Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

昨日、沈丁花の花が咲き始めているのを見つけ、春を感じました。明日からは3月、長くて寒かった冬もそろそろ終わりですね。

毎年冬になると私を悩ませるのが、踵の乾燥。床暖房が足元を乾燥させるのかな?とは思いつつ、そこは冬の寒さの中やめられませんし・・・ 

踵専用の薬用クリーム、オイル、もちろんスクラブや角質除去も試してみました。靴下を履くように、薬剤が入ったビニールを足首から下を覆うタイプのモノも試したことはありますが、あれ!ごっそり皮がむけるので、外で裸足にならない時を狙わないとできないですしね。

年齢と共に若い頃に比べて、顔だけでなく体全体の油分が減少することも原因のひとつと考えられます。だから、私が思うに、歳を取ったからと言って油脂の摂取をあまり減らしてはよろしくないのではなか??と。乾燥しないためには、水分も必要ですが油分も必要。

そこで、ちょっと調べてみました。

肉抜きダイエットをしている人が乾燥肌に陥りやすいのは、タンパク質が足りていないためです。角質細胞内にある天然保湿因子(=角質層の中で水分を含み、保持する)は、アミノ酸が原料です。アミノ酸を豊富に含む肉や卵などの良質なタンパク質を摂取しないと、うるおいの素となる天然保湿因子が不足してしまうことに。また、タンパク質はコラーゲンのもととなるので、不足すると肌のツヤやハリもなくなってしまいます。



そっか!やはり、たんぱく質は大事。ただ、たんぱく質だけ摂っていればいいわけではなく、ビタミン類も必須です。

上記リンクページに詳しく書いてありましたので、もっと知りたい方はクリックしてご覧くださいね。

知りたかった「油脂類」については、卵やアーモンドに含まれる脂質が乾燥肌にいいとありました。揚げ物をたくさん摂るとか、そういうことじゃなく、良質な脂質を食材から摂取するのが一番いいようです。

なぁーんだ、そっか。私は天ぷらやフライ系のいわゆる「揚げ物」が大好きなので、それらもおススメ!と書いてあったらなぁーと思ったのですが、さすがにそれはどこにもなかったです。




で、話は踵の乾燥に戻りますが、毎年悩んでいたのがうそのように解決してしまったのが、下の写真左、妹に勧められた小林製薬 なめらかかとスティック(30g)【ftcare_2】【なめらかかと】

スティック状になっているので、ぐるぐるとたっぷり踵から足裏の側面に塗り込みます。私に合っていたのかもしれないけど、今までの悩みは何だったの??と、すっかりツルツル。





そして、母が熱海で購入した右側の「プレディア 薬用ハンドセラムRTa 160mL」 これを「なめらかかと」を使った後に、たっぷりと膝から下全体に塗り込みます。

使い始めて2-3日ですっかり気持ちのいい柔らかな足裏になりました。プレディアはキャッチコピーが「海由来の豊かな贈り物」となっていたので、裏の表示ラベルと見ると

【保湿成分】深層水・温泉水・海洋性コラーゲン・スクワラン・尿素・濃グリセリン

となっていました。あーーー、だから母が熱海で買ってきたんだ! 温泉水ってことで、売っていたのでしょうね。ま、そこは私の想像ですが。


丁寧にメイクをしても、踵がコチコチじゃ興ざめ。どんな素敵なファッションに身を包んでも、足が白く粉を吹いていたら、あーあ・・てな感じですもの、歳を取ればとるほど細かいパーツに気を付けたいな、と思います。

それではまた。ちゃおっ