Pocket

ごきげんよう。「まだスタ」みかねーでございます。

暑くなりましたねぇ。

昨日は、歩き方の講習に参加してきました。午前2時間、午後4時間、まずは身体の仕組みから。ここ!ここが重要。

まだむ世代のダイエットは、決して痩せることではなく美しい姿勢を手に入れてきれいに歩くこと、私はここにポイントを置きたいので、そのために必要なことを体の構造から学びたいと思っていました。

美しく歩くために必要なことって何?
    *膝が曲がっていない
    *背筋が伸びている
    *顎が出ていない
    *足の運びがスムース
    *歩幅が広い

こんなところでしょうか??

実は、美しく歩くためには、身体のバランスを整えることが非常に大事なので、ただ歩く練習だけしていて習得できるものではないことが、講習会に参加してよぉーくわかりました。

「歩き方の講習」であるにも関わらず、実際に歩いてみるのは、6時間ある講習の中で最後の30分だけです。

それまでの5時間30分は、きれいに正しく歩くための体を作るノウハウを学びます。

何でも基本が大事ですが、毎日やっている「歩く」という行為も同じ。身体の軸が整っている、ということがとても大事です。

「きれいに歩く」ための体を手に入れる

ものすごく単純なことですが、基本中の基本は体幹。中心にある筋肉が整っていないと、身体を真っすぐに保つことすらしんどいですから。

自分で体幹を鍛え始めて、まっすぐに立つという行為には体幹が大事なんだということを実感しています。だから、体幹を鍛えることで自然と真っすぐ立つことができるようになるし、その結果歩く姿もぶれにくくなります。


足裏をチェック

足の裏は、地面を捉えている大事な場所。重い体を小さな足裏で支えているため、チェック&お手入れが大事。歪んでいるとか、マメが出来ているとか、角質が厚くなっているとか、それも放置せずにお手入れしてあげてくださいね。

足は膝と同じ向きにあることが基本ですし、マメが出来ていると痛みでかばうし、痛くなかったとしてもマメができること自体、何等かの不具合がある証拠だし、角質が厚くなっていると足の裏の感覚が鈍くなります。


本来、足の裏はべったりと(土踏まずは除く)付くことが正しいので、指や指の付け根が浮いているのはNGです。

足の指は広がりますか?? 私はお風呂に入ると湯船の中で「グーで丸めて、パーで広げる」足指体操を繰り返します。足の指を広げると、とっても気持ちいいですよん。

ちなみに、自然な状態での足指は重ならず指の間にわずかに隙間があるのが理想だそうです。

鏡でチェック

というように、ただ背筋を伸ばして歩いてみればいいのではなく、そこに至るまでの体作りの方がずっと大事ということがわかります。身体が整ってくれば、楽にきれいな姿勢で歩けるはずです。

    顎が出ていないか?
    骨盤が落ちていないか?
    耳と肩が同じ線上にあるか?

時には、横向きの立ち姿を鏡に映してチェックしてみてくださいね。私もパーソナルトレーニングの際に、必ずチェックしてもらっています。

速度よりも姿勢と歩幅が大事

1日1万歩がいいと言われているウォーキングですが、ずるずると1万歩歩くより、歩く姿勢に気を配り、さっさと広めの歩幅で歩いた方が消費エネルギーが大きいのでダイエット効果があります。

せっかくウォーキングをしていても、すり足で歩くとかっこ悪いし、疲れるし、靴の痛みも早いのでご注意! 

足の指できっちりと地面を蹴って歩けることが大事。見るからに颯爽とした姿に仕上がるし、太ももやお尻の筋肉にかかる負荷も大きいため、筋肉を刺激する⇒エネルギー消費が大きい⇒ダイエット効果につながります。

何事も地道な努力があってこその結果です。頑張りましょう!!

それではまた。ちゃおっ