第7波コロナ禍でスポーツジムを利用するとき気を付けたいことを再確認

効果的に楽しくジムを利用する方法

ごきげんよう、みかねーです。

コロナの終焉は見えず、第7波がやってきているようです。いいかげんうんざりですけどねぇ。

主流になりつつあるBA5株は、従来株より感染力が強いといわれているので、スポーツジムを利用する際、気を付けるべきことをもう1度しっかり確認してみましょう。

私もそうですが、最初は緊張感を持ってやっていたことも、長くなると気も緩みがちになりますからね。

2022年7月28日には東京で4万人強、先週は世界で感染者がイチバン多かったのが日本で96万人だそうです。

楽しく継続的にジムに通うために、個人でできることはしっかりやっておきたいものです。

スポーツジムの現状

私が通っているジムの現状になりますが、8月からスタジオプログラムの定員が増えます。

コロナになってからずっと定員を削っていましたが、多分第6派が去ったあと陽性者が減っていたことで決定したのだろうと思われます。

10人程度増えてもスタジオプログラムに参加しているときは、基本しゃべらないので、それほど大きな影響はないかもしれません。

でも、定員数が増えるということは、パーソナルスペースは確実に狭くなるし、以前は閑散としていたジムも、今年になってからじわじわと人が増えてきている感じがあるので、なおさら気を引き締めたいです。

スポーツジムを利用するとき気を付けたいこと

・マスク
・手洗い
・おしゃべりを控える
・ロッカールームやお風呂ではしゃべらない

基本中の基本ですが、この基本がすごく大事だと感じます。

マシンを使用したり、スタジオプログラムに参加した後は、すぐに手を洗う。

スタジオプログラムの終了直後はロッカールームが混みあうので、少しずらして使うことをおススメします。

マスクを外すロッカールームやお風呂では、しゃべらないことが基本です。

ロッカールームにもお風呂にも、こんな感じで「黙浴」と大きく書かれた張り紙がしてあります。

あるマダムが「ジムに来るとお友達に会えるし、おしゃべりができて楽しいの」と言っていました。

確かにそうなんです。ジムで話をする友達ができると、その人に会えたら嬉しいわけですよ。

私も日頃、1人でいることが多いからその気持ちはよぉーくわかります!

私が講じている対策

・ジムに長居はしない
・混む時間帯、混むスタジオプログラムは避ける
・マスクを使い分ける

こんなことを工夫しています。

ジムに長居をしないのは、せっかちだからスタジオプログラム間の30分を待っていられない!というのもありますけどね。

ラウンジでのおしゃべりは禁止になっていないので、この待ち時間こそおしゃべりの輪になるんですよ。

だから、基本1日1本の参加のみ。それでお風呂に入って帰ってきます。

好きなプログラムを取るか、空いているプログラムを取るか、これって究極の選択ですよね。

そもそも空いているプログラムは、はっきり言っちゃえば人気がないわけですから。

人気プログラムだと、予約スタート時間から秒で満員になる争奪戦ですものね。

以前はこうした人気プログラムにも参加していましたが、争奪戦に疲れ果て、今は余裕で予約が取れるプログラムだけにしています。

私は、他にもボクササイズは三茶のファイティングジム、パーソナルミットはピースフィットネスに通っているため、本当に好きなことはそこで満たされているのだろうと思います。

ファイティングジムの井上先生はキレイ好きだし、ピースフィットネスの矢島さんはお掃除の会社も持っているほどの掃除好きなので、どちらもジム内がいつも滅茶苦茶キレイで気持ちいいんです。

小さいジムだと人数も多くないし、ほぼ顔見知りで気楽、というメリットがあるかも。

マスクは心拍数が上がるプログラムの場合と、そうでないピラティスやヨガの場合で使い分けています。

心拍数が上がるプログラムだと不織布じゃどうしても苦しいので、ウレタンマスクにしますが、それ以外は不織布にしています。

まとめ

どんなに気を付けようと、リスクゼロにはなりません。どうしても怖ければ、今はジムに行かない選択をするのがイチバンのリスク回避だと思います。

そんなことはわかっているけど、ジムには行きたいわけよ!という私のような人たちは、今一度やるべきことを徹底的にやる!

シンプルですが、それがイチバンじゃないでしょうか?

運動を継続することはたくさんのメリットがあるので、そことのバランスやそれぞれの考え方で選ぶ道は違ってくるだろうと思います。

でもさぁ、早くマスクなしで思いっきり動きたいよねぇ。もうマスクジムも3年目ですから。

早く収束に向かうことを願って、そして更なる広がりを防ぐためにも、個人でできることをしっかりやっておきましょうね。

それではまた、ちゃおっ

 

みかねーみかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今はジム通いが日課のジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、あなたの「運動してみようかな」のきっかけになったら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みかねーみかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今は毎日の日課がジム通いのジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介したくて日々ブログを更新しています。 あなたの「運動してみようかな」を後押しできたら幸せです!

月間ランキング

  1. 1

    肩の肉の盛り上がりは太って見えるし老け見えする!その原因と落とし方

  2. 2

    40・50代の気になる二の腕を細くする簡単な方法でノースリーブも怖くない

  3. 3

    50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ7選

  4. 4

    あと3キロ痩せたいなら40代で!その理由と2か月で無理なく落とす方法

  5. 5

    50代女性が体脂肪率を減らすために知っておくべき仕組みと方法

Twitter でフォロー

TOP