アラフィフファッション

アラフィフファッションのカジュアルスタイルにデニムってどうなんだろう?


ごきげんよう、みかねーです。

アラフィフになると、今まで好きだった色が似合わない、今まで気に入っていたスタイルがボディラインに合わない、今までと同じスタイルだとしっくりこないなどなど、ファッションもある種の曲がり角になるような気がするんです。

そんな風に感じたことないですか?

ファッションは、ひとつの自己表現ですから、好きなモノを好きなように着ればOK!とも言えるけど、少しでも素敵に見えるよう、若作りではなく若々しい装いでいたいですもんね。

そんなことを思う中、一番好きだけど一番難しかも・・と思っているのが、アラフィフファッションのカジュアルスタイル。

そして、ブルーデニムのコーディネイト。きょうはそこを考えてみたいと思います。


アラフィフファッションのカジュアルスタイル

何てってもカジュアルスタイルが大好きで、改まった場所へ出かけるのは、本当に年に数回な私なので、持っているのはほぼカジュアルな服ばかり。

ということもあり、歳を重ねていっても素敵に決まるカジュアルスタイル!というのは、自分にとっての永遠のテーマとも言えるわけです。

カジュアルなコーディネイトで、どこへ行くか?ということもポイントになるけど、今考えているのは、近所にサクッと買い物、という程度ではなく、友人と食事とか、ちょっとしたお出かけの場合のカジュアルスタイル。

少しはおしゃれな感じがちゃんと漂うカジュアルスタイル。そうした場合、あなたはお気に入りのカジュアルスタイルありますか?

アラフィフファッションのカジュアル「デニム」について

カジュアルスタイルの王道で、誰でも持っているであろうブルーデニムのパンツ。私も大好きでした。

ところが、去年くらいからでしょうか。なんとなく、デニムを履きたくない、コーディネイトが難しい、と思うようになりました。

今までは、デニムを履いてもちょいとおしゃれな感じのトップスを合わせて鏡でチェックすれば、よし!という気持ちになったのに、それがいつの間にかなくなっていることに気づいたんです。

親しいオシャレな友人は、50歳になる前に「なんかデニムが似合わないような気がする」と言って、すっぱりとブルーデニムスタイルをやめてしまいました。

彼女は、エレガントスタイルが好きだし、イメージもエレガントだし、彼女のその決断には大いに納得したけど、その頃自分はまだまだ履き続けると思っていましたけどね。

その気持ちに、昨年から微妙な変化が表れてきたってことです。微妙な疑問はどんどん大きくなり、遂に「やめてしまおうか」に至っています。

アラフィフファッションのカジュアルスタイルに「デニム」はやめた方がいいかも?と感じた理由

大きな理由は体形。加齢によって女性のボディラインは変化しますよね。

若い女性のようにプリッとしたヒップではなくなるし、腰の上に肉が乗ってやや四角いヒップになってしまうし、自分でお尻を後ろから見ることはできないけど、お尻丸出しなコーディネイトだと、どうしても年齢が露わになる気がします。

デニムにもカラーはいろいろありますが、その中でもう終了にしようかと感じたのがブルーデニム。ホワイトやブラックだと、ブルーデニムほどカジュアル感のないコーディネイトが可能です。

これは、ホワイトデニムを合わせた夏のお気に入りだったカジュアルコーデ。このくらいだといいように思うんだけど、どうかしら?

歳を取るごとに、デニムを履くと顔とのバランスが悪くなってきているように感じます。その究極が細いタイプのデニムかな。

おしゃれって、バランスだと思っているので、バランスがとれないファッションはもう卒業ということになっちゃうわけです。

ただ、これならOKかも!と思うのが、ブルーデニムの露出が少ないコーディネイト。ふわっとした優しいシルエットのワンピースっぽいトップスの下に履いて、ひざ下からほっそりデニムが覗いている、プラス足首が見えている、これなら素敵だと思うのね。

どうかしら?

アラフィフファッションのカジュアルコーデ例

百聞は一見に如かず、ってことで近いコーディネイトを集めてみました。

 

View this post on Instagram

 

. shirt one-piece #a.saught #前田典子 #sianpr

Sian PRさん(@sian.pr)がシェアした投稿 –

モデルの前田典子さんのインスタグラムから。

ストライプのコットンシャツワンピースの下にブルーデニムを合わせています。深くスリットが入っていますが、ヒップは隠れているので、ストライプの縦線も手伝ってすっきり見えません?

ハンサムコーデです。

こちらも前田典子さん。フードの付いたコットンのロングTシャツにホワイトのコットンパンツかな?

この分量ならブルーデニムでもOKだと思うんです。

 

View this post on Instagram

 

_ #セシルのもくろみ #チャリ #新鮮 #ハマユカ #浜口由華子 #吉瀬美智子

吉瀬美智子ファンサイトさん(@kichisemichiko_fansite)がシェアした投稿 –

こちらは女優の吉瀬美智子さん。自転車に乗っているので全身は見えませんが、きっとヒップは隠れていないけど、細すぎないデニムのラインが体形をあらわにせず、ボリュームのある女性らしいシルエットのトップスと合わせることで、視線は上に行くし、カジュアルなだけじゃない女性らしさを感じますよね。

ステキなコーディネイトです!

 

View this post on Instagram

 

. . いつもの面々。 安定のチコさん。 @kuroda_chieko #黒田知永子 #旅#台北#taipei #台湾#taiwan

atsuko saekiさん(@yunahica)がシェアした投稿 –

モデルの黒田知永子さん。吉瀬さんと同じように、少しボリュームのある印象的なトップスと余裕のあるシルエットのブルーデニムを合わせています。

色使いがシンプルなので、すっきり見えます。

最後はメーカーのインスタからお借りしました。ボトムはデニムではありませんが、この分量ならアラフィフでも女性らしくデニムを履きこなせると思うんです。

絶対にNGなブルーデニムとの組み合わせ

ズバリ!トレーナーです。トレーナーとブルーデニムが決まるのは、10代、20代前半。近所へちょっと買い物程度ならいいかもだけど、ヒップ丸出しプラス女性らしさゼロ、アンドおしゃれ感の評価なし!なので、絶対NG。

ま、それほどオシャレに興味がなくて、ラクチンがイチバン!ならトレーナーとデニムでもいいけど・・・。

後は、先にも書いたけど、細身のデニム。これまた、体形がばっちり出てしまうので、ひざ下を見せるくらいの分量ならいいけど、短めのトップスじゃNGだと思います。

アラフィフファッションのカジュアルスタイルまとめ

以前、スパでダメージジーンズを履いていた40代の娘に、多分70代のお母さんが「孫じゃあるまいし、そんな破けたジーパン履くのはやめなさい」と言っていたのね。

その時私は、好きなモノ着せてあげればいいのに、私はおばあちゃんになってもダメージジーンズ履くし!と心の中で思っていました。

だけど、それから何年も経っていないのに、価値観は変わる。この価値観が変わったことに敏感でありたいな、とも思うわけです。

変化を恐れていたら、ファッションも古臭くなっちゃうし、オシャレなおばあちゃんにはなれないですものね。

いつもと同じが安心!なんて思っていたら、あっという間に古臭いおばちゃんになっちゃうかもしれないもん。ねっ!

オシャレって、失敗の数だけステキにつながる引き出しが増えているともいえると思うんですね。だから、これからもうんと失敗するかもしれないけど、そこから素敵なカジュアルスタイルを生み出したいと思っています。

それではまた。ちゃおっ