アラフィフダイエット方法

ダイエットの食事方法はこんなに変わった!昔と今を比べて最善策を探ってみた


テレビを観ていると、たくさんのダイエット特集が組まれていますよね。それを観ていると、ダイエット方法も昔と今では随分変わったなぁという印象を持ちます。

謎だったことが明らかになったり、正しい事実が解明されたり、わからなかった体の構造がわかってきたりしています。

ということは、昔はOKだったのに、今はNGということもたくさんあるわけです。

日進月歩、柔軟に対応して、無理のないダイエット方法で美しい姿勢でキレイに歩けるボディを手に入れたいものです。

それを踏まえて、私なりの最善策を探ってみました。


ダイエットの食事方法はこんなに変わった~昔編~

ひと昔前のダイエットは、ざっくり言えば肉は食べない、油は取らない、カロリー控えめがいいとされていましたよね。

おにぎりだけを食べるダイエットとか、リンゴダイエットとかもありましたが、それじゃ栄養バランスも悪いし、何よりエネルギーが足りなくなってしまいます。

どんなダイエット方法であろうと、消費カロリーより摂取カロリーが大幅に上回っていたら、太るのは当たり前。

だけど、筋肉を作るたんぱく質を過剰に控えてしまうと、筋肉が衰える⇒代謝が落ちる、ということになり、ダイエットにはよろしくないことがわかってきました。

加えて、ダイエット中だと手に取りやすい、カロリー控えめに作られている「ノンオイル系」のドレッシングや調味料は、油を抑えている分、風味を出すために糖質が多めになっています。

以前、マヨネーズはダイエットの敵!とされていましたが、比較的糖質が低いことから、今は適量ならOKと言われています。

ダイエットの食事方法はこんなに変わった~今編~

ダイエットにもトレンドがあります。時代が変われば、流行りも変わるってことです。

今、巷で多く取り入れられていると思われるのが、糖質制限と炭水化物ダイエット。炭水化物ダイエットも糖質制限のひとつになりますが、要は糖質の摂取を制限する方法。

ゆりやんが体験したロカボダイエット方法とは?「1/5のゆる糖質制限」ゆりやんが実践したロカボダイエット方法は、1日の糖質を制限し、通常の1/5にすること。これだけです。 その方法と、監修した麻生れいみさんの著書も併せてご紹介...

ただ、糖質は脳を動かす大事なエネルギー源でもありますし、炭水化物は食物繊維も含んでいるので、過剰に制限してしまうと、それはそれで不調が出ると思われます。

筋肉を育て、代謝を上げるために「肉を食べましょう」とも言われていますが、じゃあ肉ならどれだけ食べてもいいか?と言うと、肉は腸内環境にとってはマイナスになるので、やはりバランスよく食べることが大事。

単純に炭水化物だけを排除しても、糖質の高い野菜や果物をたくさん食べていれば、糖質を多く摂取していることになり、思うように痩せない!という結果にもなりかねません。

糖質制限である程度、体重が落ちても、制限のし過ぎは体力の低下、集中力の低下につながってしまいます。

知れば知るほど、ダイエットは簡単じゃないということがわかります。そして、食事制限だけで「痩せる」のは、年齢を重ねれば重ねるほど危険だということがわかります。

昔と今を比べてわかった最善策

結局は、バランスのいい食事がベストということ。

何かを過剰に摂取したり、制限したりせず、1日の摂取カロリーをオーバーしないよう献立を考えることが最も大事だということです。

制限ではなくコントロールが大事!

30-50代女性の1日のカロリー摂取と消費の目安は?食事と運動のバランスで考えることが大事若い頃には「あれ?ちょっと太ったかしら?」と思っても、アラフィフになると食べる量を調整する程度じゃ、体重が戻らなくなってきます。カロリーは摂取量をコントロールするだけでなく、消費とのバランスを考えておくことが大事!...

こちらの記事には、カロリーについて書いていますが、30-50代女性の1日に必要なカロリー量は2000Kcalほど

1日の活動量や基礎代謝量によって、必要カロリー量は変わってきますので、参考まで。

これを大幅に超えないように工夫し、外食が続いたり、おやつを食べ過ぎてカロリーオーバーしたと感じたら、その後は控えめにし、何より大事なのは、ちゃんと動くこと!

例え、散歩であろうと、階段を使うだけであろうと、きちんと動かなきゃ絶対ダメです!

みかねー的 アラフィフ女子の最善ダイエット方法

  • 食事は制限せずバランスよく何でも食べる
  • 夕食より昼食をしっかり食べる
  • 甘みのある飲み物は飲まない
  • おやつは控えめにし、毎日はNG
  • お酒も控えめにし、毎日はNG
  • 軽い運動を必ず取り入れる
  • 有酸素運動だけでなく、スクワットやプランクなどの筋トレも取り入れる

炭水化物を減らしたければ、朝食や昼食には食べて、夕食に抜いてみる、糖質が低めの食材を使う献立を工夫するなどもポイント。

カリフラワーライスとは?置き換え簡単ダイエット方法と食べてみた感想を口コミ今更ですか?と言われそうですが、話題になっている「カリフラワーライス」を食べてみて、目からウロコ!これがカリフラワー?でしたよ。カリフラワーは栄養豊富で糖質量が低いため、ダイエットをしている女性にはうってつけです。...

時には置き換えもテクニックのひとつとして、知っていると重宝します。

糖質が少ない食材

キノコ・海藻・葉物野菜・キャベツ・きゅうり・ごぼう・大根・たけのこ・トマト・なす・ニラ・ねぎ、白菜・パプリカ・ピーマン・ブロッコリー・もやし・レタスなど

これだけあれば、自在な献立が可能です。イモ類は糖質が高いのでご注意です!でも、糖質が高い食品って、美味しいんですけどねぇ。頑張りましょう!

50歳を過ぎたら過激なダイエットはNG

上に書いた最善ダイエット方法は、緩いです。でも、アラフィフになったら、1週間で数キロも痩せるなんてのは、身体の構造的にもう無理です。

40・50代女性の体脂肪の落とし方/試行錯誤してわかった運動と食事の組み合わせ!女性は更年期を境に、同じ生活をしているとじわじわと体脂肪率が増え、体重も増加していきます。1年半ほど毎月「In Body」で計測し、トレーニングメニューも自分なりに変えて試行錯誤した結果、体脂肪率を減らすのに有効な運動と食事方法がわかったんです。...

過剰な期待はしないこと!50歳を過ぎたら、現状維持が精いっぱいになります。

「まだスタブログ」では何度も書いてきましたが、食べることだけで痩せようとすれば、筋肉が落ちるので、もっと歳を取ったときに必ず不調が出てきますし、制限していたことを元に戻せば、必ずリバウンドします。

ほんの少しずつであろうと結果を出し、リバウンドしないようきちんと筋肉を付けて、美しい姿勢とキレイに歩ける体を手に入れることが最善の方法です。

筋肉は裏切らない!

それではまた。ちゃおっ