女性のための家トレヒント

有酸素運動前の筋トレが脂肪燃焼に効果的!大量発汗を促し美肌も手に入れちゃおう!


ごきげんよう、みかねーです。

有酸素系の運動を続けていても効果が出ない、と感じている方、運動は有酸素系しかしていない、という方、いらっしゃるのでは?

体を変えるためには、筋肉トレーニングが不可欠です。しかも効果的にトレーニングするための条件ってのもあり、それを知ってからは私もなるべく守るようにしています。

今回は、何故「有酸素運動」の前に筋トレをするといいのか?ということを掘り下げてみたいと思います。

少しでも筋トレをしてから、有酸素運動に移行すると汗の量が全く違います。

汗をかくことが脂肪燃焼にはつながりませんが、顎から汗が滴り落ちるのは実に気持ちいいですから。今まで汗をかけない体質だったのが嘘のようです。

発汗は「美肌にも効果的」「むくみも解消」と言われていますので、是非試してみてください。


何故、有酸素運動の前に筋トレがいいのか??

有酸素運動は脂肪を燃焼させますが、筋トレを行ってからの方が、より効果的に脂肪を燃焼させることができます。

筋トレによって「成長ホルモン」が分泌されますが、この成長ホルモンは、女性の美と健康に不可欠です。

成長ホルモンは筋肉や骨、皮膚を強くしたり、皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる働きがありますが、有酸素運動後に筋トレをした場合、成長ホルモンの分泌が妨げられることがわかっているそうです。

じゃあ、女子としては筋肉だの体脂肪だの燃焼だのという前に、成長ホルモンをなるべくたくさん分泌させるためにも 筋トレ⇒有酸素運動 という順番にすべきですよね。

大きい筋肉を鍛えるトレーニングは身体が温まるのも早く、短い時間で汗が流れてきます。その状態で有酸素運動を行うと、有酸素運動だけ行ったときと発汗量が全然違うので、爽快感もアップします。

汗をかくことでのデトックス効果は、根拠がないとされているけど、間違いなく爽快感はあるわけで、それは心の健康にもつながります。

プラス、汗で汗腺のお掃除が出来てるはず!ですし、筋トレで分泌される「成長ホルモン」が作用して、お肌の調子もよくなるに決まってます。

ただ、筋トレ後の息が上がるほどの有酸素運動はかえって逆効果、という説もあるので何を優先するかは、その人の目指す方向性によると思います。

有酸素運動をしているのに痩せないのは何故か?

そりゃあ、消費カロリー以上に食べていたら痩せません。

いくら動いていたって、運動後にビールを飲みつつつまみ食いをしていたら、せっかく消費したカロリーはプラスに・・・なりかねませんよね。

ただ、何もしていなければジワジワと肉が付いてしまうお年頃でもあるので、体を動かしているだけで、現状維持、または健康的にプラスという効果はあります。

有酸素運動は、ある程度続けていると体がその負荷に慣れてきて、体が省エネモードになっていくと言われています。

そこに、同じレベルの有酸素運動を続けていても痩せなくなるっつー面倒な理由が潜んでいるってわけですよ。

ちなみに私も、有酸素運動により最初の数か月で何キロか落ちたものの、それからは全く変わっていません。体脂肪率も上下しつつ、同じくらいの幅をキープしているって感じ。

筋肉を鍛えて代謝を上げることは、40代・50代女性のダイエットにはマストだと感じます。

筋トレ後の有酸素運動の強度

今までバーベル使用の筋トレプログラム後に強度の高い有酸素運動をしていた私。でも、調べてみるとどうやら激しい有酸素運動は、筋肉の分解につながる可能性があるため逆効果ならしいんですね。

「楽しいからOK」というのであれば、体を動かしているだけで意味はあるので、何をしてもいいんです。でも

  • 筋肉を育てたい
  • もっと目に見える効果がほしい
  • 効率よく運動したい

という気持ちがあるなら、筋トレ後の有酸素運動は適切な強度と時間が有効。

  • 早歩きくらいの強度
  • 20-30分程度

このくらいが適切、ということがわかってから、筋トレプログラムの後は有酸素運動をせず、ジムから自宅まで約15分ほどかかるため、歩いて帰る「ウォーキング」に置き換えてみました。

自転車でジムに行っている人なら、汗ばむくらいの速度で帰るのもいいかもしれません。家トレをしている人なら、筋トレ後に早歩きのウォーキングを是非。

ジムからの帰りは、ただ歩いているだけですが、冬でも家に帰るころにはかなり汗ばんでいるので、ちょうどいいかもなと感じています。真夏の晴天だとちょっとキツイけどね。

大量発汗を促し美肌も手に入れちゃおう!

有酸素運動だけをしたときより、筋トレ後に有酸素運動を実行した方が、明らかに汗の量が増えます。

筋トレは、有酸素運動より早く汗ばんできますし、汗ばんだ状態で有酸素運動に突入すると、もう発汗の準備ができているため、すぐに汗が流れてきます。

汗をかくことは美肌に効果的!汗をかくメリットを知れば必ず汗をかきたくなる汗をかいてデトックスができると思っている方はもういらっしゃらないと思いますが、発汗で体内の毒素は排出されません。だけど、汗をかくことは、美容にも健康にもとてもいいので、あまり汗はかかない日常を送っている方は、是非改善してみてはいかがでしょうか?...

発汗にデトックス効果も脂肪燃焼効果もありませんが、運動によって酸素の摂取量が増えて血行がよくなり、汗をかくことで代謝が向上することから、肌の血色や艶が改善してくると言われています。

発汗そのものは、ダイエットにつながりませんが、ストレス解消や代謝向上など、女性にとっては嬉しいメリットがあることをお忘れなく!

私のお悩み「ヒップ下のシワ」は筋トレで改善

ヒップアップに必要なのは殿筋を鍛えること以外にありません。服を着たときのシルエットは多少良くなるかもしれませんが、ガードルでヒップは上がりません。

【下着屋の裏話】ガードルにヒップアップ効果なし!ただ殿筋群を鍛えるのみ!20年の下着屋稼業の中で、たくさんの美しいインポートのサンプルやカタログを見てきました。 セクシーなベビードールに魅了されたり、レ...

実は私、自分のお尻を鏡に映して愕然としたことがあるんです。

太ももとヒップの間の皺、そしてたるみ。誰にも見せないけど、誰にも見られたくない!温泉に行ってもこれじゃかっこ悪すぎる!!と痛感。

そこからヒップアップトレーニングに集中。元々、貧弱扁平尻なので、それがプリッと揺れるような魅惑ヒップには仕上がりませんが、努力によって太ももとの境の皺は減りました。

自宅でできる40代・50代女性でも効果が出る簡単ヒップアップエクササイズ!ごきげんよう、みかねーです。 歳を取ると、身体に付いている肉全体がだらぁーーーっと下がってきませんこと? ヒップと太ももには...

太ももとヒップの間の皺は、まあ皮膚の経年劣化による弾力不足もありますが、肉が下がってくることでより酷くなるわけで、それなら筋肉を鍛えてダウンヒップを少しでも食い止めるしか他に方法はありませんから。

肉そのものを上げることはできなくても、肉の内側にある殿筋を鍛えることで、上に乗っている肉が自動的に上がる、という構造になります。

今は、鏡にお尻を映しても以前のような愕然とするほどのショックは感じないほどに仕上がってきています。

まとめ

だからね、50歳を過ぎてからだって全然遅くない。スタートする年齢は関係なく、鍛えればちゃーんと体は応えてくれます。

面倒だし、辛いし、単調だし、すぐに成果出ないし、だけどやればやっただけ必ずご褒美としての成果が見られるはず。

放置するのも自分、頑張るのも自分。年齢を重ねるごとに、自分を作っているのは、誰でもなく自分とすごく感じるようになりました。

それは身体だけのことではなく、心も頭脳も人との関係も環境も全てです。

だからこそ、毎日使う言葉や時間、自分の行動を大事にしていかなくちゃな、と思っています。とは言っても、ま・・なかなか難しいけどね。ここに書いておくことで、気を付けるようにしよーっと。てな感じですかしらん。

それではまた。ちゃおっ