ダイエット&ボディメイクおすすめ本

最終更新日: 2021.02.12

体幹トレーニングの正しい知識と方法がよくわかる中野ジェームズ修一氏のおすすめ著書

ごきげんよう、みかねーです。

アラフィフボディに大切なのは「体幹」を鍛えること。先日、本屋に行ったとき目に飛び込んできたのが、中野ジェームズ修一氏の著書「体幹を鍛えると、おなかが出ない、腰痛にならない」という一冊でした。

以前、体幹トレーニングのひとつでもある「プランク」でぽっこりお腹は凹むか?という挑戦をしてみたくて、10日間だけ毎日プランクを実施してみました。

その結果がこちら

10日で1センチマイナスにはなりましたが、同時に体脂肪率も減少していたので気が緩み、その後もプランクは続けていたものの、食生活がやや乱れてしまいマイナス1センチ以上の結果は出ませんでした。

それでも「体幹」に対する興味が薄れることはなく、全ての女性に鍛えてほしい部位でもあるので、中野ジェームズ修一氏の著書「体幹を鍛えると、おなかが出ない、腰痛にならない」を購入してきました。

それでは、本のご紹介をさせていただきますね。

体幹トレーニングの正しい知識と方法がよくわかる1冊

そもそも体幹とは?

最近よく聞くけど、そもそも体幹て何でしょう?

お腹の筋肉のことではないので、腹筋運動イコール体幹トレーニングだと思っていたら間違いです。

腹筋は、お腹周りにある筋肉の総称であり、中央縦にあるお腹の筋肉は「腹直筋」。お腹の脂肪がなくなってくると、ゴツゴツと割れた「シックスパック」と言われる、目に見える状態になった腹直筋です。

体幹とは胴体にある腹筋や背筋などを含む、身体を筒のように支える筋肉の集まりを指します。

だからこそ、筒がしっかりしていれば、正しい姿勢が取れるし、お腹も出ないし、腰も守られるってことです。

そして、中野ジェームズ修一氏の本には、その筒にあたる体幹について、とてもわかりやすく詳しく解説しています。

正しい体幹トレーニングとは?

とても印象的だったのは、ブームだからと言って「体幹トレーニング」だけを実行するのではなく、まずは大きな筋肉がある下半身を鍛え、基礎体力を向上させることが大事、という点でした。

足腰が弱ってくると、疲れやすくなったり、つまずきやすくなりますよね。

その状態で、「そっか!体幹を鍛えればいいのか!」と体幹トレーニングに励んでも、下半身の筋肉は強くなっていないので、元々の問題点は解決しない、ということになってしまいます。

だから、アラフィフ女性には、下半身筋トレがマスト!なんです。

ご紹介する本には、イラスト入りで呼吸法や体幹トレーニングが何点か紹介されています

しっかり読んで、自分には何が必要か、どの方法が適しているかを見極めることも大事です。

体幹トレーニングだけではない

体幹トレーニングについてだけではなく、日常生活における動作やハイヒールを履いたときに体に起こること、ベッドマットの選び方などについても書いてあり、とても参考になります。

いくら体幹トレーニングを実行しようと、やはり体を作っている「食べること」がおろそかになっては、効果は半減。

食についても非常に参考になることがわかりやすく書いてあります。

個人的には、この「食」についてがイチバン参考になりました。

中野ジェームズ修一氏のおすすめ著書

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」
価格:648円(税込、送料別) (2019/6/3時点)

楽天で購入

 

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー、フィットネスモチベーター。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。

日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。

「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。

2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。

新潮社 中野ジェームズ修一氏プロフィールより

体幹トレーニングで実感すること

とにかく、プランクという体幹トレーニングを誰にでもおススメしている私。その理由は、何も使わず簡単にできるし、時間もかからないから。

スポーツジムに通っていて、初期の頃と変わったと実感しているのが、以下の3点。

姿勢をキープしていられるようになった
ボクシングでのパンチの際、軸がぶれなくなった
久しぶりにハイヒールを履いてもスッと歩ける

ボクシングのパンチは、腕だけでなく腰から回転させて行うため、体幹に筋力がないと腕の動きに体が持って行かれちゃうんです。それが改善していると感じています。

それと姿勢。どんなに姿勢を正しく矯正しても、体幹の筋力が衰えていると、その姿勢をキープできないんですね。

最近は、ハイヒールを履く機会がほとんどありませんが、久しぶりに履いても全くぶれずに問題なく歩けたときは、自分の体幹の筋肉が鍛えられたことを感じました。

だからこそ、若々しく見せたいなら、顔のお手入れと同じくらい、美しい姿勢がキープできる体幹を鍛えることを激しくおすすめします。

とても参考になる1冊でしたので、体幹にご興味のある方は是非。

それではまた。ちゃおっ

関連記事

  1. ダイエット&ボディメイクおすすめ本

    ダイエットにはカロリー制限より糖質制限だということがよくわかる1冊

    ごきげんよう、みかねーです。あらゆる情報は、日々更新されていま…

最近の記事

  1. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  2. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…
  3. 筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」…
  4. アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない…
  5. 「見た目維持に疲れた50代」から考えてみた若く見える女性6つ…

Pick up

  1. 美ボディメイク~食事編~

    「もち麦は効果あり!」を実感したダイエット方法を口コミ!20日間で体脂肪1.8%…
  2. パーソナルトレーニング&ジム

    食事指導なしでトレーニングだけしたい女性が安く通えるパーソナルトレーニングジム
  3. 50歳からのダイエット

    本気ダイエットスイッチが入ったら公言すると継続のモチベーションになる
  4. 50・60代のボディメイク

    筋肉の柔軟性が必要なのは顔や頭も同じ!ほうれい線対策に側頭筋ほぐし
  5. 美ボディメイク~食事編~

    手軽な簡易ファスティング半日断食「8時間食事術」を試してみた感想
PAGE TOP