まだスタDiary

最終更新日: 2021.07.17

今の行動が未来の自分を作る|衰えるのも進化するのも自分次第

ごきげんよう、みかねーです。

ダイエットは「痩せる」ことを目的にしているけど、ダイエットのために始めるであろう食生活の改善と運動は、未来の自分を作るためにすごく大事な行動です。

歳と共にあっちゃこっちゃに不具合が出たり、衰えたりするのはみんな一緒かもしれないけど、行動が変われば不具合やら衰えは進化に変えることができます。

武井壮さんのTwitterで見つけた、ふたつのつぶやきをご紹介しつつ、そんなことについて書いてみたいと思います。

今の行動が未来の自分を作る

ダイエット情報はネットにあふれていますが、ほんの少し前は常識だと思っていたことが、あれ?今は違うの?ということはよくあるし、ドクターの間でさえ意見が違うこともあります。

健康な体を作るための基本は
・バランスの取れた食生活
・適度な運動

とは言えこれは不変だし、ダイエットの基本でもあります。

まだスタブログは、2018年2月にスタートしましたが、そこから3年の間に私自身がやってきたことで新たに気づきがあったりもして、以前の記事をリライトすることはよくあります。

先日投稿したこちらの記事もそのひとつ。

以前からタイトな糖質制限は賛成しかねる立場は変わっていないけど、以前はゆるい糖質コントロールを試してみた時期だけを書いていたのですが、その後の体調変化について気付いたことがあったため加筆しています。

ダイエットのために食生活を見直したり、運動を始めたとして、体重や体脂肪率に変化がなければやる気をなくしちゃうかもしれません。

でもね、続けていれば以前の自分より体調がいいとか、体力が向上したとか、健康的なカラダになっていくはずなんです。

だから、くじけるときがあるかもしれないし、目の前の体重計には期待する数字が出ていなくても、自分を信じて続けていれば必ず変わっていきます。

衰えるのも進化するのも自分次第

偶然見つけた武井壮さんのTwitterから、ふたつのつぶやきをご紹介したいと思います。

やったかやらなかったか

歳を取るということは、あらゆるところが衰えてくる、ということでもあります。

皺が増え、たるみが生じ、視力が衰え、体力や気力が衰え、代謝や筋肉量が減少し・・・と。書いてて寂しい限りです。

でもね、皺やたるみはどうしようもないかもしれないけど、身体はいくつになっても自分次第で上げていくことができます。

世の中には余計なことを言うヤツや、マイナス発言とか愚痴ばかりのヤツってのが、少なからずいるんだけど、そんな奴らの口車に乗っかって「そうか・・・困ったな」とがっかりしちゃあダメです。

武井壮さんがつぶやいているように、「ガクッと来るのは何もしていないヤツ」の感想。

私はジムに通い始める前の10数年若かったころより、今の方がずっと体力や持久力はあるし、体重や体脂肪率をコントロールできるようになっています。

そうです。

やったかやらなかったか、その違いは大きいんです。

そして、歳を取るごとにその差は大きくなっていきます。

疲れた、だからこそ走る

私は暇だけど、みんな忙しいだろうし、忙しければ疲れるとは思うんですよ。

暇な私が言うのは申し訳ないとは思っているけど、忙しいからこそ体のメンテナンスが必要なんです。

運動を習慣にしている人は、疲れたときこそ体を動かすことをおざなりにしない。

何故なら、それが明日、そして未来の自分のためになることを知っているから。

ダイエットのために運動を始めた人も、大事なのは1か月後の体重ではなく、1年後2年後に健康でいられる自分です。

太っていると、病気に対するリスクが高くなるというデメリットがありますからね。

以前、下の記事でご紹介した本の著者である友人は、猛烈に忙しい日々を送っているけど、それでもタイトなスケジュールの合間を縫ってトレーニングをしています。

何故、頑張れるのか?

それは体を動かした後の爽快感を知っているから。そして、動かし続けることで体が進化することも知っているから。

まとめ

芸能人じゃないし、モデルでもないし、ましてやアスリートでもないわけだから、自分を追い込むほどの食生活の改善や運動は必要ないわけです。

だけど、地味~に続けていれば、1年経った時には大きな変化が感じられますから。

1年て長いようだけど、あっという間ですよ。

だって、最初にコロナで緊急事態宣言が発出されてから、もうすでに1年以上経過していますからね。

そう考えたら、1年くらいの努力はなんてことない。

そして、1年続けられたことは、一生のルーティンになるはずですから。

梅雨が明けて、鬱陶しいほどの青空になりましたね。水分補給を忘れずに、暑さに負けず動きましょう!

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. まだスタDiary

    まだスタDiary|ニュウマン横浜内「PARIYA」のテイクアウトがおすすめの理由

    ごきげんよう、みかねーです。家にいるかジムに行くか、ほぼ毎日ど…

  2. まだスタDiary

    「二足歩行 coffee roasters」の絶品タルトタタンとハマった海外ドラマの話し

    ごきげんよう、みかねーです。いつも運動やダイエットの話しばかり…

  3. まだスタDiary

    オペラユニット「IL VOLO/イルヴォーロ」紹介|彼らの歌声はアンチエイジング美容液

    ごきげんよう、みかねーです。いつの日からか、もう記憶はありませ…

  4. まだスタDiary

    最近のスポーツジム状況と「運動習慣」を広げたい私なりの理由をつらつらと

    ごきげんよう、みかねーです。東京や大阪の緊急事態宣言は延長にな…

  5. まだスタDiary

    「カルティエ最強のブランド創造経営」の著者である友人と共通する自分物差し

    ごきげんよう、みかねーです。きょうは出版されたばかりの友人の著…

  6. まだスタDiary

    まだスタDiary|ヒップトレーニングはヒップアップだけにあらず

    ごきげんよう、みかねーです。長く読んでいただくほどのネタではな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ジムシューズはデザインで選ぶと危険!目的別選びのポイントと取…
  2. スポーツジムでの教えたがりおじさん対処法
  3. Try nationレベル2に進んだ感想|チームメイトがいる…
  4. 今の行動が未来の自分を作る|衰えるのも進化するのも自分次第
  5. ダイエットに糖質制限は必要か?ゆるい糖質制限を1か月半やって…

Pick up

  1. ダイエット&ボディメイクおすすめ本

    吉野式「空腹睡眠ダイエット」は方法もさることながら吉野語録でやる気がでる!
  2. ダイエット&ボディメイクおすすめ本

    林真理子おすすめ本「女の偏差値」から学ぶ50代女性のダイエット方法
  3. 50・60代のボディメイク

    内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違いは?落としやすいのはどっち?きちんと知っておこ…
  4. アラフィフファッション

    アラフィフになったらファッションやダイエットより先に整えるべきたった2つのこと
  5. ジム&スタジオ情報

    横浜の暗闇フィットネスジム種目別にピックアップ15選|おススメとその理由
PAGE TOP