Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

私が地元で通っているスポーツジムは、全国展開している大手なので会員数も多く、施設も充実しているため比較的年齢層が高い。

杖をついて通っているおばーさまもいらっしゃいますし、時間のある高齢者の方は、お弁当持ちで通ってジム友達との会話も楽しみつつ有意義なジムライフを送っているようです。

そこで、気づいたことが「姿勢」 年齢に関係なく、背中が丸いととても老けて見えてしまいますよね。反対におばーちゃんでも背筋が伸びている人は、すごく若々しい印象に。

実際の年齢なんてどうでもよくて、若々しく溌溂とした印象が作れるかどうかが大事。

人は前かがみになって作業することが多いので、意識して背中を伸ばさないと、そのまま放置していたら、徐々に背中が丸まってきて姿勢の悪さが固定されてしまいます。

しかも、女性は年齢を重ねるごとに背中に脂肪が付きやすくなっているため、少しでも背中が丸まっていると、もっそりとした印象になりより老けて見えることに。鏡で姿勢チェック、必要です!

私も以前はそうだったのですが「背中を伸ばしてーーー」と言われると、肩を後ろに引き胸を張ってやや反り腰の体勢をとる人が多い。

一時的には、これでも前かがみになった姿勢をリセットすることはできると思いますが、本当の意味での「美しい姿勢」にはつながりません。

運動をする前と、習慣化できている今と大きく違うことは、この姿勢の作り方。体幹が鍛えられると、筋肉で体を支えることができるので、背筋を伸ばしたまま歩けるようになります。

よく耳にする「体幹」とは、頭や腕・脚以外の胴体の筋肉を意味します。これを鍛えると非常に姿勢が安定しますので、背筋を伸ばして歩き続けることができます。

これは、運動を始めて数年してから実感した大きな成果のひとつでした。

一番簡単で、いつでもできる体幹を鍛える方法は、肘を90度にまげて床に付き、肘と足で体を支える「フロントプランク」 正直、結構きついです。



頭から踵まで一直線に作るのがポイント。お腹に力が入っていることを意識します。ヒップが下がったり上がったりしちゃNGです。

ジムに通い始めたころは、15秒がやっとでしたが、今は1分ほど続けられるようになりました。最初は無理だと思っても、続けることで体はその努力に必ず応えてくれます。継続は大いなる力!!

何も使わず、体ひとつでできるので、気づいたときに試してみてくださいね。続ければいつの日か、必ず美しい姿勢で歩くことができるようになります。