Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

きょうは一気にびっくりするほど暖かくなりましたね。


更年期を境に女性ホルモンが減ってくることで太りやすくなるということは「更年期が大きなターニングポイント」でも触れましたが、同じように減少してしまうのが「骨密度」

骨密度が減少する原因も、脂肪が付きやすくなる原因と同じ「女性ホルモンのエストロゲン」の減少が関係しています。女性ホルモンって、いろいろな仕事をしてくれていたんですね。骨密度の低下が、骨の中がスカスカになる「骨粗鬆症」という病気を引き起こしちゃうわけです。

骨はたんぱく質にカルシウムが付着してできているので、カルシウムだけでなくたんぱく質の摂取もマスト。筋肉もたんぱく質なので、更年期を過ぎた女性には大事な栄養素のひとつとなるわけです。


そして、ここ!!重要!!
摂取したカルシウムを骨に定着させるために、適度な運動がとても大事。


骨のことだけを考えるなら、強度の高い有酸素運動などは必要なく、ウォーキング程度でも効果はあるそうです。50代女性の9人に1人は、骨粗鬆症だというデータも見たことがあるので、今から気を付けておかないと骨折してから、またはそれがなかなか治らなかったりしてからじゃ遅すぎますもの。

ここで中間結論!【とにかく体を動かす】

これが私たち世代には、もう少し歳を取っても元気でいるためにとっても必要なことなんです。





【カルシウムを含む食材】
*表的なのが乳製品
*大豆製品・ゴマ
*しらす・しじみ・ひじき

他にもありますが、手軽に用意できる食材じゃないと摂取する頻度が低くなっちゃいますからね。「手軽」ってことも大事!


そして、もうひとつ骨にとって重要なことは、太陽の光を浴びること。効率よくカルシウムを吸収するために必要なビタミンDを摂取することが大事になってくるからです。

私は、外に出るのがあまり好きではありませんが、実はこれって、骨にとってはNG!!1日に15分ほどでOKらしいので、晴れた日は是非太陽の光を浴びて、体内のビタミンDを増やしてくださいね。

ビタミンDを含む手軽な食品は、キノコ類。しかも、買ってきたキノコを太陽に当てておくと、キノコのビタミンDが増えるのだそうです。これはね、気づいたときに実行しています。

ビタミンDは、骨を丈夫にするためだけでなく、不足するとうつ病や花粉症の症状にも影響するようなので、とっても大事。

こうして体のことや食べ物のこと、栄養素のことなどを調べれば調べるほど、きちんと食べてきちんと動くことがすごく大切だとわかります。


【他にビタミンDを含む食材】
魚に多く含まれるようですが
手軽に毎日でも食べられそうなのが「半乾燥のしらす」
これも天日干しだったりすると、もっといいんでしょうね。


ここで最終結論!【カルシウムを摂取して天気のいい日にウォーキング】




手軽にサプリで摂取するのではなく、個人的にはちゃんと食材から取りたい。そして、何より私の場合、ものすごくスイーツが好きなので、多分糖質の摂取量は他の人より多いと思っているため、そこを止めずに他でちゃんとカバーしなきゃ!!!と思ったりもするわけです。

誰にでもウィークポイントがあったり、体質的に弱い部分があったり、どうしても止められない習慣があったりしますよね。それを克服することはとっても大事だけど、まあある程度の年齢になっているわけですし、目くじら立てて「やめるぞーーーっ!」というより、ゆるーく自分を管理しているくらいでいっかな・・と。

どうでしょうかしらん???

それではまた。ちゃおっ