Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

きょうも気持ちのいいお天気になりました。

先日、ふと思いついたのですが、運動女子って2種類に分けられるかも??と。


*ヨガ・ピラティス系*
しなやかな体つき
ファスティング体験者多数
口に入るモノにこだわりがあり吟味している
全体的に女性らしい雰囲気で装いもエレガント

*筋トレ系*
しっかりとした体つき
何でもよく食べる
大好物は我慢しない
カジュアルな装いが好きで常にスポーティ

私の独断と偏見による勝手な分類ですし、もちろん当てはまらない女性もたくさんいらっしゃいますが、傾向としてはこんな感じ、あると思います。

私??もちろん、後者です。

ファスティングを定期的に実行している女性が、年齢より若い透明感のあるとてもきれいなお肌をしていて、それが彼女曰く、ファスティングの効果と聞いたとき、ちょっと「やってみたいな」とは思ったものの、全く実行に至っておりませんっ。

ヘタレでございます。







1日の食事回数については、3回がいいという説、1回で十分という説、1日の必要量を5-6回に分けて食べる説、いろいろあってどれが本当にいいのか??はっきり申しまして、全然わかりませんっ。

ただ、年齢と性別によって1日の必要摂取カロリーや栄養素は決まっているので、それを大幅に超えてしまったり、全く足りていなかったりするのはNGだということは簡単に理解できます。

じゃあ、どうすればいいのか?? 自分の体に聞けばいいと、私は思っています。

どのように食事を取ると体調がいいか?それを検証してみることが一番!!と思います。


人によって生活のリズムが異なるでしょうから、誰かがいいとススメてくれた方法が自分にも最適とは限らないですもん。

食事を通して「噛む」という行為は、カロリーを消費します。顎も使うし、唾液も出ます。なので、食事をカロリー摂取しながらの消費行為、顎を使って尚且つ唾液をたくさん出す行為と捉えたら、回数は多い方がいいような気もします。よく噛んで食べることで、各段に消費カロリーがアップしますから。


みかねーみかねー

ってね・・・実は私、早食いですが・・・最近、反省して改善に努めています。

ひと口30回噛むことを推奨しているところが多いけど・・・30回も噛んでたら液体になっちゃって、美味しくないんですよ。そこは、適当な妥協地点を自分なりに見つけたいと思います。


1日1食を実践している芸能人の方はたくさんいらして、高橋一生さんやGacktさん、テレビでもよくお見掛けするナグモクリニックの南雲先生とかね。食事の回数を減らすことで、内臓・消化器官の負担を軽減することが最大のメリットのようです。

自分でやってみたことはないので、どう快調になるのかは全くわかりませんが、以前、南雲先生が「夕食から朝食までは最低14時間開けた方がいい」と言っていたので、少なくともそれくらいは守ってみようと思い、夕食以後は何も食べないようにすると大体13時間くらいは開けることができます。

ま、それもあくまで私の場合・・ってことですけど。


と、ここまで書いてきてなんですが

ひと昔前なら、人の寿命って60年位。私はもうすぐ寿命。そう考えると、これからの人生おまけなんです。個人的には長生きに興味はない。ただ、死ぬまで元気でいたいとは思うので、そのためにできることは「ゆる~く」やっとくか・・ぐらいな気持ちですかね。

何事も楽しくなくちゃ続かないですもん。必死こいてちゃ、辛くなりますもん。おまけの人生は、こだわり過ぎずにやり過ごしたいですもん。

最後に、これも私の勝手なイメージですが、「ヨガ・ピラティス系」は1日1食、筋トレ系は1日3食かな。でも、筋肉バキバキのGacktさんは1日1食のようですけど。

それではまた。ちゃおっ