ジムウエア&シューズ

最終更新日: 2021.05.1

微粒子を99.9%以上キャッチする分子マスクをジムで使ってみた感想

ごきげんよう、みかねーです。

コロナ禍も長くなり、日常生活でマスクは必需品になりました。

それはスポーツジムでも例外ではなく、今はどこのジムでも運動時にマスク着用が義務付けられています。

とは言え、呼吸が荒くなる運動だと、多少慣れてきたとはいえマスクを着用しているとかなり苦しい。

私は、ウレタン製の「PITTA」を愛用していますが、これは生地の目が粗く、飛沫量が吹きだしも吸い込みも不織布マスクに比べるとかなり劣ってしまいます。

そこで、クラウドファンディング「MAKUAKE」にあった、日本におけるナノファイバーの第一人者である東工大の谷岡名誉教授が発明した最新ナノファイバーを使用した「分子マスク」を購入してみました。

実際にジムで使ってみた感想をご紹介いたしますね。参考になりましたら嬉しいです。

微粒子を99.9%以上キャッチする分子マスク

私は黒、白、ベージュの3枚を購入。

これはベージュ。個別包装になっていました。

分子マスクは100ナノメートルの微粒子を99.9%以上キャッチする、東京工業大学の谷岡名誉教授が発明した最新ナノファイバーフィルターを使用。

分子マスクは通気性がよいため、自然なフォルムでもマスクの正面からの吸気割合が一番大きくなります。

分子ラボより

微粒子キャッチ力と呼吸がしやすい通気性は反比例すると思うんだけど、分子マスクはどうやらそれを解決しているのかも、と感じたことが購入の動機になりました。

今治製のオーガニックコットンを使用しているため、肌触りは最高です。100回洗ってもマスクの効果は持続するのだそうです。

分子マスク詳細
・吹き出し飛沫量 99%カット
・吸い込み飛沫量 99%カット
・マスク本体の素材 オーガニックコットン100%
・内側のナノファイバーフィルターはペットボトルを再生したPET樹脂
・価格 税込¥4,378/1枚
分子マスク 公式サイト

ジムで使ってみた感想

下着屋をやっていた頃から、素材にうるさい私。今治製オーガニックコットン使用、ってとこにも大きな魅力を感じていたんだけど、そこは裏切られませんでした。

ウレタンのマスクだと確かに呼吸は楽なんだけど、心拍数が上がって呼吸が荒くなると、呼吸の水分を吸収してくれないので、マスクの中が濡れてきちゃうんですね。

分子マスクは、どれだけ長時間着けていても肌に全くストレスを感じなかったので、日常使いのマスクとしては格別でした。

で、ジムで使ったときはどうだったか?

心拍数にもよるかな、と感じました。

ピラティスやヨガのようなそれほど心拍数が上がらない動きだと、全く問題なくつけていられたし、肌触りがいいためストレスフリーで快適でした。

でも、強度の高いホットヨガクラスで使用したときは、終盤多少の息苦しさを感じたので、激しい運動になるとやっぱりウレタンマスクの方が呼吸は楽です。

それでも、ウレタンマスクのように内側に水分が溜まることはないし、生地が濡れて肌に張り付く感じも全くありませんでした。

これは顔に当たる裏側のズーム。ガーゼのような生地になっています。

この画像じゃよくわからないけど、分子マスクは構造の関係からか、普通のマスクに比べると多少厚みがあります。

コットン素材だからか、洗ったら若干縮んだように感じたので、洗った後はしっかり叩いたり伸ばしたり成形してから干した方がいいと思います。

耳に掛ける紐に伸縮性はないけど、アジャスター付きで調節できるため、動いていてもストレスは感じませんでした。

マスク本体も立体的なデザインになっているため、動いてもズレなかったし、適度に口周りには余裕があって息を吸うときにマスクが張り付くこともありません。

私としては、激しい有酸素運動のときはウレタンマスクを使用、それほど息が上がらない運動のときは分子マスクと使い分けるという結論かな。

まとめ

吹き出しも吸い込みも飛沫量が99%カットは優れものだと思うけど、1枚税込¥4,378はちょっと高価ですよね。

でも、個人的にはマスクを使い捨てることに抵抗があるし、不織布の息が籠る感じ、肌に触れる感触が好きじゃないため、これからも快適マスクを探していきたい。

コロナによって全ての人がマスクをするようになり、スポーツジムでもペーパータオルを使って器具やマットを毎回消毒するようになり、テイクアウトが増加したことで使い捨て容器の使用が増え、グッとゴミの量が増えただろうなぁと思うわけです。

だから、せめて毎日使うマスクは使い捨てじゃないモノを選びたいかなと。

でも、自分はよくても人に対する飛沫迷惑をかけないよう考えなくちゃいけないし、それを満たしてくれたのが分子マスクでもあるわけです。

スポーツジムが大好きで毎日通いたい私としては、そこで感染が拡大しないよう、なるべくしゃべらず寡黙に運動し、静かにお風呂に入って帰ってくるよう心がけたいと思っています。

また違うマスクを購入したら、感想をアップしてみます。

みなさんも気を付けつつ、免疫力をアップし、気持ちを安定させる効果もある運動を楽しんでくださいね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. ジムウエア&シューズ

    「ミズノウエーブダイバース」がスポーツジムシューズにおすすめな理由を口コミ

    ごきげんよう。みかねーです。スポーツジム生活が長くなると、ウエ…

  2. ジムウエア&シューズ

    おしゃれな40代/50代女性のトレンドスポーツウエアの違いと着こなし

    長年スポーツジムに通っていると、服と同じようにスポーツウエアにもトレン…

  3. ジムウエア&シューズ

    ジムバッグを夏仕様にしてみました!最強の軽さで女性に激しくおすすめの1品

    ごきげんよう、みかねーです。ジムマダムたちは、どんなジムバッグ…

  4. ジムウエア&シューズ

    ヨガ&フィットネスウエア「aloアロ」の海外サイトで購入した感想とサイズ感

    ごきげんよう、みかねーです。自粛生活に突入してから、ほぼ毎日ジ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ダイエットからの食事制限じゃなく運動が当たり前になると食事が…
  2. 睡眠の質を上げるための必須アイテムはパジャマ!何を基準に選ぶ…
  3. 「ジェントルメン」はガイ・リッチーワールド炸裂のオシャレで痛…
  4. ドラァグクイーン「イルローザ」さんのトレーニング動画で楽しく…
  5. 四角いお尻やヒップのたるみを改善したいならインナーマッスルト…

Pick up

  1. 50・60代のボディメイク

    「正しい姿勢の作り方」1日1回自分の姿勢を整えて体に覚えさせよう
  2. 50歳からのダイエット

    ダイエットに食事の摂取カロリー制限は必要なしという新常識と参考メニュー
  3. フィットネス&エクササイズ

    ピラティスは筋トレ?どんな効果がある?向いているのはこんなタイプの人
  4. 50・60代のボディメイク

    膝上の肉を落としたい!ジュゴンの顔のような膝になっちゃう原因と対策
  5. 効果的なジムの通い方

    三日坊主にならずにスポーツジム通いを続ける5つのコツ~女性編~
PAGE TOP