあるファイターなんです。

観たいなぁと思っていたものの、見逃してしまった今作がU-NEXTで配信されていたので鑑賞してみたんですけどね、期待を裏切らない猛烈に前向きになれる素敵な作品でした。

映画「ドリーム」
U-NEXT 2022年6月22日 23:59まで配信

ざっくりあらすじ

実際にNASAで活躍した、3人の黒人女性を元に映画化した作品。

画像引用元:IMDb

1961年、宇宙開発競争真っただ中だったアメリカとソ連。

史上初の有人宇宙飛行を成功させたソ連に対して、先を越されたNASAは猛烈な焦燥感を抱きつつ、職員たちは昼夜を問わず研究開発に没頭しているんですね。

今で言えば、ブラック企業ってことかしらん。

そんな環境のNASAで計算室勤務だった3人の黒人女性数学者が、人種差別を乗り越え、それぞれの得意分野を駆使して計画を成功に導いていく姿を描いています。

1960年代は、まだまだ人種差別が公然とまかり通っていた時代。

NASAで黒人女性たちが働く場所は、白人とは別の棟だし、トイレも「非白人用」だし、バスの座席も区別されていました。

そんな時代背景がある中、3人の優秀な黒人女性は、時代を読み、自らが信じる信念の元に行動を起こすんです。

主なキャスト

子ども時代から天才的な数学の才能を開花させ。10歳で高校入学を果たしたキャサリン(画像中央)を演じていた「タラジ・P・ヘンソン」は、アメリカドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」にジョスという刑事役として出演。

話しは逸れるけど、10年以上も前のドラマなんだけどこの「パーソン・オブ・インタレスト」もものすごく面白いです。クライムサスペンス作品が好きな方にはおススメ!

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト シーズン1」
U-NEXT 2021年8月31日 23:59まで配信

計算室を仕切っているビッグママみたいなドロシー(画像右)を演じているのが、数々の作品に出演している「オクタヴィア・スペンサー」

私のお気に入り映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」では黒人メイド役として出演しています。

この作品も時代背景は1960年代前半。雇い主の白人と黒人メイドたちの間にある大きな壁や衝突、トラブルをユーモラスに描いた作品です。

画像引用元:IMDb

3人目の黒人数学者がメアリー(画像左)。

映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
U-NEXT 1年以内の配信終了予定なし

そして、キャサリンの恋人役を演じていたのが、2019年の話題作「グリーン・ブック」でピアニスト:ドクター・シャーリーを演じていたマハーシャラ・アリ。

グリーン・ブックもまさに1960年代のお話し。

映画「グリーンブック」
U-NEXT 1年以内の配信終了予定なし

アメリカの人種差別問題に置いて、1960年代はひとつの大きなターニングポイントだったわけで、単一民族である日本で1960年代を生きていた私としては、すごく興味がある分野でもあるし、背景を知ると映画がもっと楽しくなりますから。

実話を基にした「ドリーム」

NASAのバージニア州ハンプトンにあるラングレー研究所に実際、勤務していたアメリカ合衆国の数学者キャサリン・ジョンソンドロシー・ヴォーンメアリー・ジャクソンを元にした実話。

それぞれの名前にWikipediaのリンクを張ってあるので、ご興味のある方は見てみて。

ものすごい経歴なんだけど、人種差別が激しかった時代の苦労も経歴から感じ取ることができます。

凹んだときは「ドリーム」を観よう

「ドリーム」は、凹んだあなたの気持ちをきっと上げてくれるはず。

キャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされ移動したものの、新しい部署がある建物の中には「非白人用のトイレ」がなくて、以前勤務していた棟まで毎回走って移動するんですね。

その距離800メートル。

同じ部署には白人男性しかいないため、キャサリンの一挙手一投足が注目され、職場に用意されているポットからコーヒーを注ぐだけで冷たい視線が飛んでくるんです。

それでもキャサリンは、絶対にくじけない。

計算室を実質仕切っているドロシーは、上司の白人女性に昇格を申し出るんだけど、黒人女性の役職は前例がない、とそれだけの理由で断られちゃうんです。

そして、もう一人の黒人数学者メアリーは、エンジニアになることを目標にしていたんだけど、そのためには白人しか通うことができない学校を卒業していることが条件になっているんですね。

理不尽ったらないですよね。

メアリーはその学校への入学を認めてもらうため、裁判を起こすんだけど、ここでも「黒人が通学するという前例がない」と言われちゃうんだな。

前例って何?

そう言えば町内会でも前例がない、と言ってたわ。

前例がないと認められないことが世の中にはものすごく多かったりするんだろうけど、前例を打ち破ってこその進歩じゃない??

でもね、メアリーは前例がない、と言われたくらいじゃ引っ込まないのよ。理路整然と持論をぶちかまし、その熱意と正しさに通学が許可されたわけ。

画像引用元:IMDb

初登校時にはみんなから注目されるし、先生からは女性が受けるような教科じゃないと、暗にオンナには無理だろ的ないい方をされるんだけど、メアリーは胸を張って席に着きます。

いやー、気持ちいいったらないんですよ。このシーン。お前らよりメアリー様の方が、よっぽど賢いんですよ、と心の中でほくそ笑んだりしゃったりしてね。

スカッとするよねぇー。

ブラボーです。

もちろんドロシーも自分の才能を生かして、メアリーとは違う形で昇進を勝ち取るんです。すごいよねぇ

まとめ

自分は、ヘタレで何の才能もなくだらーっと人生を過ごしてきちゃったけど、いや、そうだったからこそ、こうした揺るぎない信念を持ち、自分の才能を生かして目的に向かう女性って心から尊敬します。

国は違うけど、こうした先人がいてくれたからこそ今があるわけだし、才能を持った若者、子どもたちを伸ばせるような日本になったらいいなぁと痛感します。

そうそう、世の中の理不尽に挑戦した実在したルース・ギンズバーグを描いた映画「ビリーブ 未来への大逆転」もすごいいい!

夫役のアーミー・ハマーが滅茶苦茶かっこいいです。それだけでも観る価値あり。

映画「ビリーブ 未来への大逆転」
U-NEXT 1年以内の配信終了予定なし

この記事内でご紹介した作品たちは、海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」以外、ちょっと凹んだときややらかしちゃったときなどにおススメです。

話しは変わるけど、最終回を迎えた「ドラゴン桜」毎回楽しみに観ていたんですね。

桜木先生が「クソみたいなおまえらの人生を変えるのは、お前ら自身」と言っていました。

人生もダイエットや健康も同じだと思うんですね。

個々の体質に違いはあれど、太った自分、不調を抱えた自分は、今までの自分の行動が作ってしまった姿です。

それをどうするか?は、今後の自分次第ってことですからね。

映画「ドリーム」は、タイトル通り夢や勇気を与えてくれる作品です。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. まだスタ映画館

    「ジェントルメン」はガイ・リッチーワールド炸裂のオシャレで痛快な映画だった

    ごきげんよう、みかねーです。2021年5月7日公開の「ジェント…

  2. まだスタ映画館

    50代以上の女性には動画配信サービスならU-NEXTがおすすめな理由

    ごきげんよう、みかねーです。ジムオタクで毎日スポーツジムに通っ…

  3. まだスタ映画館

    クライムアクション映画「21ブリッジ」は揺るぎない正義感がスカッと爽快

    ごきげんよう、みかねーです。映画が大好きで、映画の別ブログを作…

  4. まだスタ映画館

    映画「Runラン」の毒母に背筋も凍るけど実際こういう話しもあるから恐ろしい

    ごきげんよう、みかねーです。金曜日は新作映画の公開日。というこ…

  5. まだスタ映画館

    映画「アオラレ」はあおり運転どころの騒ぎじゃなかった!

    こんにちは、みかねーです。金曜日は新作映画の公開日。洋画の公開…

  6. まだスタ映画館

    アンソニー・ホプキンス主演映画「ファーザー」はホラーよりも恐ろしかった

    ごきげんよう、みかねーです。アカデミー賞で2部門を受賞した感動…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ジムシューズはデザインで選ぶと危険!目的別選びのポイントと取…
  2. スポーツジムでの教えたがりおじさん対処法
  3. Try nationレベル2に進んだ感想|チームメイトがいる…
  4. 今の行動が未来の自分を作る|衰えるのも進化するのも自分次第
  5. ダイエットに糖質制限は必要か?ゆるい糖質制限を1か月半やって…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    安村アナのダイエット方法はアラフィフ女性にも参考になるポイントがあった!
  2. 女性のための家トレヒント

    50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ6選
  3. 50・60代のボディメイク

    「正しい姿勢の作り方」1日1回自分の姿勢を整えて体に覚えさせよう
  4. 50歳からのダイエット

    私も陥った魔の更年期太り!生活は変わらないのに原因は何?私が講じた対策
  5. 美ボディメイク~生活編~

    アラフィフ女性は自分の顔に人生があり責任を持つべきと痛感した話し
PAGE TOP