Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

春のように穏やかな陽気の日曜日ですね。

最近TVを見ていて、連続ドラマに出演中のある女優さんのバストポイントがとっても気になっています。

役柄はクールなキャリアウーマン。ところが、バストポイントが高いので幼く見えて役柄とは違った印象を感じてしまうんです。


バストは高さによって、人に印象付ける年齢的なイメージが変わってきます。

下着の仕事をしているからこそ、役柄とは反対にその女優さんから受ける印象に「幼さ」を感じるのがバストポイントによるものだとわかりますが、同じドラマを見ていてもピンポイントでそこを感じる方は多くないだろうとは思います。

でも、バストの位置はセンターにあるため、意識しなくても目に入ってくるから、そこをどう演出するかで大きく相手に与える印象が変わってきます。



バストの位置で変わる印象

胸が膨らみ始める年齢の女子は、すごく高い位置にバストポイントがあります。バストの位置を高く作ると幼く見えるのはこのため。

反対にバストポイントが低いと老けて見えがちですが、若干低めにバストポイントを作るとセクシーな印象にもなります。

たかがバストの位置ですし、意識していない人が多いとは思いますが、体のセンターにあり正面から人と向かい合った場合、意外と目に入るので服を着た上からチェックしたいパーツです。

服選びと同じレベルでブラを選ぶ

お出かけするときに、行く場所や時間、相手に合わせて服選びをすると思います。でも、その服に合わせてブラを選ぶ女性、どれだけいらっしゃるかしらん。

いつも同じブラをしている、考えたことがない。という女性には、是非、服に合わせたブラ選びもしていただきたいなぁーと思います。

キュートな服のときは、少しバストを高めに演出、カジュアルな服のときは丸みのあるナチュラルなバスト、エレガントな服を着たときはすっきりとデコルテから女らしさが香るブラ・・・みたいな感じでね。

これは体形が違うと出来上がるバストの形も若干違ってくるので、購入するとき販売員の方に相談なさることをおススメします。

今は、S・M・Lというサイズで販売しているブラもありますが、バストのことを考えたり、服と総合で「素敵」を演出したい場合、やっぱり自分に合ったサイズのブラを用途に合わせていくつか持っておくべきと思います。

そしてもうひとつ気になるのが、パット付きのインナー。

パット付きインナーを日常使いしない

インナーに付いているパットだと、しっかり支えるというよりは、ある程度の位置に収めているだけになるためブラよりはバストが動きやすい環境にあるということになります。

おっぱいそのものに筋肉はありません。
・乳腺
・脂肪
・クーパー靭帯

で形成されています。

一度傷ついてしまったクーパー靭帯は、2度と元に戻らないと言われています。

だから「揺れ」という刺激でクーパー靭帯が傷つかないよう、きちんとバストを支えてくれるブラをしていた方が美しい形が維持されるということになります。

これはおっぱいが小さい人も大きい人も構造は同じなので、小さいからいいや・・と思っていると、小さいなりに下垂したり、ハの字に広がってしまったりしますからね。

たかがブラですし、たかがバストポイントですが、結構相手に与える印象が強いパーツ。鏡の前でお手持ちのブラのチェックをなさってみてくださいね。

それでは、また明日。ちゃおっ