Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

今まで運動らしいことは何もしてこなかった人が、「さあ、体を動かして!!」と言われてもどうしたらいいのか悩みますよね。実際、私も20年ほど何もしていなかったし、汗を流して運動するなんてムリムリ!!と思っていましたので、運動とは無縁の人生だったはず・・・でした。

だけどある日、転機がやってきます。

人生最大の体重になり「このままじゃマズイ!」と思っていたところ、10年ぶりに会った知人から「たくましくなったね」と言われたのがショックで痩せよう!!と決意するわけです。そのためには、どうしたらいいのか?? 食べる量を減らすのか? いえ、それはできません。じゃあ、カロリーを消費しなくちゃならい。でも、どうやって??


そこで誘われたままに友人とホットヨガに行ってみました。大量に汗をかき、汗をかくこと自体は気持ちよかったのですが、なんせ体が硬いのとゆっくりした動きが辛く、暑いのが苦手なのでクラクラして続きませんでした。

次に「音楽がいいから、きっとお姉ちゃん好きだと思うよ」と妹に言われ、彼女が長年通っている三軒茶屋の「ファイティングフィットネスジム」に連れて行ってもらったのが、運動を継続して続けることのきっかけになりました。

最初は、心臓が飛び出るかと思うほどにきつく、手足を動かしているつもりなのに、なんだかあたふたしているだけの自分に呆然としましたが、とにかく楽しかった。

この経験から、楽しいと思えるプログラム、もう1回やってみたいと思える経験、これが見つかれば続けられると確信しています。



お気に入りの運動が見つかるまでは、根気よくいろいろな体験レッスンに通ってみるのもひとつの方法だと思います。

とりあえずスポーツジムの会員になったら続けられるかも・・・と、入会金と使用料を数か月支払ってもなかなか続きません。

辛いことは「楽しさ」や「モチベーション」「成果」を感じてこそ続けられるので、漫然とスタートさせるのではなく、目標を持ってみたり、着れなくなった服をいつでも見えるところに置いたり、新しいお気に入りのスポーツウエアを買ってみたりして、モチベーションを上げて少しでも成果が出るまでは続ける覚悟を持ってほしいです。

ジム入会が〝ゴール〟になっていて「今日ジムに来られた自分を褒めてあげたい!」という発想は誰にでもあることだと思います。

でも、何より大切なのは「継続」です。

人の体って、本当に甘やかせば甘やかすほど、際限なくずるーーーっと乱れていきます。ずるーーーーっと甘やかした後、厳しく律することはものすごく辛い。

ただ、筋肉を鍛えると、体脂肪率や筋肉量や基礎代謝量の変化が、目に見える数字として変わっていく自分の体を知ることができるので、それでどんどん楽しくなっていきます。

20年運動をせずこれからも運動とは縁がないと思っていた私が、ちょっとしたきっかけてスタートさせることができ、今は三軒茶屋のファイティングジムに月2-3回、地元のスポーツジムは週に2-3回、月に1回プライベートレッスンをしています。

最初の1歩が一番大きくて難儀だと思いますが、年齢を重ねたからこそ体重管理をすること、筋肉をつけることがとても大事だと感じています。