美ボディメイク~生活編~

最終更新日: 2020.08.3

汗をかくことは美肌に効果的!汗をかくメリットを知れば必ず汗をかきたくなる

ごきげんよう、みかねーです。

みなさんもご存知かと思いますが、体内の毒素は尿か便によってしか排出されないので、発汗にデトックス効果はありません

だけど、汗をかくことは、美肌効果につながるので、あまり汗をかかない日常を送っている方は、改善してみてはいかがでしょうか?

私は若い頃、サウナに入っても肌が乾燥するだけで汗をかけなかったため、サウナが苦手でしたが今は大好きです。

大人になってから、顎から滴るほど汗が出たときには、軽く感動すら致しましたですね。ものすごく気持ちいいですから!

ということで、発汗の効果を探ってみたいと思います。汗かくメリットを知ればもっと汗をかきたくなりますよ、きっと。

そもそも発汗とは何か?

汗は皮膚にある汗腺というところから出てきます。

汗には2種類あり、ひとつは全身にある「エクリン腺」から出て体温調節をする無味無臭の汗。もうひとつはカラダの限られたところにあって、毛根に開口部がある「アポクリン腺」から出る汗です。

ちなみに汗が出る穴と、毛穴は別なので、汗をかいたからと言って毛穴の汚れも一緒に出てくるわけではありません。

汗をかくことは美肌に効果的!

汗をかいてデトックス、または汗をかいて毒素を排出、こうした文言を見かけますよね。でも、発汗で体内の毒素は排出されません。

体内にある不要なものは、全て尿か便によってしか排出されないため、発汗にデトックス効果はありませんが、プロのメイクさんにお会いしたとき、「運動を習慣にしている人は肌がきれい」とおっしゃっていました。

運動習慣により心肺能力が上がるため、酸素の摂取量が増えて血行がよくなる。代謝向上して、肌の血色や艶が改善する。

このような働きによるものだと思います。

大量に発汗して一時的に体重が減ったとしても、体内の水分が体外に排出されただけのことなので、また同じ量の水分を補給すれば体重は元に戻るためダイエット効果はありません。

ただ、汗をかくと気分的にすっきりするので、リフレッシュ効果はあると私は感じています。このリフレッシュ効果もストレス解消となって、お肌にいい影響があるはず!

汗をかく4つのメリット

汗をかくイチバン大切で大きな意味を持っているのは、体温調節です。夏になって外気温が上がると汗が出るのは、上がった肌表面や体温を下げるため。

運動をしたときは、体温が上がるため汗を出して調節しているってことになります。

発汗の大きな4つの効果
・代謝を上げる
・血流促進
・体温が上がる
・ストレス解消

代謝が上がることはダイエットにつながるし、血流が促進されれば凝りやむくみの改善になるし、体温が上がれば免疫力が上がります。

そして、汗をかくとすっきりするので、ストレス解消につながります。

お風呂で汗をかくなら、こんな方法でカロリー消費。

私たちの生活は、エアコンで快適に室温調節ができるようになっているため、真夏でも汗をかく機会が減っています。

汗は体温調節の役割を果たしているため、その調節機能を正しく働かせるためにも、汗をかくことはとても大事。

汗をかかない生活をしている人は、熱中症になりやすい傾向もあるため、時には「汗活」をしてみましょう!

習慣になると早く汗が出るようになる

何でも同じだと思うのですが、習慣になっていることは簡単にできるようになりますよね。

例えば、早起きが習慣になっていれば早く起きることは苦じゃないけど、朝寝坊が当たり前の生活をしていると早起きは苦行でしかない。

汗の習慣も同じなんです。

運動習慣があって汗をかきなれている人は、そうでない人に比べると汗をかき始めるまでの時間も短く、量も多いことがわかっています。

サウナで肌がカサカサになっていた頃の私は、汗をかき慣れていなかったし、汗をかく習慣が全くありませんでしたからね、当然と言えば当然で、その頃は冷え性で体温も低かったです。

効果的に汗をかく方法

大きな筋肉を動かすということは、大きなエネルギーが必要となるため、有酸素運動以上に早くじんわりと汗が出てきます。是非、試してみてください。

寒い部屋でやっていても、スクワットやランジ(写真の運動)を本気で15回ほど実行すると、体の中がじんわりと温まってくるのを感じられると思います。

滴るほどの汗が出なくても、体の中が温まってくる感覚が大事です。

しかも運動習慣が身に付くと、身体の反応がよくなり温まる感覚をより早く感じられるようになります。

大きな下半身の筋肉を鍛える方法は、是非こちらをご参考ください。時間もかからないし、自宅で何も使わず簡単に行えます。

汗をかいた後に気を付けること

汗をそのままにしていると冷えてきますし、汗が蒸発するときに表面の水分も奪われてしまうので、早くふき取ることが大事です。

更に、体内の水分が不足しがちになるので、マメに水分補給することも大事。

汗をかくと心も解放され、少しくらいイヤなことがあってもあまり気にならなくなります。是非、運動を習慣化して、ケセラセラな毎日を!

それではまた、ちゃおっ。

関連記事

  1. 美ボディメイク~生活編~

    前に入った肩を瞬時に解消する方法!何故、肩は前に入っちゃうのか?

    ごきげんよう、みかねーです。前に入りがちな肩を「あらよっと!」…

  2. 美ボディメイク~生活編~

    睡眠不足が太る原因になるのは何故?良質な睡眠をとるための工夫

    ごきげんよう、みかねーです。先日、ドクターが監修したというぐっ…

  3. 美ボディメイク~生活編~

    女性の疲れやすい原因は姿勢かも?疲れにくい身体を作るためにすることは?

    ごきげんよう、みかねーです。誰でも歳と共に体力は落ちてきますが…

  4. 美ボディメイク~生活編~

    快適な睡眠をとるための重要なアイテム「寝具」をもう少し掘り下げてみよう

    ごきげんよう、みかねーです。女性美容やダイエットにおいて、快適…

最近の記事

  1. 体側伸ばしストレッチを習慣に!その効果と意識すべき3つのポイ…
  2. クライムアクション映画「21ブリッジ」は揺るぎない正義感とス…
  3. エクササイズバンドを使ったおすすめの二の腕を引き締めるトレー…
  4. 高尾美穂先生のヨガと女性の悩みを解き明かす「リアルボイス」が…
  5. 吉野式「空腹睡眠ダイエット」は方法もさることながら吉野語録で…

Pick up

  1. アラフィフファッション

    アラフィフファッション|ショートヘアにおすすめの首に優しいカシミアスヌード
  2. 50歳からのダイエット

    三日坊主にならないダイエット方法|経験からわかった5つのコツ~食事編~
  3. 60歳からの運動習慣のススメ

    60代女性が健康的なダイエットを成功させるために守ってほしい3つの基本
  4. 女性のための家トレヒント

    女性にはダイエットだけじゃない有酸素運動の効果|室内でのおススメ運動
  5. 美ボディメイク~食事編~

    オートミール・バナナ・プロテインで作るふわふわパンケーキレシピ
PAGE TOP