横浜おススメスポット

赤レンガ倉庫のイベント「クリスマスマーケット」に行ってきました!


ごきげんよう、みかねーです。

今月の25日(火)まで開催されている、横浜赤レンガ倉庫の「クリスマスマーケット」に行ってみました。

寒い日だったので、持っている中で一番温かいコートを着ていったものの、両側に建物があり、人がいて灯りがともっているせいか、想像していたよりずっと寒くなく、風もなく快適でした。

忘年会の代わりに、こんなところで手軽に飲み食いするのも楽しいかも。

クリスマスらしいイルミネーションとにぎわう屋台は、見ているだけでも楽しかったです。


赤レンガ倉庫のイベント「クリスマスマーケット」


ドイツの古都”アーヘン”のクリスマスマーケットをイメージして、みなとみらい地区にある横浜赤レンガ倉庫で開かれている「クリスマスマーケット」も今年で9回目。

横浜在住30年以上になりますが、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットの存在を知ったのはつい最近。

ということで、行ってみました!

赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」エントランス

エントランスに立つと中の様子がうかがえ、きらきらとしたイルミネーションにテンションが上がります!

後ろを振り返ると、そこにもみなとみらいの高層ビルの輝き。

赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」食の屋台

エントランスを入ると、食べ物や飲み物を売っている小さな屋台が両側に並んでいます。

こんな看板がどの店の前にも置いてあるので、これを見ながら「何食べようかなぁ」と悩むのも楽しい!ちなみにこの屋台のことをドイツ語で「ヒュッテ(木の小屋)」と言うんですって。

大体、飲み物が500円前後、食べ物が1,000円前後で、ドイツ由来のお祭りなのでソーセージやチーズメニュー、スープ等が多かったかな。

赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」でこれ、食べました

チーズが大好物な私が、豊富なチーズメニューから最初にセレクトしたのが「チーズフライのマーマレード添え」

チーズを単純にフライにしてあるだけですが、中央にあるのがマーマレードで、ちょこっとつけて食べると、チーズの塩気によくあっていて美味しい!

クアトロフォルマッジにはちみつをかけて食べる感覚と同じかしらね。絶妙なコンビネーションです。

次のセレクトは「チーズマカロニグラタン」 再びチーズです。滑らかなホワイトソースのアツアツなグラタンは、寒い外で食べるメニューにぴったり!

合わせたドリンクは、お酒が飲めないので「ホットレモネード」

ホットワインや、種類豊富なドイツビール、ビールを使ったカクテルもありました。

最後は「ミネストローネスープ」 具がたくさん入っていたので、これ1杯をいただいたところで、お腹いっぱいになりました。

気持ちとしてはもっと食べたかったけど、せっかくだからデザートも食べなくちゃ!なので、ここで終了。

屋台で購入した食べ物は、ちゃんと寒さ除けをしてある簡易テントのような部屋で座って食べられます。

赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」物販もありました

逆光になっちゃって、見にくいかしら?ま、雰囲気ってことで!とってもかわいいクリスマスオーナメントの専門店。

何故か、ロシアのマトリョーシカ専門店もあったりして、金髪のナイスガイが販売していたその店は大人気だったけど、忙しくててんぱっていたのか、ナイスガイはとても難しい顔をしていました。

様々な色合いや柄の服やスカーフを纏ったマトリョーシカ、かわいかったです!

写真にあるオーナメントも、ゴールドやレッドの色のバランスやリボンの使い方が魅力的な大人用オーナメントでしたねぇ。

もはや、クリスマスは子供だけのイベントじゃなくなってますものね。

赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」のシンボルツリー

一番奥の海に近い広場には、高さ約10mの本物のモミの木のツリー。ライトアップされたツリーは、暗い海を背に幻想的でロマンチックな雰囲気。

ツリーの下には、3つの鐘が置かれていて、自由にその鐘を鳴らせるようになっていました。

平日の夕方に行ってみましたが、そこそこ人が集まっていたので、休日は混雑を覚悟していかれた方がいいかもしれません。

これは駐車場側に立っていたクリスマスツリー。平日だったので、駐車場も全く混雑はありませんでしたが、休日は混みあうと思います。

横浜駅東口からシーバスがおススメ!

みなとみらい線のみなとみらい駅からも歩いて行かれますが、横浜っ子としては、横浜駅東口から出ている「シーバス」という船での移動がおススメです。

シーバス オフィシャルサイト

東口の「ベイクウォーター」から乗船し、ピア赤レンガというところで下船。

横浜らしさが体験できるし、楽しいです!

夜はイルミネーションがきれいだし、昼は明るくて開放的なロケーションが気持ちいいし、いつ行っても楽しめると思います。

それではまた。ちゃおっ