Pocket

年齢と共にあちこちに張りがなくなり柔らかくなってきて、徐々に下垂してくる現実と戦わなければなりませんよね。それはバストも同じこと。

そこで、アラフィフになるとブラ選びに悩みが生じるかと思いますが、「美しく形を整える派」と「とにかくラクチン派」「あるものを着ける派」に分かれるような気がします。

ブラは、着用感に大きく好みが反映されるので、正解はありませんが、下着屋歴20年の私の話しが少しでも参考になればと思い「アラフィフブラの話し」をまとめてみようと思います。

 

アラフィフブラ選びその1 美しく形を整える派

キレイなバストメイクを目指しているアラフィフにとってマストなのが、柔らかい胸回りをしっかり整えてくれること。

背中や脇、腕の付け根などにある柔らかい肉をブラでカバーし、服を着た時になるべくボコボコした段差が出ないようなブラの条件は

  • サイドパネルからバックベルトが比較的広いこと
  • 肩のストラップがしっかり太めであること
  • バストの大小にかかわらずバストを包み込む形状であること



HEAVEN Japanが「脇肉キャッチャー」という商品名で販売しているブラは、脇や背中の柔らかい肉をしっかりとホールドしてくれる作りになっています。

背中はホックが3個付いて、ベルトも幅広く作ってあるため、背中に「段」ができにくいよう工夫されています。

しかもフルカップではなく3/4カップなので、脇をブラの中に閉じ込めることで谷間ができるようになっています。

が・・個人的には、アラフィフは谷間を強調しすぎない方が、エレガントかなと思うので、サイズ選びが重要になります。

補正系のブラは、バスト周りの肉を集める設計になっているので、スタンダードなブラと同じサイズで購入すると、カップがやや小さいと感じることも多いので、その点を注意して選ぶことが大事。

アラフィフブラ選びその2 補正系おススメ国産ブランド「KIYA」

デザインや色に種類があるので、どんなバストを目指したいか?という目的別で選ぶことができるので、国産ブランド「KIYA キヤ」のブラはおススメです。



こちらのKIYA3990番は、リフトアップを目的として作られているので、厚手のパットが入っていますが、

高さを作るバストメイクは、年齢的に全体のバランスがよろしくないと思うので、アラフィフ女性にはパットは取り外して使うのがおススメ。




同じKIYAでもバスト全体を包み、脇もしっかりホールドしてくれる6660番フルカップはこちら。グラマーバストさんには、柔らかくなった肉全体をしっかりと包み込んでくれる絶対にこちらがおススメ!

アラフィフブラ選びその3 とにかくラクチン派

若い頃はオシャレ心が最優先で、「伊達の薄着」という言葉があるように、多少のことは我慢できたけど年齢を重ねることに「ラクチン」が優先してきますよね。これはすごーくよくわかります。

かと言って、バストをきちんと支えてくれるブラを着けていないと、下垂に拍車がかかるし、ハの字に広がってしまうことに。

パット付きのインナーを着ている方をスポーツジムでも多く見かけますが、あれは脇も背中も支えておらず、バストにパットを貼り付けてアンダーのゴムで固定しているだけなので、毎日それだけで過ごすのはおススメできません。

窮屈は嫌だけど、適度にバストを支えてくれるおススメブラは「ナイトブラ」とか「ルームブラ」という名称で販売されているモノ。

「美容クリニック」との共同開発をしているシーオーメディカルの【ふんわりルームブラ】は、全9色で服に合わせて、またはショーツに合わせて選べるのも大きなポイントです。

  • ノンワイヤーなのにバストラインをキープ
  • パワーネットでしっかりバストをホールド
  • 幅広のパワーネットでワキ肉もキャッチ



ブラをしていて一番ストレスになるのは、アンダーワイヤーとバックホックだと思うのですが、「ナイトブラ」または「ルームブラ」と言われているものは、ワイヤーもホックもないため、着用ストレスが軽減されます。

「ふんわりルームブラ」は背中にホックは付いていませんが、前にホックがあり、それによってバストの下を支える強度を調整できるようになっています。

アラフィフブラ選びその4 あるものを着ける派

はっきり申しまして、「頓着しない」ということは、あまりオシャレに関心もないだろうし、自分の肉体が衰えていくことに対してもさほど嘆きはないだろうし、まあそういう意味では幸せとも言えるかもしれないわけだし、周りがとやかくいうことでもないので、Going my way!でよろしいかもなぁーと思います。

所詮、オシャレなんてのは大いなる自己満足。

肉体の衰えを気にして私のようにトレーニングに励むのも、同じように大いなる自己満足。

それらが全く気にならず我が道を行く女性にとって「ブラ」なんてものは、単なる物質にすぎないわけで、そこをこだわらなきゃいけない理由はお持ちでないと思います。はい!

個人的におススメのブラ

インポートの下着が大好きで下着屋になったので、個人的には機能より見かけ重視。

とは言っても、年齢的に下垂やら柔らかくなった肉質とは戦っておりまして

「見かけ重視の下着」にこだわりたいからこそ、筋トレをしている!と言っても過言ではないですが・・

その中で、見かけは文句なく素晴らしく、着け心地にもストレスがない長年の下着屋生活で一番好きなのが「フランスAubade」のハーフカップブラです。




これはオーバドゥの定番「バイア」シリーズのハーフカップブラですが、このコットンレースに出会ってオーバドゥの虜になりました。

多分、私の胸に合っていたのだと思います。ノンパットでワイヤーは入っていますが、そのワイヤーで柔らかくなったバストも苦しくなく支えてくれて、ボリュームアップは全くしませんが、優しい自然なバストメイクをしてくれます。

これがあれば他のブラはしたくないほど好きです。

ただ、1枚レースなのでバストトップが気になるときはシームレスやパット付きブラも使用しますが、パット付きブラで好きなのは1995年にイタリアでの生産を開始した「フォルメンテーラ~by STUDIO SHINNO~」

圧迫感が少ないパターンでなければならないという考えのもと

「美しく、快適」をコンセプトに作られたイタリアメイドの日本ブランドです。



日本で企画しているブラですが、サイズ展開がイタリア式なので、これはフィッティングをしてからの購入をおススメします。

私はいつも青山の「ブティックシーン」にお邪魔して、オーナーの國保さんにアドバイスをいただいています。

オーバドゥと同じようにハーフカップであることがラクチンな着け心地の理由だと思いますが、ストラップもバックベルトも比較的細めなので、ボリュームバストさんには不向きかな。

ブティックシーン國保さんの本

フォルメンテーラを購入するときは、青山のブティックシーンに行きますが、オーナーの國保和子さんは業界のレジェンド。私のねーさん的存在です。





國保さんが手に持っていらっしゃる國保さんの著書「大人女子はブラ・ショーツで体型を変える」という本は、下着全般に迷いが生じるお年頃の女性にぴったりな1冊。



左が私、右が國保ねーさん。この日もフォルメンテーラを購入し、お寿司をごちそうになって帰ってきました。

ブティックシーンは、KIYAも取り扱っているので「バストが柔らかくなってきて今のブラが合わないかも」とか「手持ちのブラのサイズが合っていないかも」とか「もっとフィット感のあるブラが欲しい」と思っていらっしゃる方は、是非プロの手を借りてベストな1枚をお探しになるといいかと思います!

何か下着に付いてご質問等ございましたら、メッセージをお寄せくださいませね。女性限定です。男性からのメッセージにはお答えできませんのであしからず。

それではまた。ちゃおっ


スポンサーリンク