美容と健康

汗かきだから代謝がいいとは限らない!汗かきでも冷え性なら痩せにくい


太っている人は、概ね汗かきですよね。汗かきだと代謝がいいと言われています。代謝がいいなら太らないはずなのに、何故、大量の汗をかくのに太っているのか?

代謝がいいと汗をかきやすいとも言えますが、「汗かき=代謝がいい」とは限りません

そして、汗をかくのに冷え性、という方もちゃんと理由があり、もし痩せたいと思っているならダイエットをする前にまず、冷え性を改善することが先決です。

きょうは汗かきだからと言って代謝がいいとは限らないこと、冷え性でも汗かきになってしまう理由、その改善方法を書いてみたいと思います。


汗かきだから代謝がいいとは限らない!

「代謝がいい」というのは、基礎代謝が高いことを指していることが多いですよね。

基礎代謝とは

じっとしているときでも生命活動を維持するため、自動的に体が行っている活動に必要なエネルギーのこと。

基礎代謝の一番大きなエネルギー消費は体温の維持。他にも臓器や脳を動かしたり、呼吸をするときにもエネルギーが消費されています。

そのため基礎体温が高い人は、低い人より多くのエネルギーが消費されることになります。

基礎代謝の大きな役割である「体温維持」のヘルプをしているのが筋肉。筋肉は、体温維持の熱源となり、血液循環を助ける役割も担っています。

女性より男性の方が暑がりなのは、基本的に男性の方が筋肉量が多く、基礎体温も高いことによります。冷房の設定温度でケンカになったりしますものね。

筋肉量が多いと概ね体温が高く、筋肉量が多い人は日頃から運動習慣があり、熱生産が高いことから汗が出やすい体だと言えます。

その証拠に、ジムのインストラクターさんは同じ運動をしていても汗が出るの早い!

私も車でジムに行っていた時より、歩いて行っている今の方が、有酸素運動をしたときに早く汗が出るようになりました。運動前に歩いていることで、体内が温まっているせいだと思います。

太っている人の汗は?

太っている人は、脂肪量が多いことで体内に熱がこもりがちになるため、身体を冷やそうとして汗が大量に出るという仕組み。

脂肪には血管がないため、温度調節はできません。脂肪が断熱材のような役割になってしまい、暑いと感じていても体温で調節しきれず汗で調節するようになっちゃうんですね。

代謝が高いことにより、熱生産が多いために発汗しているわけではない!ということです。

太ってないけど汗かき?

見かけは太っていなくても、内臓脂肪量が多い場合も同じことが言えます。内臓脂肪が多いと老化にもつながるので、自分の体脂肪量を知っておくことも必要です。

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違いは?落としやすいのはどっち?きちんと知っておこうごきげんよう、みかねーです。 先日、スポーツジムのユーバウンドで体幹の体脂肪率がぐっと減った喜びを書かせていただきましたが、実は内...

冷え性の汗は?

冷え性なのに汗かきなのは、水分代謝が悪いことによるもの。冷え性なのに汗をかくと、更に汗が体温を奪ってしまうのでマメに汗をぬぐいましょうね。

水分代謝が悪いとむくみにつながるし、内臓が冷えてしまうし、痩せにくいので改善が必要です。

むくみで体重が増える?むくみの放置は厳禁!解消法を知り生活習慣を見直してみようむくみは体重増加の原因にもなるため、放置は厳禁です。「むくんでるかな?」と感じたら、早めの対処がマストです。そして、なるべくむくみを作らないような生活習慣を心掛けることが大事。スッキリしたボディを手に入れたいなら、むくみは大敵ですものね。...

冷え性なのに汗かきな人は、必要以上に水を摂取しないことも大事。利尿作用のあるほうじ茶や黒豆茶などを飲む習慣にチェンジしてみましょう。

何故、冷え性だと痩せにくい?

冷え性だと痩せにくいのは、基礎代謝が低いことによるもの。

いくら食事をコントロールしても、運動をしても結果が出にくいので、まずは冷え性を改善して効果が出やすい体にすることが先決です。

改善法1 お風呂

今でこそ、私はお風呂が大好きですが、若い頃はシャワーだけで済ませていました。その頃は、靴下を履いて寝ていたし、サウナに入っても汗は全く出ない冷え性でした。

とにかく、冷え性で痩せにくい場合、手軽な方法としてお風呂がおすすめです。ゆっくり湯船に浸かれる日は、細かく発砲する炭酸風呂がおススメ!

炭酸風呂は、体の中心部分の「深部体温」も上昇し、普通のお湯に浸かるより血行がよくなります。

スーパー銭湯でも「炭酸の湯」を取り入れているところもありますし、炭酸風呂の素も売っているし、重曹とクエン酸で手作りもできます。

自宅で「炭酸風呂」を楽しむ3つの方法!炭酸浴が女性におススメな理由とその効果手足が冷える、冬は寒くて体が温まらない、体温が低くて寝つきが悪い、こんな方におすすめなのが「炭酸浴」私がよく行く近所のスーパー銭湯2軒は、どちらも炭酸風呂を取り入れていますが、自宅でも簡単に炭酸風呂が作れます。その方法や効果をご紹介!...

手作りの炭酸風呂はこちらを参考にしてください。

改善法2 体が冷える食べ物は避ける

暑い季節であっても、今は冷房が効いている場所が多いので、冷え性の人はなるべく体が冷えない食べ物を取ることが大事です。

  • 冷たい飲み物は避け、暖かい飲み物か常温
  • アイスクリームよりお汁粉
  • パンよりはご飯
  • 規則正しい食生活
  • たんぱく質をきちんと摂取する

規則正しい食生活とたんぱく質を摂取することは、体を冷やす食べ物ではありませんが、規則正しい食生活で体の調子を整え、エネルギーになり筋肉を作るたんぱく質を積極的に摂ることで、パワーのある体にしていきましょう!と言うことです。

改善法3 ストレッチ

じっとしていると筋肉も使わないため、代謝も上がりません。なるべくこまめに体を動かすようにすると共に、1日のうちのどこかでストレッチを取り入れてみましょう。

足指回しや足首じゃんけん、血液を心臓に戻すポンプ役になっているふくらはぎの筋肉を刺激するための踵の上げ下げ運動も効果的です。

足指ジャンケンできない?美脚効果を知ったら毎日やらずにいられない?!足指、広げられますか? 自分の足指をまずはチェック!たかが足の指ですが、実は足指にきちんと力が入ることは、美しい姿で歩くことの基本。そのために有効なのが、地味だけど足の指に力を入れて広げたり縮めたりする「足指じゃんけん」...

改善法4 プロの手を借りる

私はエステが大好きなので、痩身エステも体験済みですが、ヒートラップ・ゲルマニウム温浴・体の深部を温めるインディバ・よもぎ蒸し等、とにかく体を温める施術のオンパレード。

そこで「やっぱり冷えはダイエットの大敵なんだな」と実感。

自分ではどうにもならない時は、プロの手を借りるのもひとつの手段だと思います。

40代/50代の痩せない女性は痩身エステで痩せやすい体にチェンジ40代・50代の「痩せない!」と悩んでいる女性におすすめなのが、プロの手を借りる痩身エステで、痩せやすい体と痩せるための情報を手に入れ、痩せるきっかけを作ること。痩身エステは通うだけでなく、プロの情報をもらうことにも価値あり!...
痩せやすい体を作るためにおすすめな「痩身エステ」の体験コース比較自分で運動や食事方法をあれこれ試してみて、痩せやすい体ってのがあるな、と感じています。更年期がやってくる40代・50代の女性は、今までと同じ生活をしていると太りやすくなってくるという現実もあるので、「痩せやすい体を作る」ことが重要。...

みかねー日記

先日、幼馴染と熱海の温泉に行ってきました。基本、外出も外泊もあまり好きではないけど、温泉は別。

部屋にも露天風呂が付いていて、1泊2日で4回お風呂に入ってリラックスしてきました。

以前の仕事のお客様が、まだスタブログを読んでくださっていて、お風呂に入った感想を送ってくださいました。嬉しかったですねぇ。

まだスタブログで血行を良くするためには入浴とあったので、先日久々に入浴しましたら、体も温かく、顔色がシャワーだけより断然いいのです。

風呂、凄い!と思いました。

15分ぐらいをめどに出たり入ったりを繰り返すと、汗をかきやすい気がします。

ぬるま湯にじっくり15分ほど入っていると、じんわり温まってきて、お風呂から上がっても体の芯から温まっていることを体感できます。

もっと早く汗がかきたかったら、以下の方法で。

高温反復浴を自分で試してみて感じた効果と「効果なし」という意見への感想「高温反復浴」を実際自分でもやってみました。この記事を書くきっかけになったのは、自分がお風呂好きということ、お風呂に入ったときのカロリー消費がダイエットに有効なのでは?と思ったからですが、実際きっちりと「入る」⇒「上がる」を3回繰り返してみました。...

私は、おひとりさま行動が好きなので、スーパー銭湯やスパにもよくひとりで行きます。読みかけの本を持って行き、休憩処で読書をして、体が冷えてきたらまた入浴、これを3回くらい繰り返すと、心身ともにスッキリします。

おススメ!

大人限定でのんびり!天然温泉「横浜スパEASイアス」はレストランも充実!「横浜スパ EAS」の一番好きなところは、18歳未満が入場禁止であること。団体客にも遭遇したことはないので、混んでいたとしても比較的静かです。ニフティ温泉年間ランキング2018で総合1位を獲得した、横浜スパEASの魅力についてご紹介したいと思います。...

まとめ

汗は自分ではコントロールできないので、服にシミができるほど大量の汗が出ると困ってしまいますよね。でも、汗はメリットもあるので健康的な汗かきさんになりたいものです。

汗をかくことは美肌に効果的!汗をかくメリットを知れば必ず汗をかきたくなる汗をかいてデトックスができると思っている方はもういらっしゃらないと思いますが、発汗で体内の毒素は排出されません。だけど、汗をかくことは、美容にも健康にもとてもいいので、あまり汗はかかない日常を送っている方は、是非改善してみてはいかがでしょうか?...

太っていてかく汗は、決して健康にいいものではないし、体が冷えていることも不調を呼びやすくなってしまいます。

快適な体を手に入れるのは、1日や1週間では無理だけど、コツコツと努力していれば必ず結果は出るし、必ず健康的な体も手に入ります。

そうそう、ストレスも汗や肥満の原因にもなるため、適度なストレス解消も必要です。

上手に汗がかける体を目指して!レッツトライ!

それではまた、ちゃおっ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です