アラフィフダイエット方法

10キロ太った!股関節も痛い!痩せたいけど食べたい!でも忙しい!さてどうする?


ごきげんよう、みかねーです。

15年以上の付き合いがある友人が久しぶりに遊びに来ました。元々グラマーなヤツだったのですが、自分のベスト体重から10キロも太ったんですって。

なんとなく丸くなったような気はしていたけど、まさか10キロも太っていたとは知らなかった。

少し前、久しぶりに会った知人も12キロ太ったと言ってましたし、二桁増量はさぞかし体が重くなって、日常生活も変わってきているのでは?と思いました。

ま、二人とも大らかなので、それほど悩んでいる様子もありませんでしたけどね。

15年来の友人の方は、年齢的にも更年期真っただ中。動きが少ない日々の生活で太ったことにより股関節や腰が痛くなっていることから、これはもう痩せなくちゃいけない!と感じているようでした。

ただ、彼女は非常に忙しい。そして「食べることを我慢したくない」という欲望も持っている。

さて、どうする?


10キロ太った!股関節が痛い!

太ったことと、股関節の痛みには密接な関係があります。股関節は、上半身と下半身をつなぐ身体の中心にある最も大きな関節です。

骨や関節は大きくならないけど、上半身に脂肪が付いて重くなれば、股関節にかかる負担が大きくなります。

更に、股関節が硬いと腰痛や膝痛を引き起こしたりもします。

太って股関節が痛くなったらどうする?

身体はひとつの所に痛みがあったとしても、そこに原因が集中しているわけではなく、他のパーツに影響を与えていたり、思わぬところのトラブルが違う個所の痛みを引き起こしている場合もあります。

痛いとかばう ⇒ 身体のバランスが崩れる

痛いとかばう ⇒ 他の箇所の痛みを引き出してしまう

痛いと動かしたくなくなる ⇒ 更に硬くなる

こうした図式が出来上がってしまいます。

では、太って股関節に痛みが生じている場合、どうしたらいいか?そりゃあ痩せるのがイチバンですけどね。ただ、股関節自体に故障があるといけないので、まずは整形外科です。

そこで重篤な故障がない場合、医者から動かしてもいいという許可が出た場合は、こりゃもう動かすっきゃないです。

動かしているうちに痛みが消える

例えば、数年全く走らせていない車より、同じ期間で3万キロ走っていても毎日動かしている車の方が、ずっと運転もしやすいし、車自体の性能もきっちり発揮します。

プリンターもずっと使っていないと、インクが詰まってキレイに印刷されなくなりますよね。最初はクリーニングなんぞして、次第にキレイに印刷が仕上がるようになります。

人も同じだと思うんですね。

長い間、必要最小限しか動かしていなかった身体は、関節も筋肉も硬くなって当たり前です。

いきなり激しい運動は、故障するといけないから、まずはウォーキングやストレッチがいいと思います。

10キロ太った友人はウォーキングを始めたそうですが、歩き始めは股関節に違和感があっても、歩いているうちになくなると言っていました。

ウォーキングの効果は侮れない!消費カロリーは?効果が出るのはいつから?先日、同じファイティングジムに通っている従妹と妹と3人で食事をした際、ダイエットに「ウォーキングは侮れない!」という結論に達しましたので、消費カロリーや効果が出るのはいつからか?ということを掘り下げてみたいと思います。...

意外と侮れないのが、ウォーキングの消費カロリー。ちょこちょこ小幅に歩くのではなく、歩幅を広く、股関節がしっかり動くように歩くといいです。

更にキレイに歩く、腰痛を予防する、という意識が芽生えたなら、体幹トレーニングもおススメです。

アラフィフダイエットに必要なのは下半身を鍛える筋トレと体幹トレーニングアラフィフは、体脂肪も体重も減りにくくなってきますし、フォーカスすべきは体重より健康で快適な生活が送れる体を作ること。その上で、美しい姿勢でキレイに歩けるボディを手に入れることが大事。そのために有効なのが、下半身を鍛える筋トレと体幹トレーニング。...

腸腰筋のストレッチ

腸腰筋は、身体の軸となる腰のあたりにあって、体幹を安定させる役割を担っていて、股関節を曲げる時にも使われる筋肉です。

ここが柔らかいと故障が少なくなるし、腰痛や膝の痛みにも関係してきます。

というのは、私はスクワットのようにヒップを落として膝を前に出さずにかがむ場合は、膝に痛みは出ないのに、膝をつま先より前に出してかがむと痛みがあります。

整形外科に行ってレントゲンを撮っても、何も問題はなかったのですが、インストラクターさんに「腸腰筋の硬い人は膝に痛みが出る場合もある」と言われ、腸腰筋ストレッチをすすめられました。

股関節周りが柔軟なのは、ケガの予防にもなるし、ここは是非ストレッチをしておくべき箇所!と激しくおすすめです。

見ながら一緒にできるようになっている、8種類の股関節ストレッチを紹介している動画です。後半はストレッチの強度が上がるので、最初は頭から3種類程度を繰り返すといいかと思います。

時間がなければ、毎晩このストレッチをするだけでも違ってくるはず。

是非、お試しくださいね。

痩せたいけど食べたい!

そうなんです!これは私も同じ!

最近は、ダイエットにカロリー摂取量は関係なく、太る原因は「糖質」にあることがわかってきています。

ダイエット中でもカロリー摂取量を気にしなくてもいい!カロリー制限は必要なしという新常識「あれ?ちょっと太ったかしら?」と思ったら、意識して食べる量を調整し、1日の摂取カロリー量を調整するのはダイエットの常識でしたよね。ところが、今は摂取カロリー量は肥満と関係ないことが、医学的にも証明されています。...

自分の好きな食べ物は、糖質が高いのか?を知る必要があります。もし高いなら摂取回数を減らす、別の好きなモノと置き換える等の工夫をすれば、好きなモノを大幅に制限しなくてもOKです。

私は、ダイエットとは「食事のコントロール」と「運動」がセットだと思っています。

どちらか一方だけでは健康で美しい姿勢のボディは手に入りません。食事も無理をせず続けられる範囲で、コツコツ実行することが大事です。

痩せたいけど忙しい

ここがねぇ、一番大きな問題かな、と感じます。忙しいということは、自分にかける時間が少ないということですものね。

そんな時は、やっぱりウォーキングと階段でしょうか。

50代女性は「プラス10」の運動習慣で筋肉量減少と体脂肪増の予防がマスト人は40歳前後から徐々に筋肉量が減少しますし、女性ホルモンの減少と共に体脂肪が増えていきます。でも、忙しくて時間が取れないし」とか「運動は苦手だし」と思う方には、厚生労働省が推奨している「プラス10」運動習慣がおススメ。...

1日10分でいいから、いつもよりハードに動いてみる、いつもより長く歩く、たくさん階段を使う等、ちょっとした工夫は必要です。

どんなに忙しくても、結局は体が基本です。

スポーツジムに通う時間はなくても、1日10分意識してみたら、1週間で70分、1か月で300分=5時間ですから!

少し体を動かすだけで、肩こり、腰痛、猫背、むくみ、足がつる、こんなことが改善するかもしれません。

運動不足で起こることは?40・50代は運動不足解消がマストな理由と簡単解消法ごきげんよう、みかねーです。 ダイエットを目的としていなくても、40代・50代にとって、運動不足はこれからの人生の質の問題にもなっ...

為せば成る!まずは意識改革でしょうかしらね。

少し時間があるようでしたら、リハビリテーションのために考案されたエクササイズ「ピラティス」がおすすめです。

激しい動きではないけど、ゆっくりと体を動かしつつコアにアプローチします。やっていることは同じでも、インストラクターさんによってかなり強度が違いますので、自分にあった強度を見つけることが大事です。

ホットピラティスとは?体験してわかったヨガとの違いや効果の感想を口コミ|おすすめスタジオはここなかなか予約が取れなかったのですが、やっとホットピラティスに参加してきました。大量の発汗が爽快でした。ホットピラティスとは?ヨガとの大きな違いは?に加え、ホットピラティスで得られる効果等、体験してきた感想を口コミしたいと思います。...

頑張りましょう!

それではまた。ちゃおっ