Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

先日、「おひとりさまのススメ」で「なんでもひとりでできるとラクチン」と書きましたが、その後ネットで50代女性の「全く友達がいないので、今後の人生を考えて怖くなりました」というお悩み相談を見つけました。

その女性は、仕事と子育てに一生懸命で、人付き合いも苦手だったため、子供の学校行事もご主人が参加することが多かったようです。


友達は心の支えにはなるけど、そもそも人付き合いが苦手な方だったら、人との付き合いがストレスになったりするかもしれなし、無理に友達を作らなくてもいいんじゃないかなぁーと私は思いました。

だからこそ、まだむな年齢になったら、ひとり行動ができると気楽に日々を楽しめるんです。


非常にせっかちな友人が、誰かと一緒に旅行をすると待つことにイライラするから、と一人旅をするようになり、今は海外も毎回ひとりで行っています。

すると、ツアーの中で同じようにひとりで参加した人と友達になり、帰国後も食事で旅の話しに花を咲かせて楽しんでいるらしい。

同じ趣味を持つ人と一緒にいると、同じ話題で盛り上がれますからね。楽しいです。だから、友達がいない人は、何か趣味を持つことが一番手っ取り早いですかしらねぇ。と言いつつ、私も友達少ないですけどね。それほどたくさんはいらないと思っていますし。


若い頃は友達といることでいろいろな学びもあるけど、歳を取ればとるほど身軽な方がいいし、身の回りもしがらみが少ないほうがストレスもない。それを寂しいと感じる方もいるでしょうが、そこは価値観の違いですかしらね。

ひとつの価値観に縛られていると、思考の幅も狭まります。そして、自分はこういう人だから、と自分で自分を一定の評価の枠に押し込めてしまうことも行動に制限をかけてしまうことになると思うんですね。

「好き」と「嫌い」という好みはあっても、人のアドバイスはある程度素直な気持ちで受け止めた方が、お得と私はいつも思っています。

素直な人に対して、人は親切。頑固な人に対しては、「何を言っても無駄だし」と心の中で距離を置きたくなるものです。

まあ、言うのは簡単でして、じゃあ自分で出来ているのか??と問われたら、はなはだ怪しいですけどね。こうして書きながら己も振り返ることにします。

それではまた。ちゃおっ