ジム&スタジオ情報

最終更新日: 2021.06.3

冷え性は痩せにくい!冷え対策もできる女性専用フィットネスジム「ボディーズ」

ごきげんよう、みかねーです。

実はダイエットに冷えは大敵。

女性は冷え性が多いし、熱は筋肉で作られているため、加齢によって筋肉量が減ると熱の生産量も減って代謝も落ちてしまいます。

冷えを解消する方法はいろいろありますが、今回は冷え対策とトレーニングが一緒にできる女性専用フィットネスジム「ボディーズ」をご紹介したいと思います。

冷え性は痩せにくい!

冷えはダイエットの大敵です。

・血液やリンパの流れが悪くむくみやすい
・代謝が上がらない
・熱生産量が少ない

体が冷えていることでこのようなことが起こってきますが、血液やリンパの流れがよろしくないと酸素や栄養素が潤滑に運ばれにくくなります。

それは、筋肉にも関係していて、足元に下がってきた血液を心臓に送り返すポンプの役割をしているのがふくらはぎの筋肉。

筋肉は、リンパ液の循環を助けたり、体温を維持するための熱を作り出しているため、筋肉量が減る ⇒ 体温が上がらない = 代謝が落ちる ⇒ 痩せにくい ということになってしまいます。

体が熱を作り出すためにはエネルギーが必要になりますが、そもそもの熱生産量が少なければ必要エネルギーが上がらない、と言うことになるため、冷え性だと消費カロリーも上がりません。

冷え対策はいろいろありますが、ダイエットには冷えが大敵!ということがご理解いただけたでしょうか。

まずは、筋肉をしっかり使ってあげることがとっても大事。

「ボディーズ」の冷え対策とは?

でね、何故ボディーズで冷え対策ができるのか?というのは、ゲルマニウム温浴設備が併設されているから。

以前、痩身エステに通っていた時、私もゲルマニウム温浴を体験しましたが、すごく温まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bodies(@bodies_official)がシェアした投稿

こんな感じに肘から下と、足は足首より少し上からゲルマ二ウム粉末を溶かした42~43℃のお湯に浸けます。

皮膚から浸透したゲルマニウムが血液とともに全身を巡り、短時間で発汗を促し全身が温まります。

私が体験したのはジムに通う随分前のことで、いつも手足が冷たい冷え性でしたが、ゲルマニウム温浴に浸かっているとじわぁーっと汗が出てきました。

1回20分の温浴で約600kcalのカロリー消費

個人差はあるだろうけど、発汗しにくい人にはすごくおすすめです。

汗をかいてカロリーを消費すると、その後も体の温かさが持続するし、身体全体がお湯に浸かっているわけではないのでのぼせる心配もないですしね。

繰り返すうちに、冷えが改善していくことも考えられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bodies(@bodies_official)がシェアした投稿

女性専用フィットネスジム「ボディーズ」

トレーニング内容

レッスンは、1回30分のマシンとインターバルトレーニング。

8種類のマシンとインターバルを30秒ずつ繰り返し、脂肪を燃やしながら、女性らしいしなやかな筋肉を目指します。

以下の8種類のマシンで全身の筋肉を使っての運動になりますが、スタンダードなジムのマシンよりパワーのない女性向きになっているため、年齢や体力に関係なく行うことができます。

・レッグプレス-脚やヒップの筋肉
・チェストプレス-胸や腕の筋肉
・スクワット-脚やヒップの筋肉
・ロータリー・トーソー-背中やお腹の筋肉
・レッグ・エクステンション-脚の筋肉
・ショルダープレス-肩回りの筋肉
・ヒップ・アダクター-太ももやヒップの筋肉
・アブドミナル-背中やお腹の筋肉

スタジオ会員だと1回¥1,000でヨガレッスンにも参加できます。

スタジオ一覧はこちらから

料金

ゲルマニウム温浴のないコース、ゲルマニウム温浴のみのコースもありますが、下に表示した月会費はゲルマニウム温浴とサーキットトレーニングのコース価格です。

レギュラー会員 全日 10:00 – 22:00
¥11,970
デイ会員 平日 10:00 – 17:00
¥10,970
アフタヌーン会員 平日 13:00 – 17:00
¥9,970
ナイト&ホリデー会員 平日 17:00 – 22:00、土日祝 10:00 – 22:00
¥10,970

その他、入会金 6,600円・事務手数料 1,500円がかかります。

今ならお試しレッスンが無料【Bodies】

おススメするポイント

冷えは痩せにくいので、その対策としてゲルマニウム温浴を利用し、血液循環を良くして筋肉量の減少に歯止めをかけるためにサーキットトレーニングをする。

冷えがなかなか改善しなくて痩せにくくなっている人にとっては、同じ場所で両方できるって大きな利点だと思うんですね。

会費は、少しお得な年払い制度もあるので、もう腹をくくって年払いをしちゃう!そうすれば勿体ないから、何が何でも通います。私なら。

料金プラン

ひとりで家トレは継続がなかなか難しいけど、とにかくスタジオに行っちゃえばやるっきゃないですから。

同じようなシステムのカーブスに幼馴染が通っていたんだけど、通っていた時は体調がよかったし痩せたと言っていました。

両親の看護があってカーブスは退会して、その後、激しい糖質制限で一時期すごく痩せたんだけど、糖質制限を止めたらリバウンドしちゃったんですね。

その話を聞いたとき、食生活はほどほどにして、そのままカーブスを続けていたら・・・と残念に思いました。

1回たった30分ですし、細々とでも続けていたら大きく筋肉が衰えることもないですからね。

今ならお試しレッスンが無料【Bodies】

みかねー日記

だいぶ暖かくなってサンダルの出番も多くなってきたので、久しぶりにネイルサロンに行ってきました。

夏を意識してターコイズ。いやー、テンション上がります。

ホットスタジオでのピラティスやヨガは裸足なので、これでもっと楽しく動けます。たかが爪なんだけど、とっても嬉しい。

帰宅後は、オイシックスのヴィーガンキットで昼食。

きょうは肉の替わりに厚揚げで仕上げるカシューナッツ炒め。全然ヴィーガンではないんだけど、あまり肉が好きではないので、オイシックスのヴィーガンキットは重宝しています。

そして今ブログを仕上げていて、夜はホットヨガ。ナイスな1日でございます。

まとめ

歳を取ればとるほど痩せにくくなるし、筋肉が減少することで代謝は落ち、熱の生産量も減り、それによる不具合がいろいろと出てきたりしちゃうわけです。

それをどうするか?と言ったら、自分でコツコツと努力する以外にありません。

でもね、孤独に努力するのって、苦しいじゃないですか。でも、とりあえずスタジオなりジムなり、行ってしまえば同志がいるわけです。

50代、60代になったら自分の健康やボディラインはある程度、自己責任でもあると思うんですね。

四の五の言わずにとにかく動きましょう!!

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. ジム&スタジオ情報

    スポーツクラブ大手9社を比べてみました

    複数の店舗を運営していて、プールやフィットネススタジオ、マシンエリアを…

  2. ジム&スタジオ情報

    女性がフィットネス感覚&ダイエット目的で通えるボクシングジム東京編15選

    ごきげんよう、みかねーです。女性の間でもダイエットやボディメイ…

  3. ジム&スタジオ情報

    RIZAP「EXPA」のトリプル無料キャンペーン!孤独ダイエットに挫折した女性必見

    ごきげんよう、みかねーです。リバウンド経験がある女性、孤独なダ…

  4. ジム&スタジオ情報

    パーソナルトレーニングジムとスポーツジムの違い|どっちを選ぶべきか迷ったら

    ごきげんよう、みかねーです。パーソナルトレーニングジムは、スポ…

  5. ジム&スタジオ情報

    暗闇ボクシングフィットネス大阪8選|暗闇と音楽で心身開放&ストレス発散

    ごきげんよう、みかねーです。今回は大阪にある、暗闇スタジオで行…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体重減とスタイルを整えることは違う!タイプ別適切なダイエット…
  2. U-NEXTでファイナルまで観られるおすすめ海外クライムサス…
  3. 「MY600-LB LIFE」から考えてみたストレス食べから…
  4. ジムシューズに中敷きインソール「CCLP」を使ってみた感想を…
  5. 股関節の働きと柔らかさのメリット|毎日できるおすすめ簡単スト…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    50代女性の体重増加の原因と痩せるために見直す生活習慣4つのポイント
  2. 女性のための家トレヒント

    腹筋クランチで首が痛くなる人必見!首が痛くならないトレーニング特集
  3. 美ボディメイク~生活編~

    更年期症状が表れる前にセロトニンを増やす2つの方法を知ってストレス耐性を強化しよ…
  4. 女性のための家トレヒント

    目指せ背中美人!50代からでもできるおすすめの簡単エクササイズ動画5選
  5. 50・60代のボディメイク

    腰痛に対処するため試して効果が感じられた動画と予防ストレッチ
PAGE TOP