アラフィフファッション

最終更新日: 2021.08.16

50代はファッションでエシカル&サステナブルに貢献してみるという選択肢

ごきげんよう、みかねーです。

ご存知の通り、40代後半までは運動が嫌いだったのに、今ではジムが大好きでほぼ毎日学校のように通っています。

ファッションも大好きで、それが高じて2年ほど前までインポートの下着屋をやっておりました。

50代になると必要なアイテム、心地よいと思う素材、着たいと思う服が変わってきたのを感じていました。

そんな時「ザ・トゥルー・コスト」という映画を観て、価値観が変わったんですね。

今は大きく世の中が変化している時期だと感じている方は多いのではないかしら。

アパレル業界も、安い大量生産が見直され、エシカル&サステナブルを目標にする企業が少しずつ増えてきています。

人生半世紀も生きてきたんだから、世の中にファッションでちょいと貢献してみるという選択肢もいいんじゃない?と思ったので、今回はそこにフォーカスしてみました。

50代ファッション

裸では生活できないので、みんな服を着ていますよね。毎日何を着ていますか?

値段で選んでる?安い方がいい?

確かに安いのは魅力的かもしれないけど、当たり前にたくさん売っている「安い服」は、労働力や人権、素材の質、環境などに大きな負荷を与えていたりします。

まだむな年齢になったら、安い服を3枚買うなら、それを足した価格の1枚を選んでみてはどうだろう?

それって、そんなに難しいことじゃないと思うんですね。

私にも経験があるけど、安い服には愛着もわかないし、大事にもしない。使い捨てる感覚があると思うんです。

服を使い捨てるのは終了にして、生産者の思いが詰まった素敵な服を吟味して選び、流行に左右されず大切に着る、そんなファッションポリシーを持った50代女性って素敵だと思いませんこと?

エシカル&サステナブルとは?

どちらも最近、わりとよく耳にする言葉じゃないかしら?

でも、意味は?と聞かれると、きちんと説明しにくいのが新しい言葉だったりするので、しっかり調べてみました。

エシカルとは
「エいきょうをシっかりとカんがえル」
英語で、直訳すると「倫理的な」という意味です。一般的には、「法的な縛りはないけれども、多くの人たちが正しいと思うことで、人間が本来持つ良心から発生した社会的な規範」であると言えます。

エシカル協会HPより

いや、ちょっと解釈が難しいだろ。と思いますけど??

そう言えば似たような意味合いの言葉として「ロハス」ってのもあったような??どう違う??

どうやら「ロハス(Lifestyles of Health and Sustainability)」は、英語だとこうなることから環境と健康にフォーカスしているようだけど、エシカルはもっと大きな意味で社会貢献も含まれているらしい。

「エシカル消費の普及」は、2015年に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された国際目標「SDGs」と並んで挙げられているんですね。

そんなことから、ロハスだエシカルだと言葉や多少の意味合いが違っていようと、ざっくりまとめてしまえばサステナビリティにつながるのかな、というのが私の解釈です。

ちなみに「サステナブル」は名詞、サステナビリティは形容詞。

サステナブルとは?
「持続可能な」という意味。主に自然にある資源を長い期間維持し、環境に負荷をかけないようにしながら利用していくことを指す。

Weblioより

エシカルもサステナブルもそしてロハスも、地球環境や人、社会、地域に配慮した消費をしてみない?という考え方と私は捉えています。

アパレル業界の危機

エシカル消費やサステナブルは、アパレル業界に限定しているわけじゃないけど、アパレル業界は石油産業の次に深刻な環境汚染問題を抱えています。

そして、消費者が安さを求めるがあまり、生産者もそれに応えるべく企業努力をするわけだけど、そのために犠牲になっている人がいたり、廃棄されるたくさんの衣類が生じてしまうんです。

アパレル業界の環境汚染がよくわかる記事
Business Insider「大量の水の使用、そして85%はゴミに…ファッション業界は環境へ大きな影響を与えている」

ほら!覚えてます??

何年か前に、バーバリーが在庫品を焼却した事実が知れわたって、ネットで散々叩かれましたよね。そういうことが起こらないためにも、消費者である私たちの考えが変わる必要もあるわけです。

そうしたアパレル業界の闇がよくわかる中田敦彦さんの動画を見つけたので、ご興味のある方は是非見て!

関心を持ったきっかけ

こうしたことに関心を持つようになったのは、2015年に公開された「ザ・トゥルー・コスト」を観たことがきっかけになっています。

アパレル業界の闇を知って、自分の買い物や服に対する意識が変わりました。

クローゼットには服があるにも関わらず、毎年シーズンが変わると「なんか着るものがない」と感じていたこと、衝動買いしたけど着ていない服があること、そんなこんなを反省するようになったんです。

遅いけどね。

海外や海外製品へのあこがれを抱いて育った高度経済経済成長期、バブルも経験して今に至り、いい思いもたくさんしてきたからこそ、これからは少し世の中のことを考えた消費者になってみたいと思ったわけです。

エシカル&サステナブルに貢献してみるという選択肢

人々が関心を持つ問題って、それぞれだと思うんですね。

動物愛護の人もいるだろうし、貧困児童に対しての人もいるだろうけど、問題意識を持つことはとても大事なことだと私は思っています。

ダイエットも自分に対する問題意識ってことですしね。

若い頃は、自分ひとりが何か行動を起こしたって、世の中が変わるわけじゃないし、と思っていたけど、今は自分だけでも変わることが大事、と考えるようになりました。

最初に決意したのは「ファーフリー」

靴やバッグは除き、リアルファーやレザーが使われている服は買わない!ということ。

やってみると全く問題ないし、今ではグッチ・ゴルチエ・アルマー・ヴェルサーチェ・ヴァレンティノなどのハイブランドも動物愛護や環境保全の観点からファーフリー宣言をしています。

地球環境に対して企業が努力しているなら、どうせ服を買うならそうした企業から企業から買いたいじゃないですかっ!

どお??

ただ、サステナブルなモノ作りはコストがかかるんです。

そこが大きなネックになっているわけだけど、消費者の私たちがそうしたブランドでお買い物をすれば持続可能になるんですよ。ねっ!

なんか社会貢献している嬉しさを感じませんこと?

サステナブルブランド

じゃあ、そういう商品はどこで買えるの?

そうなんですよ。莫大な広告費をかけているわけじゃないので、認知度が低いというデメリットがあるから、私なりに調べてピックアップしてみました。

そして、自分が購入したことのあるブランドと、ここなら買い物してみたい!と思った日本で作っているジャパンブランドをご紹介させていただきます。

海外ブランド

【allbirds】

オールバーズは、ニュージーランド生まれのブランドで、主にスニーカーを作っていますが、驚くことにメリノウールやユーカリの木などを素材として使っています。

allbirds リアル店舗:原宿・丸の内
オンラインショップ

【ecoalf】

エコアルフは、三陽商会が扱っているスペインで誕生したブランド。

ペットボトル、漁網、タイヤなどを独自の技術でリサイクルして生地を開発し、モノ作りを続けています。

ecoalf リアル店舗:玉川高島屋
オンラインショップ

日本ブランド&日本製

いやいや、どうせなら日本のブランドを応援したい!という気持ちもあるので、日本で作っている日本ブランドを集めてみました。

【オニツカ】

日本の名シューズ「オニツカタイガー」も「ジ・オニツカ」というブランドでサステナブルシューズを作っています。なんと!食料用に育てられた神戸牛の廃棄されてしまう皮を利用しているんです。

ジ・オニツカ リアル店舗
オンラインショップ

【tennen】

ブランドコンセプトのひとつ目は、「ゴミにならず、土に還る服であること」そして、「100%、すべて還せる」を目指してモノ作りをしている、優しいカラーの着心地のよさそうな服ばかり。

tennen リアル店舗
オンラインショップ

【EQUALAND】

長い「信用タグ」を付けています。 このタグには、綿花生産者から技術者、デザイナーに至るまで、その製造に携わる方々の自筆署名が スタッフクレジット(信用)として印刷されます。

更に私たちが製品を購入すると、その代金の1%が寄付先を選んで寄付されるようになっています。

EQUALAND キュレーション型店舗
オンラインショップ

【UNDERSON UNDERSON】

「和紙が作る健やかな肌。」肌に触れる部分の99.9%が和紙で作られている肌着メインのブランド。

シリコンなどの添加剤を一切使っていないので、お肌の弱い方用の下着としてもおススメのブランドです。

UNDERSON UNDERSON 取扱店
オンラインショップ

まとめ

私たちよりずっと若い世代に、こうした問題への関心が高まっているようで、それはすごくいいことだと思うんですね。

だからこそ、親世代である私たちも今までの消費価値を見つめなおし、そして変えていく時期にきているのかなぁと感じます。

街には店がたくさんあり、思いついたときにすぐ商品を手にすることができるし、ネットショップでぽちっとすれば翌日には配送される仕組みもあります。

だけど、サステナブルな商品たちは作る手間やコストがかかるため、一部は発注してから2ヶ月ほど待つような受注生産品もあります。

それもまた、2ヶ月ワクワクしながら待つ!という新しい習慣を楽しんでみるといいかもしれません。

サステナブルな商品だけを開発しているわけじゃなくても、例えばNIKEなら「サステナブル素材」と明記してある商品は、リサイクルポリエステル繊維などを使用して作られています。

あなたに可能な範囲での貢献、どうかな?考えてみるきっかけになったら、ものすごく嬉しいです。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. アラフィフファッション

    下着業界にもサスティナビリティの波|イタリアブランド「Madiva」の取り組み

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログでは、ちょいちょい「…

  2. アラフィフファッション

    バストポイントとは?位置の作り方次第で印象が変わる

    ごきげんよう、みかねーです。少し前、TVを見ていて、連続ドラマ…

  3. アラフィフファッション

    サステナブルシューズ「ジ・オニツカ」はアラフィフファッションにもぴったり!

    ごきげんよう、みかねーです。またですかっ?!と思われてしまいそ…

  4. アラフィフファッション

    アラフィフはブラ選びに迷うお年頃?着用感の好み別「ブラ選び」のポイント

    ごきげんよう、みかねーです。ヒジョーに残念ですが、年齢と共に体…

  5. アラフィフファッション

    洗濯できるサステナブルシューズ「allbirdsオールバーズ」の履き心地を口コミ

    ごきげんよう、みかねーです。先日、1食分の肉料理ほどの軽さのラ…

  6. アラフィフファッション

    ファッションにこだわるアラフィフ女性は下腹ポッコリ解消が先決の明確な理由

    ごきげんよう、みかねーです。年中「ダイエット」と言っている女性…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ウォーキングより毎日の習慣にしてほしい60代女性におすすめの…
  2. オイコスヨーグルトでの低糖質レアチーズケーキはダイエットおや…
  3. タオルを使った優しい背中筋トレのメリットと2ヶ月続けた結果は…
  4. ダイエット中でも炭水化物は抜かない!その理由と上手に利用する…
  5. たんぱく質強化ヨーグルトは運動女性やダイエッターの間食におス…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    何故夏は痩せにくいのか?夏ダイエットの方法と5つの注意ポイント
  2. 50・60代のボディメイク

    60歳から始める誰でもできる筋トレ女性編「毎日3分5種目」で溌溂快適生活
  3. 50・60代のボディメイク

    お尻が大きくなっちゃう原因は?小尻になるにはどうしたらいい?
  4. ジム&スタジオ情報

    暗闇ボクシングフィットネスを実施している東京・横浜近郊のジムを集めてみました
  5. 試してみた美容系口コミ

    ドルツ「ジェットウォッシャー」の使用感を口コミ!口腔ケアは顔より大事
PAGE TOP